千葉県立東総工業高等学校

学校案内

校長挨拶

本校は、昭和38年(1963年)千葉県東総地域に唯一の工業高校として創立され地域と共に歩んで、平成25年度に創立50周年を迎えました。
その間の卒業生は、12500名を超えています。その多くが地域を支えるマイスターとして活躍しています。
周辺の企業や団体とも協力して、地域行事等にも参加しています。
『ものづくりは、人づくり、国づくり』~東総工業で夢を実現させよう~を合い言葉に教職員が一体となって、生徒と共に学習に実習に励んでいます。
今、ものづくり日本の基盤が揺らいでいるときだからこそ、「ものをつくる」ことを通しての自己実現を図ってみてください。就職についても多くの企業が本校卒業生を求めています。進学に対応する基礎学力の獲得についても熱心な指導がなされています。
現在女子生徒はそれほど多くいませんが、情報技術や建築など女子力が期待されている部門も出てきています。「我こそはという女子」是非本校でチャレンジしてください。
受検生の方は、本校で何がなされているのかと気になってHPを訪ねられたと思います。
工業高校は、ものを作る課程の学習が中心です。情報技術科でも初歩のパソコンを組み立てながら制御を学ぶというように、常にものを作りながらの学習です。
また、就職する生徒が多いことから、「あいさつ」、礼儀作法などチームとして仕事をする上で欠かせない社会性の習得にも力を入れています。先輩たちはきちんとした社会人として卒業していきます。
部活動も盛んに行われています。野球・バレー・柔道等多くの運動部があり、活躍しています。活躍の報告は校長通信でお知らせしたいと思います。
文化部もいろいろとあります。HPの中で訪ねてください。
文化祭にも是非お出かけください。
このホームページで本校のいろいろなことを知ってください。

学校長 阿部 真之

学校概要

  • 校訓
  • 「誇り」「技術」「使命」

  • 教育理念
  • 『ものづくりは,人づくり,国づくり』~東総工業で夢を実現させよう~
    自己の将来に向けての道が発見でき、実現に向かっていく学校づくりを推進する。

  • 教育目標
  • 「国内外の工業界で活躍する人材を育成する」

    「日本一の工業技術育成校を目指す」

  • (1)社会に出たときに必要とされる、基礎・基本を確実に身に付ける。
  • (2)身に付けた知識・技能を、創造的、実践的に応用できる技術者・技能者を育成する。
  • (3)高い教養を身に付け、心身共に壮健な人物を育成する。

ようこそ東総工業高校のHPへ!本校の概要を説明します!


校訓・教育理念・教育目標を目標に、「ものづくり教育」を機軸として教職員一丸となって学習指導、進路指導、生徒指導、部活動指導などの教育活動に日々取り組んでいます。
本校は、昭和38年(1963年)千葉県東総地域に唯一の工業高校として創立し、平成25年度に創立50周年を迎えました。電子機械科、電気科、情報技術科、建設科の工業4学科を有し、卒業生は高い志を持って、県内はじめ全国さらに世界を舞台にして、さまざまな分野で活躍しています。
部活動は、運動系12、文化系10の各部が放課後や土曜日曜も熱心に活動しています。 運動系では野球、バレーボール、柔道をはじめとして、多くの部が県大会に出場しています。
文化系では工業高校の特色を生かした活動として平成26年度「高校生ロボット相撲全国大会」で全国入賞をしました。平成20年度には「経済産業大臣賞」を受賞しています。
工業系の各種の資格取得・技能検定・各種コンクールなどで、生徒一人一人がその能力を発揮して活躍しています。 また、普通教科でも漢字検定、英語検定、TOEICなどにも挑戦しています。
卒業後の進路は、工業の専門分野での学習が生かされ、就職も進学もともに確実です。
昨今の経済不況で、高校生や大学生の就職が厳しい状況下にあっても、本校は安定した求人を確保しています。毎年多くの卒業生が公務員や上場企業をはじめ幅広い業種に就職しています。
進学についても工業の専門性を生かした「指定校推薦制度」や「AO入試」で堅実に大学・短大・専門学校へ進学しています。平成24年度には、「筑波大学(理工学群・工学システム科)」に進学して将来のロボット技術者を目指している優秀な生徒もいます。
特色ある学校づくりの一環として、文部科学省・経済産業省等の研究指定を受け、地域の商工会議所を中心に多くの地元企業や県内外の教育関係者の御協力と御指導をいただいたり、「生徒の企業実習」「教員の企業研修」「企業技術者による実践的指導」「企業と工業高校の情報交換会」等の地域企業と連携した様々な事業を展開しています。
これからも、さまざまな体験活動の場を作りそれを通して、生徒の勤労観・職業観の育成を図り、地域の将来を担う人材である「若き工業技術者」の育成を使命として、学校と地域・保護者が一体となり「地域に根ざした特色ある学校づくり」に努めて参ります。
中学生の皆さん、保護者の皆さん、卒業生の皆さん、そして地域の皆さん、本校への御支援をよろしくお願い申し上げます。

学校評価

平成29年度

学校教育診断結果PDF

平成28年度

学校教育診断結果PDF

平成27年度

学校教育診断結果PDF

平成26年度

学校教育診断結果PDF

学校評価自由記述PDF

平成25年度

学校楽しさ診断(生徒)PDF

学校教育診断(保護者)PDF

学校教育診断(教職員)PDF

平成24年度

学校楽しさ診断(生徒)PDF

学校教育診断(保護者)PDF

学校教育診断(教職員)PDF

スクールガイド

校歌

教育課程

東総工業の教育課程は,『電子機械のM科』,『電気のE科』,『情報技術のI科』,『建設のP科』の全4学科により異なります。
東総工業では,各学科をM/E/I/Pのアルファベットにより学科を識別しています。
シラバスとは,東総工業で学ぶ,授業の大まかな学習計画のことです。
『実習』,『課題研究』や各学科の『専門教科』など普通高校では学べない内容が多数あります。


電子機械科

電気科

情報技術科

建設科

学校案内

本校は、昭和38年(1963年)千葉県東総地域に唯一の工業高校として創立され地域と共に歩んで、平成25年度に創立50周年を迎えました。
その間の卒業生は、12500名を超えています。その多くが地域を支えるマイスターとして活躍しています。
周辺の企業や団体とも協力して、地域行事等にも参加しています。
『ものづくりは、人づくり、国づくり』~東総工業で夢を実現させよう~を合い言葉に教職員が一体となって、生徒と共に学習に実習に励んでいます。
今、ものづくり日本の基盤が揺らいでいるときだからこそ、「ものをつくる」ことを通しての自己実現を図ってみてください。就職についても多くの企業が本校卒業生を求めています。進学に対応する基礎学力の獲得についても熱心な指導がなされています。
現在女子生徒はそれほど多くいませんが、情報技術や建築など女子力が期待されている部門も出てきています。「我こそはという女子」是非本校でチャレンジしてください。
受検生の方は、本校で何がなされているのかと気になってHPを訪ねられたと思います。
工業高校は、ものを作る課程の学習が中心です。情報技術科でも初歩のパソコンを組み立てながら制御を学ぶというように、常にものを作りながらの学習です。
また、就職する生徒が多いことから、「あいさつ」、礼儀作法などチームとして仕事をする上で欠かせない社会性の習得にも力を入れています。先輩たちはきちんとした社会人として卒業していきます。
部活動も盛んに行われています。野球・バレー・柔道等多くの運動部があり、活躍しています。活躍の報告は校長通信でお知らせしたいと思います。
文化部もいろいろとあります。HPの中で訪ねてください。
文化祭にも是非お出かけください。
このホームページで本校のいろいろなことを知ってください。

学校長 阿部 真之

  • 校訓
  • 「誇り」「技術」「使命」

  • 教育理念
  • 『ものづくりは,人づくり,国づくり』~東総工業で夢を実現させよう~
    自己の将来に向けての道が発見でき、実現に向かっていく学校づくりを推進する。

  • 教育目標
  • 「国内外の工業界で活躍する人材を育成する」

    「日本一の工業技術育成校を目指す」

  • (1)社会に出たときに必要とされる、基礎・基本を確実に身に付ける。
  • (2)身に付けた知識・技能を、創造的、実践的に応用できる技術者・技能者を育成する。
  • (3)高い教養を身に付け、心身共に壮健な人物を育成する。

ようこそ東総工業高校のHPへ!本校の概要を説明します!


校訓・教育理念・教育目標を目標に、「ものづくり教育」を機軸として教職員一丸となって学習指導、進路指導、生徒指導、部活動指導などの教育活動に日々取り組んでいます。
本校は、昭和38年(1963年)千葉県東総地域に唯一の工業高校として創立し、平成25年度に創立50周年を迎えました。電子機械科、電気科、情報技術科、建設科の工業4学科を有し、卒業生は高い志を持って、県内はじめ全国さらに世界を舞台にして、さまざまな分野で活躍しています。
部活動は、運動系12、文化系10の各部が放課後や土曜日曜も熱心に活動しています。 運動系では野球、バレーボール、柔道をはじめとして、多くの部が県大会に出場しています。
文化系では工業高校の特色を生かした活動として平成26年度「高校生ロボット相撲全国大会」で全国入賞をしました。平成20年度には「経済産業大臣賞」を受賞しています。
工業系の各種の資格取得・技能検定・各種コンクールなどで、生徒一人一人がその能力を発揮して活躍しています。 また、普通教科でも漢字検定、英語検定、TOEICなどにも挑戦しています。
卒業後の進路は、工業の専門分野での学習が生かされ、就職も進学もともに確実です。
昨今の経済不況で、高校生や大学生の就職が厳しい状況下にあっても、本校は安定した求人を確保しています。毎年多くの卒業生が公務員や上場企業をはじめ幅広い業種に就職しています。
進学についても工業の専門性を生かした「指定校推薦制度」や「AO入試」で堅実に大学・短大・専門学校へ進学しています。平成24年度には、「筑波大学(理工学群・工学システム科)」に進学して将来のロボット技術者を目指している優秀な生徒もいます。
特色ある学校づくりの一環として、文部科学省・経済産業省等の研究指定を受け、地域の商工会議所を中心に多くの地元企業や県内外の教育関係者の御協力と御指導をいただいたり、「生徒の企業実習」「教員の企業研修」「企業技術者による実践的指導」「企業と工業高校の情報交換会」等の地域企業と連携した様々な事業を展開しています。
これからも、さまざまな体験活動の場を作りそれを通して、生徒の勤労観・職業観の育成を図り、地域の将来を担う人材である「若き工業技術者」の育成を使命として、学校と地域・保護者が一体となり「地域に根ざした特色ある学校づくり」に努めて参ります。
中学生の皆さん、保護者の皆さん、卒業生の皆さん、そして地域の皆さん、本校への御支援をよろしくお願い申し上げます。

一、
かがやく 海原
ひろがる 大地
みづみづし、遠く、国は展け、
ゆたかに 海気 かをるところ、
学園あり、われらの誇
東総工業高等学校

ニ、
つらなる 丘陵
ゆるやかに めぐり、
下総平 光あふれ、
はつらつとして みなぎる力
いのち若し、究めむわれら
科学の粋と 技術の栄誉

三、
あらしを しのぎ
根を張る 松の、
必ず遂げむ 不屈の気魄
使命は重し、奮ひ起てば、
ああ青春の 希望ぞ燃ゆる
東総工業高等学校


楽譜はこちら

東総工業の教育課程は,『電子機械のM科』,『電気のE科』,『情報技術のI科』,『建設のP科』の全4学科により異なります。
東総工業では,各学科をM/E/I/Pのアルファベットにより学科を識別しています。
シラバスとは,東総工業で学ぶ,授業の大まかな学習計画のことです。
『実習』,『課題研究』や各学科の『専門教科』など普通高校では学べない内容が多数あります。


電子機械科

電気科

情報技術科

建設科

pagetop