本文へスキップ

全日制・3部制の定時制  千葉県立生浜高等学校

button1button2button3button4button5button6banner7bbutton7

生浜高校保護者様へ  for parents 不登校回復プログラム

不登校回復委員会からのお知らせ 今月の予定

○第4回保護者相談会   12月20日火曜日 13時より 
 第4回保護者相談会、今月は10月20日木曜日、午後1時より行います。管理棟1階の教育相談室にお集まりください。お茶菓子を用意してお待ちしておりますので、どうぞお気軽にご参加ください。

○フリーワークショップ 12月20日火曜日 14時より
 12月のフリーワークショップ、保護者相談会終了後、行われます。前回と同じように軽体操、手芸、絵など、自分の好きな分野をその場でお選びください。午後2時に管理棟1階教育相談室集合です。


ライトルーム便り12月号

○お申し込み
 
1.メールでのお申し込み
@参加される保護者のお名前 Aお子様の組、お名前 B保護者相談会に参加される旨をお書きになり、以下のメールアドレスにお送りください。

 
oihama-h-t1@chiba-c.ed.jp

2.電話でのお申し込み
電話で@参加される保護者のお名前 Aお子様の組、お名前 B保護者相談会に参加される旨をお伝えください。

 
043-266-4591







○第2回保護者相談会報告 7月27日水曜日 13時より 
 第2回保護者相談会に、4名の保護者と生徒1名が参加しました。個人情報に関わる件ですので、記事には出来ないのですが、保護者のみなさんの日々の葛藤や思いを聞くに付け、学校として精一杯取り組んでいく必要性を強く感じました。帰り際に励まし合う保護者のみなさんの姿に、胸が熱くなりました。

○フリーワークショップ 7月27日水曜日 14時より
 午後2時より生徒対象のフリーワークショップが行われました。保護者・担当教員も参加して、小体育館で整体・軽体操。マットを敷いて講師の先生の指示に従い、身体を動かしていきます。奇妙なポーズになり笑いながらも、みっちり1時間身体を揉みほぐしました。終わった後、身体か軽いこと!身体も心もリフレッシュした1時間でした。

背中を優しくなでるだけで身体は柔らかくなります。
フレーワークショップ1

強く押すのではなく、優しくなでるのがこつ。
フレーワークショップ2

小体育館にマットを敷いて横になります。
フレーワークショップ3

講師の先生の指示に従って身体を動かします。
フレーワークショップ4

複雑な動きをするわけではないのですが、難しい。
フレーワークショップ5

アシスタントをしてくれるコーチが、丁寧に教えてくれます。
フレーワークショップ5

腕を回したり、足を回したり、ゆっくりと身体をほぐしていくます。
フレーワークショップ6

やっているうちに気持ちがよくなり、寝そうに。身体ともに心がほぐれました。
フレーワークショップ8


不登校回復委員会からのお知らせ

○第2回保護者相談会 
7月27日水曜日 13時より
 
保護者対象相談会 管理棟2階図書室 

 長年にわたり不登校に悩む生徒の学校復帰を支援されてきた専門の講師の先生に、子供達にどのように接し今後どのように向き合っていったらよいのかをお話しいただきます。同様の問題でお悩みの保護者の方が、ひとりでこの問題を抱えるのではなく、アドバイスを受け取り、体験を皆さんで共有することで、本人やご家族の精神的な負担を少しでも減らすことができたらと考えています。

○お申し込み 
1.メールでのお申し込み
@参加される保護者のお名前 Aお子様の組、お名前 B保護者相談会に参加される旨をお書きになり、以下のメールアドレスにお送りください。

 
oihama-h-t1@chiba-c.ed.jp

2.電話でのお申し込み
電話で@参加される保護者のお名前 Aお子様の組、お名前 B保護者相談会に参加される旨をお伝えください。

 
043-266-4591 



○今月の生徒対象フリーワークショップ
 様々な事情で現在学校を休んでいる生徒対象に、専門の講師の先生方をお招きし、気晴らしとして気軽に参加できる1時間程度の「フリーワークショップ」を行います。開始時間と終了時間は、授業と重ならないように配慮します。来月の予定は、以下の通りです。

7月27日水曜日 14時より
「絵(アニメ)作成」「イラスト」「手芸」「軽スポーツ」
「基礎学習」

管理棟1階教育相談室に集合

 当日、どの講座に参加されてもかまいません。途中変更も可能です。気軽にご参加ください。管理棟1階教育相談室に集合してください。保健室の先にある部屋です。


○お申し込み
 保護者相談会と同様です。
1.メールでのお申し込み
@参加される保護者のお名前 Aお子様の組、お名前 Bフリーワークショップに参加される旨をお書きになり、以下のメールアドレスにお送りください。

 
oihama-h-t1@chiba-c.ed.jp

2.電話でのお申し込み
電話で@参加される保護者のお名前 Aお子様の組、お名前 Bフリーワークショップに参加される旨をお伝えください。

 
043-266-4591 



不登校回復プログラムについて

 生浜高校三部制の定時制では,本年度より,不登校に悩む生徒達の回復をリアルタイムでサポートする総合プログラムを実施しています。比較的症状が軽い生徒・一般生徒対象の「コーピング」,何とか登校している生徒が,心の疲れを感じたときいつでも安心して休める専用休憩室「ライトルーム」,登校が困難な生徒に一歩踏み出すきっかけを提供する「フリーワークショップ」。症状に応じて不登校生徒に心安まる「場」「時間」と「現状から一歩踏み出すきっかけ」を少しでも多く提供し,入学から卒業まで回復をサポートしていきます。その他「保護者相談会」「大学生による超基礎学習会」が定期的に開催されます。プログラムの5つのポイントを紹介します。

1.コーピング

 コーピングとは対処法という意味。ふたつの領域に分かれています。ひとつ目は,人間関係やコミュニケーションを円滑に行うための具体的な対処方法,リレーション。リレーションではその場に応じて相手に優しく伝わる話し方や心の負担が減る物事のとらえ方等を実践形式で体験し学んでいきます。もうひとつは,学習を無理なく行うためのわかりやすい処方箋,メソッド。頭に残る勉強の仕方や分かりやすいノートの取り方など,勉強をやり直そうと考える際に役に立つ情報・活動がいっぱいです。入学後学校生活にまだ不安を抱えている1年次初めから実施され,全ての入学生に対して今後の学校生活を円滑に進めることができるようサポートします。

2.ライトルーム

 中学の時不登校だった生徒が再スタートするつもりで入学し,4月5月は頑張って登校するものの,ある時糸が切れたように休み始めてしまうケースがあります。そういった生徒が,心の疲れを感じたとき,気軽に休憩できる居場所が「ライトルーム」です。保健室は通常体調不良を訴える生徒たちが随時出入りしており,教育相談室も原則予約制で,いつでも自由に休める状態とは限りません。このようなとき,是非専用休憩室「ライトルーム」を訪ねてください。管理棟にある静かな部屋で,ゆっくり心の疲れを回復させることができます。

3.フリーワークショップ

 登校が困難な生徒対象に,定期的に午後2時より,1時間程度の「フリーワークショップ」を行います。ご家庭に月ごとにワークショップメニューが送付され,担当・活動内容が紹介されます。自分の興味や状況に照らし合わせて「この内容だったらやれるかも」と思うものがあれば,自由に参加できます。具体的な内容は「風鈴作り」「絵(アニメ)作成」「手芸」「軽スポーツ」「音楽」「学習」等。その分野の専門の講師の方が優しく教えてくれます。参加料無料,登録料無料,ワークショップが開講されているときはいつでもどの講座にも気軽に参加できます。

4.保護者相談会

 長年にわたり不登校に悩む生徒の学校復帰を支援されてきた専門の講師の先生に,子供達にどのように接し今後どのように向き合っていったらよいのかをお話しいただきます。同様の問題でお悩みの保護者の方が,ひとりでこの問題を抱えるのではなく,アドバイスを受け取り,体験を皆さんで共有することで,本人やご家族の精神的な負担を少しでも減らすことができたらと考えています。

5.学生ボランティアによる超基礎学習会

 淑徳大学で教職を志望している学生や福祉を学んでいる学生で構成されているボランティア団体「しゅくとも」の学生に,学生ボランティアとして来校してもらい,交流を図るとともに,参加自由な学習会という形で,小学校・中学初期の内容からスモールステップ・マンツーマンで勉強を教えてもらいます。こういった交流会を月に1回程度実施します。



保護者のページ