本文へスキップ

ティームティーチングで子どもの成長を見守ります。千葉県立野田特別支援学校

電話でのお問い合わせはTEL.04-7122-7270

〒278-0003 千葉県野田市鶴奉147−1

・学校教育目標  ・経営方針  ・経営の重点目標  ・本校の道徳教育 
・本校のキャリア教育  ・校長室  ・主な年間行事  ・校歌

1.学校教育目標
『元気に 仲良く 自分から』
   ~自己有用感を体験的に積み重ねて、高める~

2.めざす子ども像教育方針イメージ
①明るく元気な子(健やかな体)
②みんなと仲良くする子(豊かな心)
③進んで学び働く子(確かな学力)


3.学校経営方針

目標イメージ

 『チームのだとく』
 常に学校教育目標を意識し、児童生徒、全職員、保護者、地域の方々の創意工夫と協働により、誇りのもてるあいさつあふれる学校作りに一致団結し努める。

 

4.経営の重点目標

目標イメージ


①学校安全全体について点検し、危機管理マニュアルを見直
 し教職員の共通理解を図る。
②災害・事故についての避難訓練・シュミレーション訓練を
 計画的に実施し、災害・事故に対しての対応を保護者・児
 童生徒・教職員で共通理解を図り、備えを充分に行う。
③一人一人の児童生徒に関する教職員の共通理解を図り、医
 師・看護師・家庭との連携を強め医療的ケアを適切に実施
 するとともに、全ての児童生徒が健康で安全に学習できる
 ように努める。
④食育を大切にするとともに、歯科医師等と連携し、摂食に
 関する研修を充実させ専門性を高める。
⑤個別の教育支援計画などを活用し、入学から卒業後の生活
 がスムーズに行える指導を行うとともに、障害の特性や
 個々の適性に応じた教育の充実を図る。
⑥授業研究、研修会を充実させ、教職員の指導力や授業力向上を図る。
⑦道徳性や道徳的実践力を高めるために、言語活動、読書活動、体験活動及び社会参加活動等に積極的に取り
 組む。
⑧児童生徒の悩みや心の揺れに対する全校的な相談体制を整え、適切な指導支援を行う。いじめについては未
 然防止に努め、適切な対応をする。
⑨教職員の人権意識を高め、児童生徒に対して「○○くん、○○さん」と呼ぶとともに、児童生徒や保護者に
 寄り添い丁寧な指導支援を行う。
⑩信頼される学校づくりを推進するため、教職員の不祥事を起こさない風通しの良い職場づくりを行う。モ
 ラールアップ委員会を活用した職員の研修会の充実や、通知文の周知徹底等を行い教職員の意識向上を図る。
⑪保護者との連携を深め、家庭と学校の協働による教育活動を推進するとともに、地域社会とも連携を図り、そ の教育力をいかす。
⑫特別支援教育のセンター的機能の充実を図るため、職員研修を充実させ専門性を高める。
⑬学校事故を防止するために、教育活動に集中できるように時間外勤務を軽減するように努める。

 

本校の道徳教育の取り組みについて 

目標イメージ

本校の道徳教育の取り組みについては、下記全体計画をご覧ください。

 
全体計画(PDF)



 

本校のキャリア教育の取り組みについて 

目標イメージ

 本校ではキャリア教育をすすめていくため、管理
職や各部主事、進路指導部から構成される「キャリ
ア教育推進委員会」を立ち上げ、全体計画の作成や
取り組む内容の検討などを行い、職員会議等で提案や周知徹底を図っています。全体計画についても、一度作成したらそれで完成ではなく、随時職員からの意見や要望を聞き、推進委員会で検討しながら改訂していくようにし、全体計画が形骸化せず、常に児童生徒の実態に即し、職員も取り組みやすいものになるよう心がけています。

 キャリア教育全体計画について

 ライフステージや発達段階に応じた課題や役割を果たそうとする意欲や力を身に
つけ、社会参加と自立、豊かな生活の実現を図ることを全体の目標としてい
ます。この全体目標達成のため、小学部から高等部まで系統的・発展的な目標を設定し取り組んでいます。

 まず小学部では、基本的生活習慣を身につけ、集団における活動をとおして人間
関係をより広げ、様々な体験的活動に自主的に取り組もうとする意欲や態度を養っていくことを目標に取り組んでいます。
 次に中学部では、様々な体験をとおして達成感を味わうことで、自己肯定感を身
につけ、職業に対する興味・関心を広げることを目標に取り組んでいます。

 そして高等部では、体験的な活動をとおして、卒業後の職業生活等に必要な知識
や技能及び態度を身につけ、より良い進路選択を行うことを目標に取り組んでいま
す。

 各学部の目標のもとに、さらに細かく具体的な取り組み内容を掲げ、
日々の教育活動で実践しています。

キャリア教育全体計画についてはこちらをご覧ください(PDF)


  

校長室

あいさつ

校長 飯森 功一

 平成28年4月1日に校長として着任して2年があっという間に過ぎ、今年度3年目になります。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は千葉県北西部の中でも、北端に位置しています。千葉県のマスコットシンボル“チーバくん”は房総半島を象ったものです。上を向いて歩くチーバくんの黒い鼻の部分は野田市に当たります。
 野田市は、東は利根川、西は江戸川、南は利根運河の三つの河川に挟まれた街です。また、醤油の街としても世界的にもその名を知られています。宿場や城、産業の振興・発展を物語る建造物等もあり、水運要衝の地でもありました。本市を『水と醤油と歴史の街』と称する人もいます。利根川の対岸は茨城県、江戸川の対岸は埼玉県です。野田市は千葉県と隣接する2つの県との関係も深いです。
 本校は平成元年4月に開校しました。昭和の間、野田市在住の児童生徒は知的障害のある子どもは柏養護学校に、肢体不自由のある子どもは松戸養護学校に通っていました。開校当初より、現在の複数の障害に対応した特別支援学校のような性格を有していました。開校当初は在籍者67名、17学級でしたが、開校30年目の今年度在籍者、学級数ともに当時の約2倍以上となっています。児童生徒の増加に伴い、平成25年度10教室の新教室が完成し使用を開始しました。本年度は開校30年目にあたり、30周年の記念式典を6月1日(金)に予定しています。児童生徒、教職員、保護者だけでなく、本校に関係の深い方々にもおいでいただきたいと思っています。
 今年度も、児童生徒一人一人が個性を生かし、人権を尊重していく学校を目指して参ります。教職員全員で「すべては子どもたちのために」を合言葉に将来の自立や社会参加のために指導・支援をしていきます。皆様の御意見、御感想をたくさんお待ちしています。今後とも、御指導御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


    

主な年間行事

 

行事 行事
4月 ・1学期始業式
・入学式
・給食開始
・家庭訪問週間
・新入生歓迎会
・歯科検診
10月 ・小5校外宿泊
・小6修学旅行
・中1校外学習
・中2校外学習
・中3修学旅行
5月 ・避難訓練 (火災)
・内科検診
・胸部X線検査
・障害者スポーツ大会
・運動会
11月 ・のだとくフェスタ
・心電図検診
・PTAバザー
6月 ・救急法講習会
・高等部農耕班販売会
・小4校外学習
・小6校外学習
・中3校外学習
・高1校外学習
・中2校外宿泊
・高等部販売会
・学校公開
・授業参観
・開校記念日
・高等部修学旅行
・耳鼻科検診
・30周年記念行事
12月 ・(中)駅伝大会
・(高)駅伝大会
・愛のメリークリスマス会
・給食終了
・2学期終業式
7月 ・中学部校内販売会
      (校内)
・高2校外宿泊
・プール開き
・高等部販売会
 (イオンNOA店)
・小5校外学習
・給食終了
・1学期終業式
・「小中高」登校日
・同窓会

・オープンスクール
1月 ・3学期始業式
・給食開始
・土曜参観日
・同窓会
・中1校外学習
・中2校外学習
・高2校外学習
8月
2月 ・中高販売会(市役所)
・高等部入学選考
・小中一日入学
・避難訓練
・中1校外学習
・高2校外学習
・高3校外学習
9月 ・2学期始業式
・引き渡し訓練
・小2校外学習
・高2校外宿泊
・中学部スポーツ大会
・給食開始
・高等部スポーツ大会
・避難訓練 (地震)
・小1校外学習
・小3校外学習
3月 ・卒業生を送る会
     (小・中・高)
・卒業証書授与式
・給食終了
・修了式

     


校歌      作詞 渡野辺マント 猪野陽子  作曲 渡野辺マント



あふれる 光につつまれて 校庭は陽だまりのなか
さくらまう春も 夏の日もどこらか歌がきこえる
笑いながら 歩いてゆこう 何だか力が わいてくるよ
心のまま みんなで歌おう  きみの好きな 歌を歌おう

大空に種を まいたなら  小さな木が のびてゆくよ
いつかは おおきな森になり  小鳥たちも うたつているよ
雲の涙がふてきたら  みんなで大きな傘をさそう
心のまま みんなで歌おう  きみの好きな 歌を歌おう

新しいあさがはじまるよ  胸いつぱい空気をすって
もみじまう秋も 雪の日も いっしょに 走ってゆこう
手を伸ばして虹をつかもう  なんだかワクワクしてくるよ
心のまま みんなで歌おう  きみの好きな 歌を歌おう  

ランランららら



information

千葉県立野田特別支援学校

〒278-0003
千葉県野田市鶴奉147−1
TEL.04-7122-7270
FAX.04-7123-8474

ご意見お問い合わせ

こちらから

kyomu.noda-sh@chiba-c.ed.jp

アクセスカウンター

あなたはリニューアル後


人目の来場者です