本文へスキップ

全日制・3部制の定時制  千葉県立生浜高等学校

button1button2button3button4button5button6button7button8

学校生活  生浜NOWoihama now

 3月25日(月)生徒が作った健康情報コーナー

生徒が作った健康情報コーナー 保健室脇の廊下にある掲示用スペース。先日卒業した全日制女子生徒が、保健室の先生と一緒に新しく届いたポスターを貼ったり、模造紙等を用いて様々な掲示物を制作し、健康に関する大切な情報を私達に届けてくれました。保健の時間、この掲示物を見ながら授業が行われたことも。立ち止まって読んでいる人も多かったです。長い間ありがとうございました。次の掲示物、また見たいです。

 3月22日(金)終業式と卒業式

終業式と後期終業式 本校では卒業式が3回あります。3月8日に行われた通常の卒業式。10月に行われる秋季卒業式,そして本日行われた、3月に単位を修得完了した生徒のための卒業式。食堂で行われる、こじんまりしているけれど、ひときわ心のこもった卒業式なのです。普段慣れしたしんだ食堂だから喜びもひとしおのはず。胸を張って、勇気を持って、未来に向かって歩んでいって欲しいと思います。

 3月20日(水)保健室前の花壇に咲く花

保健室前で咲く花 3月も下旬にさしかかり、日に日に春らしさが増してくるのを感じます。今日は大掃除とLHR。今年度の掃除も今日が最後となります。通常の掃き掃除、ぞうきんがけに加え、普段手の届かない場所の念入りな清掃が行われました。写真は保健室前の花壇で咲く白い花。残念ながら花の知識がなんと呼ばれる花なのか分からないのですが、品良く、慎ましく咲く花に見とれてしまいました。

 3月19日(火)個人写真撮影

個人写真撮影 今日は、生徒個人写真の日。生徒棟1階、生徒応対室に機材が運び込まれ、写真室に早変わり。クラスごとに整列し、服装・頭髪・身だしなみを整え写真撮影に臨みました。今日撮影した写真は、来年度の「顔」となります。毎年一枚ずつ撮影しているので気づきにくいのですが、それぞれの写真を見比べてみると、1年間の成長の大きさに改めて気づかずにはいられません。

 3月18日(月)入学許可候補者説明会

入学許可候補者説明会 本日、入学許可候補者説明会が行われました。10時30分より制服の採寸・注文、体操服申込、事務書類受付開始、13時より各係からの話。生徒指導、教育相談、保健室、事務室より手続き等の具体的な説明がありました。2時半より全日制と定時制に分かれての説明会。それぞれの課程で履修登録の注意点等の確認が行われました。参加された皆さん、長時間本当にお疲れ様でした。

 3月15日(金)卒業生が就職の報告に

卒業生 4年前の卒業生が就職が来たったという報告に。中学時不登校を経験するも、本校午後部に入り、柔軟な授業設定とよき友に恵まれ成績が向上、3年次に公募推薦で立正大学社会学部に合格、この春就職が内定。大学在学中はラップについての研究に没頭、ワーグナーとラップについての研究などを行っています。まぶしいくらい充実した大学生活。可能性を自分でつかみ取ったのだと思います。
 

 3月14日(木)淑徳大学生と教授がライトルームに来てくれました

淑徳大学生と教授 昨日午後ライトルームに本校卒業生で淑徳大学に籍を置く女子学生とコミィニティー政策学部の矢尾板先生がお見えになり、両校ののコラボ企画について話し合いました。本校卒業生は空き時間を利用してライトルームの様々な取り組みのサポートをしてくれることに。卒業生のサポートは本当に有り難いです。矢尾板先生のアイディアの豊富さと行動力には、いつものことながら脱帽です!
 

 3月13日(水)スギ花粉調査

スギ花粉 画面に映っているものが何なのか、本当は言わない方がいいのかもしれません。聞くだけで目がかゆくなったり鼻水が出る恐れが。しかしこの調査に費やされた努力に敬意を払い公言します。スギ花粉です。先日の雨の日に蓄えられた花粉が晴れとともに一気に放出。調査によると1.8mm×1.8mmの中に1日で張り付いたスギ花粉の数、およそ1000個。目がかゆくないわけがない!
 

 3月12日(火)真の夜間部 2019

真の夜間部19 真の夜間部を紹介します。「現在、生浜高校定時制夜間部の国語科の授業「国語総合」(担当:伊藤)の中で、生徒たちが夜間部の様子を写真や動画で撮影したものに、思いおもいの言葉を添えて作品にするという表現活動を行なっております。授業では、プロのカメラマンや大学の研究者等にご指導いただきながら、スマートフォンを用いて・・」詳細はこちらをクリックしてください。
 

 3月11日(月)ほけんだより3月号

ほけんだより3月号 ほけんだより3月号は、4月から新たな環境で生活していくことになる卒業生に向けてのメッセージ。心の健康を保つには生活習慣(食事・睡眠・休養・運動)を自分で整える。腸の環境を整える納豆やヨーグルト、善玉菌のエサになる食物繊維をとる。体を動かすと心が元気になる。脳を守り修復する睡眠をを十分にとる。すいません、殆どできていませんでした。今日から始めてみます!

 3月8日(金)第39回卒業証書授与式

卒業式 卒業年次の生徒にとって生浜最後の1日。第39回卒業証書授与式が挙行されました。全日制と定時制が一体となった卒業式。楽しい思い出のみならず、乗り越えるべき困難と向き合い続けた日々だったと思います。その想いが、呼名の返事や歌声に込められました。厳かな雰囲気の中、気持ちのこもった声が響く素晴らしい卒業式でした。卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

 3月7日(木)卒業式予行

卒業式予行 本日午前10時20分から、体育館で卒業式の予行が行われました。冷たい雨が降る非常に寒い1日となりましたが、礼の仕方からから呼名の練習まで、細かい部分まで確認が行われました。予行に先立って、校歌、式歌を練習しました。本校の校歌は歌詞もメロディーも素晴らしいです。本番も心を込めて大きな声で歌おうと思います。みんなで校歌と式歌を体育館中に響かせたいです。

 3月6日(水)後期選抜合格発表

後期選抜 本日、入学許可候補者の発表が行われました。昨年入学した1年生は現在学年末考査を受験中。時が過ぎてゆくスピードを肌で感じていることでしょう。明後日明日卒業を迎える生徒たちも、今教室で学んでいる在校生たちもみんな、かつてこの掲示板の前に立ち、喜びに心を震わせたのだと思います。その時に心に誓ったことを忘れずに、何事にも真剣に取り組んでいってほしいと思います。

 3月5日(火)天まで届け、チューリッップ!

チューリップ 連日の入試業務であっという間に1日が過ぎていきます。本日は後期期末考査と同時進行で後期選抜発送作業準備が行われました。慌ただしく過ぎていく日常に追われて気づかなかったのですが、玄関 前の植え込みのチューリップがいつの間にかこんなに大きくなっていました。青々とした芽がまっすぐ空に向かって伸びていく姿は、見ているだけで希望が湧いてきます。春はすぐそこです。

 3月4日(月)卒業式会場設営

卒業式会場設営 本日から学年末考査が始まるのですが
、後期選抜考査データ処理や会議が複雑に組み込まれ、生徒達にとって多分に変則的な考査日程となっていましたが、みんなきちんと受験できたようです。ほっとしました。入試処理と平行して卒業式の準備も進行中。体育館の会場準備もご覧のように終了。後は本番を待つのみとなりました。慌ただしいですが、凝縮した時を過ごしている実感があります。

 3月1日(金)図書館新刊本紹介

図書館新刊本紹介 図書館の新刊本紹介です。齋藤孝の「新しい学力」から手塚マンガでで憲法9条を読む」まで様々な本が到着。中でも「リアルタイム古生物図鑑」がすぐ読めて面白い。古生物が実際にいたらどのくらいの大きさかを実際の写真に合成して見せてくれます。サーフボード脇に、同じ形をして並んでいる巨大ウミサソリなど、わくわく感満載の写真に思わず見入ってしまいました。

 2月28日(木)後期選抜終了

後期選抜終了 後期選抜入試、無事終了です。8時45分受付点呼、9時15分から国語を皮切りに、1教科40分の学力検査が行われました。午後2時25分から面接。受検生のみなさんが、持っている力を出し切れたことをただ祈るばかりです。合格発表は3月6日です。受検生のみなさん、本当にお疲れ様でした。ゆっくりと疲れを癒やしてください。写真は、職員玄関前植え込みのクロッカスです。

 2月27日(水)図書館だより 卒業号

図書館報 図書館だより「卒業」号、恒例の「先生方へのインタビュー」では、先生方の知られざる趣味や思いもよらぬ一面が明らかに!3人の先生方の人となりをさりげなく引き出したいいインタビューだと思います。好きな言葉「置かれた場所で咲きなさい」「努力」「寛容」。登場した本は、「コーヒーが冷めないうちに」「青い鳥」、東野圭吾から重松清まで、読みたくなる本がいっぱいです!

 2月26日(火)オームの法則の実験

オームの法則の実験 今生徒が操作しているのは電流計。定時制物理の授業、今回はオームの法則の実験。オームの法則の理論を学んだ後、生徒達は電流計を用いて様々な電化製品の電流を測定します。法則を学んだ後に具体的に電流を測定することにより、実生活の中で省エネを実践する意義が鮮明な実感として心に刻まれます。生活の中での学んだ法則を肌感覚で体験する。この授業のコンセプトは一貫しています。

 2月25日(月)「商売学」入門

商売学入門 先週火曜日の簿記の時間、淑徳大学コミュニティ政策学部の矢尾板先生をお招きし、授業をしていただきました。テーマは「商売学入門」。矢尾板先生は、本校のビジネス同行会との様々な活動や、大学生ボランティアグループしゅくともの顧問として様々な分野で本校のサポートをしてくれています。サービスとは、「感動を生み出す」こと。商売に対して、新たな興味が湧いてきました。

 2月22日(金)後期選抜出願

後期出願 今日、後期選抜入試の願書受付が行われました。場所は前期と同じ食堂です。生浜高校の食堂は、明るく開放的で多目的に使われます。お昼に食事をしてもよし、様々な行事に使用してもよし。広すぎずかつ狭くもない、ちょうどよい空間を作っています。生浜高校も、生徒のみなさんにとって、無理なく成長していける学びの場を提供できるよう努力していきます。

 2月21日(木)登校指導

登校指導 本日は登校指導の日。澄み切った青空にほうき雲が彩りを添える風景をバックにに、声かけとマナー指導が行われました。同時に何人かの先生方が通学路清掃に赴きました。浜野駅から徒歩約15分。大通りを通ったり、たまには抜け道を通ったり、気分を変えて登校する生徒達。本校は塩田地区のみなさんにお世話になりっぱなしです。何らかの形で、還元できればと考えています。

 2月20日(水)1年次式歌練習

指揮下練習 本日1年次のLHR・総合の時間に、音楽室で、3月8日行われる卒業式に向けての式歌練習が行われました。蛍の光も、本校校歌も、意味を考えながらしっかり歌うと、深い感慨があります。学校生活の中で最も大切な行事である卒業式、それぞれがそれぞれの想いを精一杯歌に込めていく。今年もいい卒業式になると思います。音楽室に大きな声が響き渡りました。

 2月19日(火)合格発表

合格発表 本日午前9時、前期選抜の合格発表が行われました。受検生、保護者の方々をはじめ、多くのみなさんが学校を訪れました。毎年のことですが、合格発表の風景については、一言では語れないものがあります。「あれからもう1年経つんですね」。昨年度のこの日、この場にいたはずの本校1年生がしみじみそう語っていました。時間はあっという間に過ぎます。日々を大切に過ごしたいですね。

 2月18日(月)生徒会通信第1,2号

生徒会通信 本日発行の生徒会通信第1号は新役員の自己紹介。第2号は30年度しほた祭アンケート結果。しほた際について多くの意見が寄せられており、ここで集まった生徒からのアイディアをうまく取り入れて企画を組み立てれば、文化祭の充実度が増すこと間違いなし。 全日制、午前部、午後部、夜間部がそれぞれの特徴を活かしながら、美しいハーモニーを奏でることが出来たらと思います。

 2月15日(金)夜間部調理実習

夜間部調理実習 午後6時を過ぎた管理棟1階に得も言われぬごま油の香ばしい香りが漂い始め、この香りに導かれるように調理室へと向かいました。夜間部9,10限のフードデザインの授業で生徒が挑むのは麻婆豆腐と卵スープ。木綿豆腐、豚挽き肉、長ネギ、ニンニク、生姜、ごま油、決め手は豆板醤と甜麺醤。この食材の組み合わせが醸し出す究極の香りのハーモニーは、純粋に人を幸せにします。

 2月14日(木)アートギャラリー紹介

アートギャラリー紹介 前期選抜入試が終わり、久しぶりの登校日。休みが多いと嬉しいかもしれませんが、休みばかりだと休みの有り難さを見失います。たまに休みがあるくらいがいいのかもしれません。写真は2階通路のアートギャラリーに展示された自家製カレンダー。生徒が選んできた言葉がまたいい。「ありがとうと言える素晴らしさ」。ありがとうと言える心の状態って、とても瑞々しいのだと思います。

 2月13日(水)前期選抜入試第2日目

前期選抜入試 前期選抜入試第2日目、終了しました。今日は自己表現検査と面接検査。自己表現は実技・文章表現からひとつ選びます。面接は個人面接の形で行われました。朝降っていた雨も徐々に上がり、午後には日が差すまでに。たとえ日が陰っていたとしても、雲の上にはお日様がいつもいます。2日間本当にお疲れ様でした。家に帰ったらゆっくりと心と体を休めてください。

 2月12日(火)前期選抜入試第一日目

前期選抜入試 前期選抜入試第1日目、無事終了しました。8時45分から受け付け点呼、午前中、国語、数学、英語の試験。国語と英語では音声によるリスニングテストも行われました。昼食を挟んで理科、社会の試験、受検生は立ちはだかる壁に立ち向かいました。お疲れ様でした。写真は検査終了後の中庭の様子。大雪でなくてよかったですね。後もうひと頑張りです。健闘を祈ります。

 2月8日(金)ほけんだより2月号

ほけんだより インフルエンザの猛威が収まらぬうちに、花粉の季節がすぐそこに。今月のほけんだよりは花粉症対策について。2019年スギ花粉前線によると千葉県は2月15日〜20日頃に飛散が始まるようです。インフルエンザも花粉も、ほけんだよりに書いてあることをよく読んできちんと対策を行えば、回避することが出来るはず。花粉に季節に向け、健康への意識を高めていこうと思います。

 2月7日(木)生徒から送られてきた写真

生徒から送られてきた写真 授業と同時進行での前期選抜入試の準備が行われています。神経を使う作業が連続するこの時期だからこそ、心の潤いが必要です。こういう時、時間を見つけて古き良き映画を見ようと思います。写真は生徒から送られてきた塩田川の夕景。様々な表情を見せる塩田川ですが、水面に映る夕暮れの空と雲を、これほど美しく捉えた写真はそうはないと思います。地域の美しい写真、募集中です。

 2月6日(水)介護について学ぶ

介護について学ぶ 本日外部から講師の先生をお招きし、介護についての学習会が行われました。前半は高齢化社会が進む日本の現状と最新の取り組みについての解説。介護の仕事がなぜ必要なのかよくわかりました。後半は実際に特別養護老人ホームに勤務されている方より、介護の仕事との実際をお話をいただきました。おふたりにお話を聞いて,介護の仕事に興味を持った生徒は確実に増えたと思います。

 2月5日(火)節分孵化ヒヨコ

節分孵化ひよこ この写真のヒヨコ、、前回紹介した元旦スタート殻なし孵化ヒヨコに似ていますが、別人です。2月3日の日曜日朝に生まれた、節分ヒヨコなのです。幸運にもこの日、このヒヨコの誕生に立ち会うことが出来ました。なんとも愛おしい鳴き声をあげながら生きものが誕生する瞬間が、これほどまでに感動的だとは思いませんでした。しかもこの日、3羽生まれたのです。心が震えました。

 2月4日(月)前2階西側通路 書道展

書道展 2階西側連絡通路の芸術ギャラリー、今回はカラフルなお皿に様々なことわざが書き込まれています。「夢をまだ歩いてく」そう、何歳になっても夢を追って生きていきたいですね。「猫の手も借りたい」そう、今この瞬間も、猫の手も借りたい。入試、大変なんだ。手伝ってもらわなくても、横にいてくれるだけでいいかも。そんなことを考えている、リラックスした自分に気づきました。

 2月1日(金)前期選抜入試出願

前期選抜入試出願 うっすらと雪景色が残る中、前期入試の願書受付が行われました。中学生のみなさんにとって、今回初めての大きなチャレンジになるのだと思います。困難に立ち向かっていくときの気持ちって、とても大切だと思います。「挑戦しなけりゃ、負けもなければ勝ちもない。何ひとつ成長せずに、ただ生き延びたって、そんなのは、意味がない。」陸王の宮澤社長の言葉です。

 1月31日(木)卒業年次集会

卒業年次集会 今日は3月8日卒業予定の生徒達にとって、節目となる日。卒業年次考査が無事終了し、残りは3月7日の予行、8日の卒業式を待つのみに。卒業後は、自分の生き方が試されます。この節目において、これまでの自分の生き方と向き合ってみる。「おれは真実へと歩いているかい?」尾崎豊はシェリーという曲でそう自問自答します。写真は夜間部の卒業年次集会の風景です。

 1月30日(水)インフルエンザを防げ!

インフルエンザ警報 インフルエンザが全国的に猛威を振るっています。国立感染症研究所の発表によると、一医療機関あたりの1週間の患者数が10人を超えると注意報、30人を超えると警報となりますが、千葉県は1月23日の調査で64.3人で全国8位。危ないです。どうしたらいいのか。ほけんだより1月号に書いてあります。うがい、手洗い、水分補給です。まめに水分を取って、粘膜を潤しましょう。

 1月29日(火)早朝の2階東側通路

2階東側通路 身を切るような冷たい北風が吹き抜ける一日となりました。現在全日・定時両方で卒業年次考査が行われています。卒業まであとわずか。この寒さで体調を崩さぬよう祈るばかりです。寒波の訪れで実感しづらいのですが、日が確実に延びています。冷え切った大地を太陽が再び暖め直し始めました。早朝の東側連絡通路に差し込む光に、どことなく力強さを感じます。冬来たりなば春遠からじ。

 1月28日(月)全日制地学基礎最後の授業

全日制物理最後の授業 全日制地学基礎最後の授業の様子をお伝えします。これまでの授業を振り返った後、卒業していく3年生へメッセージ。大手電機企業に就職した際、やりたかった部門ではない半導体という当時まだ未知の分野への配属に心底落胆したのだけれど、後にこれが世界をリードする研究につながっていく。自分の思い通りにならない方が、結果的にいいことがある。むしろ多い。覚えておきたいです。

 1月25日(金)サッカー部試合結果

サッカー部試合結果 サッカー部新人戦県大会が、先週土曜日本校グラウンドで行われました。以下は顧問のメッセージ。「登録メンバー1 1 名中、2 名欠場のアクシデント! それでも、防戦一方とはならなかった展開に、悔しさと手応えが交叉します。全ての経験を糧に、新生「雑草軍団」は踏まれて蹴られて強くなる!」。大丈夫。この経験を糧にして、彼らはひとまわり大きく成長していくのでしょう。


 1月24日(木)殻なし卵孵化ヒヨコ、ライトルームを走り回る

殻なし卵孵化 さて質問です。この写真はライトルームの人形達ですが、ひとつだけ本物がいます。どれか本物かわかりますか?答え:右上のヒヨコ。しかも先日お伝えした元旦スタート満月大潮スーパームーンヒヨコ、わずか数日でこんな勢いで動き回っています。羽を広げ、ブタの人形を踏んづけて進んでいます。この子、里親が見つかったそうです。なんだか保護者になった気分。いつまでも元気で!

 1月23日(水)定時制1年次進路説明会

進路講演会 本日、1年次進路説明会が行われました。前半は進学と就職に分かれての説明会。具体的でわかりやすい説明に子ども達の表情は真剣そのもの。確かに卒業直前に成績や欠席数を整えようとしても間に合いません。今から卒業後の自分の姿をしっかり見据える必要があります。説明を聞いた後に、モチベーションに火がついて、「よ〜し頑張ろう!」と歩いて行くS君の後ろ姿が逞しかった!

 1月22日(火)殻なし卵孵化ひよこ

元旦ひよこ さて質問です。写真は昨日生まれた殻なし卵孵化ヒヨコなのですが、このヒヨコには特別な存在意義があります。どのような点で特別なのでしょう?ヒント:誕生日が昨日。答え:このヒヨコは元旦の早朝から保温が始まり、その3週間後に生まれた、平成最後の元旦スタートヒヨコなのです。しかも満月大潮スーパームーンの昨日生まれた、元旦満月大潮スーパームーンヒヨコなのです!

 1月21日(月)簿記の専門学校の講師による検定用特別講義

簿記検定補講 1月27日(日)に実施される全商簿記実務検定試験の検定取得を目指して、簿記の専門学校の講師による特別授業を行っています。写真は18日に行われた特別講義の様子。生徒たちは合格に向けて真剣な眼差しで授業に臨んでいました。昨日は全商情報処理検定が行われ、19人が受験。4月より継続して積み上げてきた努力が報われ、1人でも多くの検定取得者がでることを望んでいます。

 1月18日(金)登校指導  

登校指導 今日は全校登校指導の日。冷たい風が吹き抜ける大変寒い朝となりました。職員が昇降口前に立ち、生徒への声かけを中心に登校マナーや身だしなみの確認を行いました。昇降口前の登校指導と同時に、職員の何人かがゴミ袋とゴミばさみを脇に抱え、周辺地域の清掃を実施、周辺地域を丹念に回りました。地域の一員として、様々な形で地域に貢献できたらと考えています。

 1月17日(木)書道V作品蒔絵  

西側中央廊下作品 現在2階西側連絡通路の一角にある芸術ギャラリーで、定時制書道選択者の蒔絵の作品が展示されています。受講生は自分の気に入った言葉を選び、専用のおぼんに丁寧に描きます。「この道より我を活かす道はなし。この道を行く」「汚れちまった悲しみに」「諦めたらそこで試合終了」「石橋を叩いて渡る」。古今東西、様々な分野の名言・ことわざが、お盆の中で浮かび上がります。

 1月16日(水)サッカー部試合案内  

サッカー部通信「雑草軍団」が新人戦県大会に出陣! 1 年間守ってきた県大会のステージで、今年も旋風を吹かせます! !「12番目の選手」である皆さんの声援が一番のエネルギーです!新チームへの熱い応援をお願いします!! 今年初めて届いたサッカー部顧問の先生からのメッセージ。改めて思うことですが、勇気を奮い立てて困難に立ち向かっていく選手と顧問の先生の想いが滲み出てくるよう!

 1月15日(火)ウニの受精を見る  

ウニの受精 ウニの受精の続報です。左が精子、右が未受精卵、中央が両者を混ぜあわせた受精卵です。混ぜあわせて1分で受精終了、ひとつ精子が入ると他の精子が入らないよう受精膜が立ち上がるのですが、この膜がウニだとはっきり見えます。一時間半後に2細胞期、2時間後には4細胞期、3時間後には8細胞期の細胞が確認できました。命が立ち上がってくる瞬間に、生徒達は立ち会いました。

 1月11日(金)全日制1,2年次百人一首大会  

百人一首大会 1月9日水曜日、LHR・総合的な学習の時間、全日制1年次と2年次合同の百人一首大会が行われました。柔らかい日が差し込む昼下がりの体育館で、班に分かれ札を並べて準備をした後、国語担当の先生の読み上げとともに、極限の集中力を競う熱戦が繰り広げられました。時間とともに盛り上がりもヒートアップ、冬であることを忘れさせる熱気が、体育館中に漂いました。

 1月10日(木)フードデザイン オムレツ作り  

オムレツ作り 本日3,4限目フードデザインの授業で、講師の先生をお呼びしてオムレツ作りを行いました。卵をほぐし、牛乳を入れて塩・こしょうで調味しフライパンで加熱、半熟状になったら混ぜるのを止めガス台からフライパンをはずします。フライパンを斜めに傾け、箸で卵を向こう側に寄せ、フットボール型に整える。フライパンの柄を叩いて卵を回転させて、本物のオムレツのできあがり。

 1月9日(水)履修登録  

科目選択 本日LHR・総合の時間を使って、来年度の履修登録が行われました。他校にない本校の特長として、自由選択形式の科目選択があります。1年次では比較的固定の授業が多いものの、2年次以降は自分ならではの時間割を組むことが出来ます。登校するのが難しかった生徒が、少しずつ学校に馴れ、授業を少しずつ早い時間帯に移しながら卒業していくケースは、珍しいことではありません。

 1月8日(火)ウニの受精の授業  

ウニの受精 写真は昨日捕れたばかりのウニ。昨日夜、生物教室の職員が鋸南町の海岸で今日の授業で使うウニを採取しました。真冬のしかも新月で真っ暗な中の採取は想像を絶する困難さを伴ったのではないかと推測されます。しかし努力の甲斐がありこれほどの色とりどりのウニが集まりました。これほどまでにウニにこだわるのは、受精の観察にはウニが最適。圧巻の受精の様子を子ども達は体験します。

 1月7日(月)冬休み明け集会  

冬休み明け集会 年明け最初の登校日。朝家を出る際、目の前に広がる夜明け前の風景に驚いた人も少なくないと思います。SHRで友との再会を果たした後、清掃、体育館に移動し、校歌練習、生徒会認証式、校長先生のお話、生徒指導部からの注意と続きました。生徒会認証式では、新メンバーが決意を新たに、新たな生徒会活動の一歩を踏み出しました。木枯らしが吹き抜ける中、新しい年、始動です。

 12月27日(木)生浜スカイブルー  

生浜ブルー 冬休み3日目、冬とは思えない暖かい1日となりました。静まりかえった12月下旬の校舎内の通路に暖かい日差しが差し込む様子は、不思議な非日常感につつまれます。そして校舎の外に出てみると広がる、どこまでも透き通るようなスカイブルー、それを飛び越えていく飛行機の美しさ。目を奪われました。何気ない日常でさえ、見方を変えれば、忘れられない風景に一変するのです。

 12月26日(水)ライトルームの風景(冬休み)  

生徒のいないライトルーム 冬休み2日目、冬のモノトーンの曇り空が広がっています。校舎内には生徒は殆どいません。休憩所ライトルームも開店休業。写真の動物の人形は、癒やされるだろうと思って色々買ってきたのですが、子ども達の反応、薄っ!でも1年E組担任のK先生が、これを見て飛び跳ねるくらい喜んでくれて、「心が安まる!」「癒やされる!」と大喜びしてくれて、なんだか嬉しかったのです。

 12月25日(火)中庭の風景  

中庭の風景 冬期休業に入るとともに本来の冬の寒さが戻ってきた気がします。部活動で登校する生徒以外は見当たらない学校、年末の、ことのほか静かな時間が流れていくのを感じます。冬の静かで落ち着いた景色の中で、一際目を引くのが中庭の南天の木。この鮮やかな赤は何だろうと近づいて見に行ったくらい。モノトーンの
背景に浮かび上がる赤は、まるで黒澤明の映画を見ているよう!

 12月21日(金)冬休み前集会  

集会 冬休み前最後の集会、身だしなみ指導の後、校歌練習。繰り返して歌っているうちに、なんだか声が出る気がするのが不思議。賞状伝達式では、受賞した大勢の生徒たちが登壇、チームぴよちゃん、定通体育大会、読書感想文入賞者等が大きな拍手を受けました。校長先生のお話は、節目の大切さについて。新年、気持ちをリフレッシュして、新たな自分として、みんなに会えたらいいですね。

 12月20日(木)薬物乱用防止講演会  

薬物乱用防止 本日9時30分より、体育館において薬学部の大学の先生をお招きし、薬物乱用防止講演会が行われました。低年齢化している薬物乱用の実態を知り、薬物に手を出してはいけないということを理解する目的です。薬学部ならではの豊富かつ具体的な写真やデータをちりばめながら、覚醒剤や危険ドラッグの恐ろしさについての詳細な説明がありました。生徒達は真剣に耳を傾けていました。

 12月19日(水)修学旅行を終えて  

修学旅行写真 沖縄修学旅行団、昨日16時30分無事羽田空港に到着、沖縄の歴史と文化を体感する旅は無事終了となりました。沖縄ならではの美しい風景や生徒が沖縄を満喫している様子を、多くの生徒・先生方がフレッシュな状態で届けてくれました。昨日までに掲載できなかった分を本日アップしました。この写真もその一枚です。美しくもユーモア溢れるこの表情を是非お楽しみください。

 12月18日(火)修学旅行 第3日目 国際通り・おきなわワールド  

エイサー 修学旅行最終日は、国際通り散策とおきなわワールド。のんびりと食べ歩きをしたり、エイサーを鑑賞したりして、沖縄の生活の一部を体感しました。全ての行程を終了し那覇空港で解団式。旅行中見学を中断して写真を送ってくれた生徒のみなさん、先生方、おかげさまで充実した写真集が完成しました。協力してくれたみなさんに心から感謝します。どうもありがとうございました。
◆特集記事はこちらから。

 12月17日(月)修学旅行 第2日目 美ら海水族館・伊江島  

美ら海水族館 12月17日(月)、今日は美ら海水族館方面と伊江島方面に分かれての旅になります。雨の予報を覆した修学旅行団の気迫に圧倒されました。美ら海水族館での、海の生き物たちの優雅さときたら!伊江島の、雲と海が紡いでいく風景の荘厳さときたら!マリンスポーツの冒険とチャレンジに満ちた高揚感ときたら!過去最高の120枚を超える写真が、その詳細を伝えます。
◆特集記事はこちらから。

 12月16日(日)修学旅行 第1日目 ガマ・平和祈念資料館  

修学旅行第1日目 12月16日(日)、青空が広がる一日となりました。8時50分JAL907便は、無事沖縄に向けて離陸しました。約3時間のフライトの後那覇空港到着、ガマ、平和祈念資料館、ひめゆり資料館へと向かいました。写真はひめゆり資料館に向かう生徒達の様子。73年前に沖縄でおきたことと生徒達は向き合いました。自然の美しさが際立つ分、その重みが否が応でも胸に迫ります 。
◆特集記事はこちらから。

 12月14日(金)修学旅行 荷物積み込み・結団式  

結団式 2年次修学旅行、日曜日から始まります。登校時荷物の搬入を済ませ、今日は10時半から全員食堂に集まり結団式。係の先生方や添乗員の方から旅行に関しての心構えや注意事項についての話があり、最終的な確認が行われました。修学旅行のしおりを見ながら、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。日曜の今頃は、ちょうど那覇空港に到着します。最高の旅になることを祈っています。

 12月13日(木)着こなし講習会  

着こなし 昨日LHR・総合の時間、視聴覚室において3,4年次対象の着こなし講習会が行われました。外部から講師の先生をお招きし、社会人としてのマナーと着こなしについて学びました。信頼される立派な社会人になるために、何を目指し、どう行動すべきか。実際にスーツをを身につけた生徒たちは一人前の社会人と見まごうばかりの立派さ。社会に出て立派に働く彼らの姿を、思い浮かべました。

 12月12日(水)定時制1年次ソーシャルスキルトレーニング  

ソーシャルスキルトレーニング 本日LHR・総合の時間を使って、定時制1年次のソーシャルスキルトレーニングが行われました。テーマは「自分の気持ちに気づく」。ネガティブな感情は決して悪いことではない。生きていく上で必要な感情である。しかし体や心にこびりつき悪影響を及ぼす恐れが。自分のネガティブな感情の傾向を知ることは、心の負担の軽減に大きな意味を持つ。一生覚えておきたい考え方だと思います。

 12月11日(火)袖ケ浦特別支援学校との交流会  

2018.12.11 本日袖ケ浦特別支援学校との交流会が行われました。前半は両校の生徒が協力して川柳を詠います 。「今年こそ彼女をくださいサンタさん」等、心が籠もった作品が続出。後半は、合奏部の指導の下、手作りのマラカスでリズムをとりながら、みんなで「赤鼻のトナカイ」「慌てん坊のサンタクロース」を合唱。近づくクリスマスに思いをはせた、詠と歌の共演に心が温かくなりました。

 12月10日(月)ほけんだより12月  

ほけんだより12月  今月のほけんだよりは冬に多い感染症特集。まずは感染が疑われた場合の対応について。出席停止の手続きについての丁寧な解説も。裏面では、現在流行の兆しがある梅毒について。記事にあるとおり、数年前のドラマ「仁」で、梅毒に冒された薄幸な遊女を、江戸時代にタイムスリップした脳外科医南方仁医師が救っていく話は忘れられません。感染症の恐ろしさは今も昔も変わりません。

 12月8日(土)第2回学校説明会  

学校説明会 8日土曜日、時折冬の柔らかな日差しが差し込む中、午前10時より食堂において本年度最後の学校説明会が行われました。校長先生の挨拶の後、パワーポイントを使った学校生活紹介、入学試験の注意事項について、不登校回復プログラムと学び直しの取組の説明と続き、終了後校内案内、個別相談が行われました。参加されたみなさん、どうもありがとうございました。

 12月7日(金)後期中間考査第5日目 夜間部のぬくもり  

夜間部中間考査 ただ今午後6時30分、後期中間考査最終日、現在夜間部の生徒が最後のチャレンジを行っています。本校は、全日、午前部、午後部、夜間部と4つの学びの場がありますが、夜間部のアットホームな暖かさはまた格別です。山田洋次監督の「学校」という映画の舞台は夜間中学ですが、本校夜間部でも、この映画で感じられるのと同様のぬくもりを、生徒達は感じているのではないかと思います。

 12月6日(木)後期中間考査第4日目 ちば生浜歴史調査会からの便り  

後期中間考査3日目 昨日とは打って変わって、寒い1日となりました。後期中間考査4日目、生徒達の挑戦は続きます。今日は連携している「ちば生浜歴史調査会から届いた便りを紹介します。本校の近くに、ちば生浜歴史調査会が管理している旧生浜町役場庁舎があります。現在色を塗り直しています。写真はその建物が掲載されているカレンダー。来年もまた、見学に行きます。よろしくお願いします。

 12月5日(水)後期中間考査第3日目 クマムシのぬいぐるみ  

クマムシ 後期中間考査3日目、無事終了しました。試験期間中とあって、ライトルームに来る生徒も数えるほど。今日はそのライトルームの風景を。手前に見える茶色のかたまりは、生物の先生から貸していただいた史上最強の生き物クマムシのぬいぐるみ。写真だと分かりづらいのですが、結構大きいです。心が疲れた生徒がこれを抱きかかえている様子は、それ自体安らぎの風景と化します。

 12月4日(火)後期中間考査第2日目 小春日和  

 昨日も例年に比べていかに暖かかったかを記事に書いたのですが、驚いたことに今日は昨日を上回る暖かさ。日に当たると暑いくらい。この暖かさが、生徒達にとって心の後押しになることを念じつつ、試験を実施。写真は玄関前のベンチと時計。不思議な風情がある風景だと思います。考査終了まであとあと3日。1日1日、心を込めて大切に過ごしていけるよう、願わずにはいられません。

 12月3日(月)後期中間考査第1日目 シャコバサボテン 

シャコバサボテン 12月に入って最初の登校は、後期中間考査第一日目となりました。幸いにも12月としては異例の暖かさで、凍えるような木枯らしの中を登校するよりは負担が少ないとは思うけれど、いずれにせよ、困難にチャレンジするのには勇気が必要です。2階中央通路、ベンチの前に咲くシャコバサボテンの鮮やかな紅色の花びらは、後ろ向きになりがちな冬の心に、勇気を与えてくれる気がします。

 11月30日(金)生徒写真館 

生徒写真館 11月最終日。この時期になるとさすがに冬の気配があたりを包み、空の青さも、深さが増した気がします。来週から生徒達は後期中間考査に挑みます。今回学校周辺の気になる風景を、メールに添付して送ってもらう企画を始めました。写真は塩田公園の風景。ライトルームに来る切り絵アーティストが送ってくれました。季節の移ろいを敏感に感じることが出来るって、素晴らしいです。

 11月29日(木)サツマイモ料理 

サツマイモ 11月1日付け生浜NOWで紹介した、全日制全日制3AB組フードデザイン選択者が栽培しこの秋収穫したサツマイモ、本日無事に調理されました。どのように調理するかを話し合った結果、スイートポテトとサツマイモのクリーム煮に決定。生浜育ちのサツマイモは、晴れて本校きっての7人の料理人によって、極上のサツマイモ料理としてテーブルに並びました!

 11月28日(水)中庭花植 

中庭花植 中庭の一角にカラフルな花で形取られた「OIHAMA」の文字が出現!。本日LHR・総合の時間、校内美化活動の一環として、中庭の花壇の花植が行われました。青く澄み渡る秋空の元、定時制1年次の生徒達が文字に合わせて溝を掘り、みんなで色とりどりの花を植えました。これから冬にかけて世界は徐々にモノトーンに変わっていきますが、中庭は一足先に春が来たかのよう!

 11月27日(火)生徒会新旧役員打ち合わせ 

生徒会引き継ぎ 本日調理室で、現生徒会の会長・副会長、サポートメンバーと、年明けに行われる認証式で正式に発足する新生徒会の会長・副会長が、今後の生徒会の展望について話し合いました。今年度午前部の生徒が生徒会長になり、生徒会活動が新たなステージに入ったように思われます。これまで以上に全日制と定時制の垣根を越えた活動が展開されようとしています。新しい時代の幕開けです。

 11月26日(月)修学旅行しおり完成 

修学旅行しおり完成 本日、昼休みや放課後を使って修学旅行のしおりの製本が行われ、今年度版修学旅行のしおり、ついに完成です。今年度修学旅行の行き先は沖縄。12月16日から18日まで、沖縄の風土と文化・歴史を満喫してきます。詳しい工程表から健康管理、荷物の送り方、沖縄本島の地図や美ら海水族館の案内図など、見ているだけで沖縄のイメージが湧いてきます。きっといい旅行になると思います。

 11月22日(木)日本語基礎の風景 

日本語基礎 昨日実施された日本語基礎の授業に、この春本校2年次に編入するも事情でアルゼンチンに行くことになった生徒が、最後の挨拶にやってきました。昨年度の9月に日本に来たばかりというのに、一生懸命勉強して日本語の力がぐんぐん伸び、抜群の成績を残した生徒だっただけに、日本を離れることは本当に残念なのですが、アルゼンチンに行っても彼女は、全力で生きると確信しています。

 11月21日(水)生徒会役員選挙 

生徒会役員選挙 本日LHRの時間に、生徒会役員選挙が行われました。生徒会は、会長1名、副会長4名、事務長1名、副事務長1名、会計2名からなります。部によってLHRの時間が異なり3回に分けて立ち会い演説会を行うため、演説の内容をビデオで録画し、午前部と夜間部は食堂で、全日制と午後部は体育館で上映されます。生徒達は、候補者のメッセージに真剣に耳を傾けていました。

 11月20日(火)全校登校指導 

登校指導 本日朝より、全校を挙げての登校指導が行われました。朝の登校時、職員が昇降口前に立ち、声かけとともに登校マナーや身だしなみの確認を行います。社会に出て立派に通用する最低限のマナーを身につけ、責任ある市民として行動する。それが自分の将来の可能性を広げることにも繋がります。社会にかかわる練習を少しずつ重ねていく。個性とマナーは両立するのです。

 11月19日(月)ブッシュドノエルにチャレンジ 

シェフ来校 本日の5,6限の全日制3年フードデザイン、山手調理製菓専門学校の校長先生が、ブッシュドノエルの作り方を教えに来てくれました。ふわふわのスポンジを作るこつやロールケーキの上手な丸め方など、経験に裏打ちされた見事な手さばきもさることながら、時折混じる関西弁の話が面白いこと!ふと気がつけば終了のチャイム!料理への愛情に溢れた、あっという間の90分でした!

 11月16日(金)地学・家庭科のコラボ授業 

地学家庭科コラボ授業 本日の地学・家庭科のコラボ授業。3限地学の時間は日本の地形による水質の理解の授業。日本の川は急勾配で流れるためミネラルが染みこみにくいため軟水になる。その軟水が日本の食文化を特徴付けている。4限は調理室で石鹸、すまし汁、日本茶を使った硬水・軟水の比較。成分と反応して味が変わってしまう硬水に比べ、軟水を使ったすまし汁の透明なまでの薄味のうまさを改めて実感!

 11月15日(木)夜間部2年次エイサー体験 

エイサー体験 昨日の夜間部2年次11,12限のLHR・総合の時間、琉球王國祭り太鼓のメンバーによるスーパーエイサーのパフォーマンスを鑑賞しました。琉球王國祭太鼓は1982年沖縄で結成され、沖縄の古典曲に加え沖縄の新しいポップス曲を多く使用し、また琉球空手や琉球舞踊の型を取り入れた独自の振り付けを行っています。生浜高校の夜の体育館に、沖縄の風が吹き抜けました。

 11月14日(水)安全教育 

公開LHR 本日平成30年度高等学校安全教育指導者講座が本校で開催され、千葉県中からおよそ200名の先生方がお見えになりました。高校生の交通事故の現状について,SNS被害の現状について、青年期の特徴に配慮した交通安全教育についての講話、交通安全・生活安全に関するLHRの授業参観が行われました。写真はLHRの時間、校庭で行われたシートベルト体感体験の風景です。

 11月13日(火)ライトルーム作品集 

ライトルームの風景 教室にいるのが辛くなったとき、安心して一休みできる空間、ライトルーム。心が本当に疲れたとき、気兼ねなく休める居場所です。ここで心を休めている間、子ども達が描いた絵や切り絵、塗り絵等を集めて、しおた祭に「ライトルームギャラリー」として出展、注目を集めました。細かいところを丹念に仕上げていく姿はあたかも職人のよう。今日も優れた芸術差品が仕上がっていきます。

 11月12日(月)夜間部フードデザイン調理実習 

麻婆豆腐 午後6時15分、管理棟1階教育相談室にいると外から如何ともしがたいほどのいい香りが漂ってきて、我慢できずに香りを辿って行くうちに気づいたら調理室にいました。夜間部9,10限のフードデザインのレシピは、麻婆豆腐。ニンニク、生姜、ごま油、豆板醤等が入り交じって漂う夕方のこの時間の、この香りは反則です!ご飯を大盛りにして食べる生徒の幸せそうな顔と言ったら!

 11月10日(土)学校説明会 

学校設営会 10日土曜日、午前10時より食堂において、中学生・保護者対象学校説明会が行われました。保護者生徒合わせておよそ100名の参加がありました。校長先生の挨拶の後、パワーポイントを使っての学校生活紹介、入学試験の注意事項について、不登校回復プログラムの説明と続き、終了後校内案内、個別相談が行われました。参加されたみなさん、どうもありがとうございました。

 11月9日(金)進路行事日 

進路行事日 本日は全校を挙げての進路行事。進路講話、職業体験学習、職業別グループディスカッション、ワークルール講座、分野別説明会、労働法○Xクイズ。どれも面白くてためになる!バスに乗って企業見学した生徒も。写真はJFEスチール東日本製鉄所見学風景。他にも千葉共同サイロ、社会福祉法人泉寿会、ケーズネットワーク等。生徒たちにとって自分の将来を深く考える一日となりました。

 11月8日(木)5代目チームぴよちゃん 千葉市教育長賞授賞式 

千葉市教育長 2014年、初代チームぴよちゃんがウズラ有精卵を前保温0時間で割卵、中身を透明人工容器に移し全方位可視化の状態で培養を続け、世界で初めて雛の孵化に成功。それから4年の歳月が経過。5代目ぴよちゃんが、バージョンアップした研究結果をひっさげ満を持してこの分野に再チャレンジ、見事千葉市教育長賞受賞です。写真は昨日行われた表彰式。満面の笑みのなんと清々しいこと!

 11月7日(水)太鼓を叩くとろうそくの火が消える? 

物理基礎質問1:太鼓の前に置かれたろうそく。生徒が太鼓をたたくとろうそくの火はどうなる?答え:消えます。質問2:けたたましくなる防犯ベルを大きな瓶の中に入れ空気を抜くとどうなる?答え:全く聞こえなくなります。全ては音が空気を伝わる振動であることを示しています。空気の振動がろうそくの火を消し、空気のない真空では音は伝わらないのです。どちらも魔法のような実験でした。

 11月6日(火)藍染完成 

絞り染め 本日5,6限全日制服飾手芸の時間、生徒達は絞り染めに挑戦。絞り染の特徴は布を縫ったりたたんだり、ヒダをとって糸で巻いたり板で挟むなどして防染しそれによって模様を表現するところ。今回使う染料は藍。古くから世界で使われてきた染料で、特に麻・木綿・絹に染まりやすく、絞り染めや浴衣・のれんタペストリー等、生活の周辺では藍で染め上げられた布織が多くあります。

 11月5日(月)千葉みなと大漁祭報告 

千葉みなと大量祭 11月3日土曜日、ポートタワーにおいて、平成30年度千葉みなと大漁祭が開催され、本校ビジネス同好会が自ら開発し商品化にこぎつけた、話題の「のりお焼き」を販売しました。今回販売したお焼き、文化祭に初お目見えしたのですが、パン生地に海苔、からし菜、隠し味のマヨネーズが見事に調和した絶妙な和テイストでとにかく美味!写真はお焼きを買いに来た千葉市長さん!

 11月2日(金)ストレス和らげる気晴らしを見つける 

ストレスをコントロールする 保健室脇の廊下の壁に定期的に貼られる健康についてのメッセージ。担当してくれているのは全日制3年女子生徒で、全てボランティアで作成してくれています。今回のテーマは、ストレスって何だろう」。ここに書いてあるように、好きな音楽を聴いたり、ゆっくりお風呂に入ったり誰かに話したり、好きな本を読んだり、自分にとってよく効く「気晴らし」を見つけられたらいいですね。

 11月1日(木)芋掘り フードデザイン3AB組 

フードデザイン 写真は、生浜高校の南側のフェンス沿いにある畑で行われた芋掘りの直前の様子。5月28日に全日制3AB組フードデザイン選択者が授業で植えたサツマイモが立派に成長、本日の芋掘りを迎えました。収穫したサツマイモは、今後この生徒達によって調理されます。大学いもやサツマイモご飯、どのような形での摂取になるにせよ、本校でとれた新鮮な野菜の底力を、生徒達は味わいます。

 10月31日(水)母語による母国文化発表 

母語による母国文化発表 本日5,6限と7,8限に行われた日本語基礎の時間に、「母語による母国文化」の最終発表会が行われました。文化祭の時は閉会式で予告編として中国の発表とネパールの歌と踊りを披露しましたが、今回は授業中に全ての言語での発表となります。中国、ネパール、コロンビア、中央アジア、ペルー、フィリピン、それぞれの国の文化、歴史、何よりその言葉の響きがとにかく感動的!

 10月30日(火)書道展2018 

書道作品展 現在西側2階通路で書道展2018開催中。掲示板に様々な書道の作品が展示されています。千葉県高等学校総合文化祭第30回書道作品展に出品した作品、第42回学芸書道全国展硯心会理事長賞をとった作品等、思わず見とれてしまうほど素敵な作品が並びます。向かって左側には書道V選択者の作品が陳列されており、これがまた風流の極み!文字の持つ力って、すごいと思います!

 10月27日(土)しほた祭 

しほた祭 心配されていた雨も見事に上がり、雨上がりのしっとりとした空気に包まれながら、開会式が行われました。10時から14時まで、非日常感溢れる文化の鼓動が続きました。部活動の部優秀賞「家庭科部」、最優秀者賞「ビジネス同好会」、クラスの部JFE賞1H、優秀賞3H、2A、最優秀賞3E。どの部もクラスもよく頑張りました!来ていただいたみなさん、ありがとうございました!

 10月26日(金)しほた祭前日 

しほた祭準備 しほた祭前日。朝から気持ちよく晴れ渡りました。16時から体育館ステージで行われる明日の開会式・閉会式のリハーサルが行われました。オープニングから続くふたつのパフォーマンスは迫力満点。開会宣言の多言語が飛び交う空間は地球規模の視野を感じさせてくれます。写真はステージに飾られたモミジのアートと制作者達。暖色を中心とした素敵な色合いで心が和みます。

 10月25日(木)しほた祭準備 

しおた祭準備 しほた祭に向けて、今日と明日は文化祭準備。今年のしほた祭のテーマは「紅葉〜消えることのない思い出〜」。今生きている証を、心に刻みます。今週土曜日10月27日午前10時より公開。予めチケットを申請してある本校生徒友人や家族、小中学生とその保護者(中学生は制服着用の上身分証明書を持参で)、地域住民の方、卒業生(身分証明が出来るもの持参)が公開対象となります。

 10月24日(水)ウミホタル今年最後の授業 

ウミホタル 今年最後のウミホタルの授業。ウミホタル発光の研究は、殻なし卵孵化と並び全国的に知られています。近年では「嵐にしやがれ!」でメンバーがウミホタルで発光するスーツを着たり、スターウォーズのようにウミホタルで発光した剣を振り回したり、その幻想的な美しさは全国的な話題となりました。暗闇の中からふわっと紫色を帯びた光が立ち上がる瞬間の感動は、言葉には表せません。

 10月23日(火)切り絵制作中 ライトルームの風景 

ライトルーム切り絵 この美しい切り絵、美術の授業風景でもなければ、美術部の活動風景でもありません。ライトルームによく訪れる、夜間部の女子生徒が作成しています。茶色っぽく見える花びらの部分は下に敷いた段ボール。この写真で切り抜いている部分など1ミリ以下。精緻でかつ丹念な作業で、花びらや茎が浮かび上がっていきます。ライトルームには、隠れた芸術家が通ってくるのです。

 10月22日(月)生徒指導室前の綿花 

綿花 生徒指導室前、秋の夕日に照らされて輝く白い花。でも実際は「綿花」は花ではなく綿です。綿花と言えばいくつかの映画の中で黒人の労働者が手を血に染めながら収穫している風景が思い浮かび、辛くなってしまうのですが、綿自体はほわほわで柔らかそうで、触っていて心地がいい。このおかげで私達は、快適な生活を送ることが出来るのです。綿花を見て色々なことを考えてしまいました。

 10月19日(金)地学基礎の授業 空気に重さはあるか 

物理基礎の授業 割り箸を、半分机の上からはみ出す形で置き、机の上にある部分は新聞紙でぴたっと覆い、はみ出している部分を空手のように割ろうとするとどうなるか。割れずに新聞紙と割り箸がひっくり返ると思った人は、この授業を見て驚くはずです。新聞紙で覆っているだけにもかかわらず、割り箸は折れます。見開きの新聞1枚に約5トンの空気の重さがかかっている。空気の重さを実感した瞬間です。

 10月18日(木)殻なし卵孵化研究 千葉市教育長賞! 

千葉市教育長賞 殻なし卵孵化研究を進めている5代目チームぴよちゃん、千葉市教育長賞受賞です!この研究は現在も進行中で、実用面での汎用性が飛躍的に向上する可能性において画期的な意義を持ちます!夏休みや休日等お構いましに試行錯誤を繰り返しながら進んでゆく研究を見るにつけ、この研究チームの凄さは、圧倒的な成果に勝るとも劣らない、費やされた心のエネルギーの量なのだと思います。

 10月17日(水)世界史の授業 リンゴ酵母でパンを作る 

世界史の授業 9月21日付けのこのコーナーの記事で紹介した、中世ヨーロッパの文化についての授業の続編を紹介します。当時は現在のようなイースト菌を使用できなかったので、代わりにリンゴ酵母を使ったパン作りに挑戦。前回はリンゴ酵母作りのところまででしたが、今回はそのリンゴ酵母を使用して作ってのパン作りにチャレンジ。写真の通り、中世仕様の歴史的パンが完成しました!

 10月16日(火)生浜高校のアウトリーチチーム 

スマイルジョイ 本日子ども達の自立と食事の支援をお願いしているNPO法人「すまいるじょい」のおふたりと市原福祉ネットの方がお見えになり、本校スクールソーシャルワーカーとの情報交換会が行われました。貧困問題、家庭の問題等を抱えて苦しむ子ども達に対して施される、福祉の専門家のみなさんによる具体的で実効性のある支援ほど、心強いものはありません。これで子ども達が救われます。

 10月15日(月)しほた祭カウントダウンボード 

カウントダウンボード 1階ラウンジ横に配置された、しほた祭カウントダウンボード。和テイストで品のいい仕上がりに。例年同様今年度もアーチェリー部が制作を担当。それぞれの文字は何十枚もの切り抜いた色紙を重ね合わせて作られています。「し」は緑のもみじ、「ほ」は黄色の銀杏、「た」は紅葉した紅葉、「祭」は実際のどんぐりから。作り手のこだわりが感じられる素晴らしい作品となりました。

 10月12日(金)ウミホタルの輝き 

ウミホタルの輝き 本日1,2限の生物は、ウミホタル発光観察。本校生物研究室スタッフが、東京湾某所に出向きウミホタルを採集、星の数ほどのウミホタルが集まりました。特に今年は大量だそうです!部屋を暗くし担当の先生がウミホタルをそっと撫でると、まるで目の前が星空になったよう!チューブに入れて優しく振って光らせた後、クライマックスは、ご覧のようなウミホタルシャンペングラス!

 10月11日(木)学校説明会案内 

学校説明会 本日11月に行われる学校説明会の案内をアップしたので、今日はその内容から。本校には様々な環境にいる子ども達が、様々な事情を抱えながらも、互いに励まし合いながら学校生活を送っています。自由選択単位制のメリットを活かし、出来るだけ個別に対応しながら子ども達の得意な分野を引き出していくための、様々なアプローチを行っています。その点を具体的にお伝えします。

 10月10日(水)定通文化大会の準備 

定通文化大会発表 本日の日本語基礎の時間は、今週土曜日に県立長生高校で開催される定通文化大会で発表予定の「母語による母国文化発表」の準備。今年紹介する国は、フィリピン、中国、ネパール、南米(ペルー&コロンビア)、中央アジア(アフガニスタン&バングラデシュ)の5グループ。日本語を補助的に用い、母語をメインに使って、母国の歴史と文化を紹介していくのです。

 10月9日(火)後期始業式 

後期始業式 温かい日と涼しい日が交互にやってくる今日この頃、後期がスタートです。全日制・午前・午後は11時20分から、夜間部は18時5分から始業式が行われました。教頭先生から、前期の集会で校長先生がお話しされたことを受け、再度一歩前へ進むことの重要性を確認。また本校校歌について、今が一番聞いていて感動すると話されました。本校校歌、これを書いている自分も大好きです。

 10月5日(金)ほけんだより10月 

ほけんだより10月 10月10日は「目の愛護デー」。今月のほけんだよりの特集は、この日を迎えるに当たっての「目」の特集。目に優しくない生活のトップにあげられているのが、パソコンやスマホの使いすぎ。長時間の使用で瞬きが減りドライアイの原因となるそうです。この他にもコンタクトレンズの期間・時間を守らずに使用すること等。今からでも遅くはない。目を大切にしていこうと思いました。

 10月4日(木)不登校サポートセミナー市原市に参加しました

不登校セミナー 本日市原市教育センターにおいて、不登校サポートセミナーが開催され、そこで生浜高校の学び直しについての説明を行いました。本校には中学時に不登校の経験がある生徒が大勢通っています。自分の体調や心の状態と相談しながら、自分ならではの時間割を組み立てていくことが出来ること、不安を軽減する様々なアプローチが行われていることを説明させていただきました。

 10月3日(水)生浜地域誌紹介 ちば・生浜歴史調査会発行

ちば生浜歴史調査会発行地域誌 生浜高校は、NPO法人「ちば・生浜歴史調査会」と連携しており、これまで総合の時間を使った地域歴史授業やPTA対象の地域歴史散歩を共同で企画するなど、定期的に活動を行っています。本校HPのひとつの売りである「生浜歴史散歩」は、調査会が発行した歴史マップを実際にたどって作成したものです。写真はその会報誌。読んでいると、今すぐにでも歴史散歩をしたくなります。

 10月2日(火)秋季卒業式と入学式

秋季卒業式 今日は前期最後の登校日。午後に秋季卒業式と秋季入学式が行われました。午後1時半からの、三部制定時制ならではの、こじんまりとした1名の卒業式。けれど他のどんな大きな卒業式にも劣らない、込められた思いの丈の深さ。校長先生の式辞も、PTA会長様の祝辞も、みんなで歌う校歌も、卒業生の心に染みこむように伝わっていきました。卒業、おめでとうございます。

 10月1日(月)秋季卒業式の準備

秋季卒業式の準備 本日、日本列島を縦断し大きな被害を各地に与えた台風24号の影響で、全日、午前、午後部は臨時休校となりました。台風一過の抜けるような青空が広がる10月1日、生徒がいない静けさが不思議でした。午後の成績会議の後、明日行われる秋季卒業式、秋季入学式の準備が行われました。秋季卒業者1名、秋季入学者4名、三部制定時制の生浜高校ならではの秋の式典に臨みます。

 9月28日(金)五代目チームぴよちゃん、論文提出

五代目チームぴよちゃん 本校の殻なし卵孵化研究、定時制3年次生徒2名と4年次生徒2名の研究チームです。2014年、初代チームぴよちゃんがウズラ有精卵を前保温0時間で割卵し、中身を透明人工容器に移し全方位可視化の状態で培養を続け,世界で初めて雛の孵化に成功しました。5代目ぴよちゃんはさらにこの先に進みます。初代ぴよちゃんの後押し受けて、千葉県児童生徒科学論文展に、論文提出です。

 9月27日(木)スポーツデー

スポーツデー 雨天順延となり本日開催となったスポーツデーですが、残念ながら天候が思うように回復せず、室内で行う雨の日バージョンとなりました。バスケットとミニサッカーは体育館、小体育館での卓球と、剣道場でのドッジボール。それでもいったん試合が始まれば熱気とテンションは上がる一方で、ギャラリーでの応援など、今までに無い形態でのスポーツデーを、生徒達は満喫しました。

 9月26日(水)保健室前の掲示板

保健室脇のボード 管理棟1階の廊下を歩いていと目に入ってくる、素敵な色合いの掲示物。保健師脇のこの掲示板、健康や生活に関して知っておくととてもためになる情報が分かりやすくまとめられていて、思わず立ち止まって読んでしまいます。内出血色の秘密から、葉が黄色い話等、なんとなく気になる話題から救急車の呼び方まで。全日制の女子生徒がボランティアで作ってくれています。

 9月25日(火)ライトルームの新入り こころのお薬

心の薬 漠然とした不安でいてもたってもいられなくなったとき、安心して一休みできる空間、ライトルーム。心が本当に疲れたとき、気兼ねなくくつろげる居場所です。先日新たなアイテムが加わりました。心のお薬。ケースの中におみくじのようなものが入っていて、開くと次のような言葉が。「自分を信じて!」「たまには泣くのもいいよ」。疲れた心に、メッセージが染みこみます。

 9月21日(金)リンゴ酵母を作る

リンゴ酵母を作る 今日の7,8限の世界史は、中世ヨーロッパについて。政治史を一通り学んだ後、テーマは食文化(パンについて)に移ります。大航海時代までは、まだイースト菌が発見されておらず、酵母はフルーツ酵母が主に使われていました。前回のポスカ作成に引き続き、生徒達は実際にリンゴを使って酵母作成にチャレンジ。夕方の教室に、中世ヨーロッパの風が吹く抜けました。

 9月20日(木)定時制午後部調理実習

定時制午後部調理実習 今日の調理実習は、肉じゃがとワカメと豆腐の味噌汁。フライパンに油を熱し、中火で牛肉、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎの順に炒める。調味料を、砂糖→みりん→酒→しょうゆの順に加え、出し汁を入れ、沸騰したらアクを取る。落とし蓋をして中火のまま15分にる。サヤインゲンを入れて少し煮て、ひと混ぜし火を止め器に盛る。文字を入力しているうちに、お腹がすいてきました!

 9月19日(水)スポーツデープログラム作成

スポーツデー 本日放課後会議室に体育委員が集合、平成30年度生浜スポーツデーのプログラムの製本が行われました。写真は製本をする全日制体育委員。今年度のスポーツデーは参加種目に若干の変更があり、男子は、ミニサッカー、バスケット、卓球、女子がドッジボール、バスケット、卓球です。クライマックスは最後に行われるチームジャンプ。各クラスが心を一つにして、大縄跳びに挑みます。

 9月18日(火)物理基礎 ニュートンの慣性の法則

物理基礎授業 学生の頃、物理の授業でニュートンの慣性の法則を学び、丸暗記した記憶がありますが、本校の物理は違います。グランドに出て移動しながらテニスボールを投げて、実際にボールの軌道を確認したり、テーブルクロスを素早く抜き去る実験をしたり、だるま落としを行い確認したり、物体がその運動を続けようとする性質、すなわち「慣性」を生徒達は日常の中で体験し感じながら、学ぶのです。

 9月14日(金)初代チームぴよちゃん、5代目のデザインを担当

チームピヨチャン チームぴよちゃんのイラストは初代チームぴよちゃんのひとりが20分で書き上げたものです。チームぴよちゃん、今年で5代目になります。また更なる進化を遂げるはずの5代目ぴよちゃんのデザインをまた、初代ぴよちゃんが担当。写真のように、羽を広げ5代目マークが付いた素敵なデザインが完成。英知を結集させ全国大会を目指します。チームの結束の強さを改めて感じました。

 9月13日(木)日本語基礎風景 定通文化大会の準備 

日本語基礎 日本語基礎の授業で現在、生徒達は10月13日に県立長生高校で行われる定通文化大会での発表の準備に取りかかっています。この日はフィリピノ語、中国語の指導員の方も授業に加わり、それぞれの国についての発表のテーマを掘り下げました。写真は中国語の相談員の先生と中国につながる生徒達。母語を使った母国の文化・歴史発表、今年もわくわくするものになりそうです。

 9月12日(水)沖縄修学旅行事前学習登 

沖縄修学旅行 沖縄修学旅行まで後3ヶ月。修学旅行をより豊かなものにするために、様々な企画が進行中です。本日LHR・総合の時間を使って、ビデオ番組を使った沖縄修学旅行の説明会が行われました。今回のテーマは、沖縄戦。太平洋戦争末期、沖縄で何が行われ、人々はどのような運命をたどったのか。沖縄の海がなぜ悲しいほど美しいのか。生徒達はその理由を、心に刻んだのだと思います。

 9月11日(火)登校指導 

登校指導 秋の涼しい風が秋空を通り抜ける、すがすがしい1日となりました。本日、全校を挙げての登校指導。朝の登校時、全職員が昇降口前に立ち、声かけとともに登校マナーや身だしなみの確認を行います。責任ある市民としての自覚を促し、ひいてはそれが自分の進路の可能性を広げることに繋がります。自分らしさは、自分の心の内側に存在します。心を大切にして生きていきたいですね。

 9月10日(月)全日制 マナトレ 

マナトレ みんな集中して授業に取り組んでいる風景。全日制3年生のクラスの写真なのですが、実は1限〜6限の授業風景ではないのです。放課後の時間帯に定期的に10分間行われているマナトレです。マナトレとは、基礎から自分で学ぶことが出来るドリルで、勉強が苦手な生徒達も、安心して自分のペースで理解しながら進めることが出来ます。「分かる」から、みんな真剣なのです。

 9月7日(金)秋入学・転編入学生徒説明会 

秋入学転編入学生徒説明会 本日、先日行われた秋入試と転編入学試験に合格した生徒対象の説明会が行われました。校長先生の挨拶の後、生徒指導部、事務、教育相談部、保健室、教務部からの説明があり、引き続いて履修登録が行われました。生徒の様々な状況に対応した柔軟な制度、生浜高校の最大の特徴はここです。この柔軟性を利用して、無理せず、焦らず、ゆったりと、学校生活を送って欲しいと願います。

 9月6日(木)海苔アイス、千葉市からのサポートを受ける 

海苔アイスその後 千葉海苔×のりアイス、原材料提供、開発商品製造、広報や販売のお手伝い等、各企業や団体からの応援と千葉市より商学連携型商品開発の事業としてサポートを受けて活動しています。これも昨年度から生徒達が一生懸命取り組み、その活動が評価されたことによるものだと思います。今年度も地域が元気になるような商品の完成を目指して取り組んでいきます。(ビジネス同好会顧問より)

 9月5日(水)嵐の後の青空 

嵐の後晴れ 各地に傷跡を残しながら日本列島を縦断した台風21号。進路から遠く離れていたにもかかわらず、今朝の雨は正に嵐でした。関西での、まるで映画のワンシーンと見まごうばかりの猛烈な風雨と被害の大きさに言葉を失います。改めて防災の意識を持つ大切さを感じました。写真は中庭の像と青空。嵐が通過した後の、どこまでも透き通るような青に、心を奪われました。

 9月4日(火)物理基礎 燃焼についての実験 

物理基礎 写真はシリンダー内で発火する綿花。この炎の特出すべき点は、火を使って発火させていないことです。物体に対して仕事をすることで内部エネルギーが増加する原理を利用した「断熱圧縮」で、火を使わずに物体は発火します。この特性は日常生活の様々な分野で使われています。エアコン、冷蔵庫、車のエンジンも。物理って、こんなにも日常生活に根付いているんですね。目から鱗でした。

 9月3日(月)教育相談だより 

教育相談だより 教育相談だより9月号、今回はSCとSSWの紹介です。本年度はスクールカウンセラー(SC)とスクールソーシャルワーカー(SSW)が週2日来校し相談にのってくれます。スクールカウンセラーは心理療法的な見地から、スクールソーシャルワーカーは社会福祉的見地から、相談されたケースについて分析・検討し、生徒を多角的見地から支援していきます。どうぞご利用ください。

 8月31日(金)ほけんだより9月号 

ほけんだより9月号 ご飯に関する○XクイズB 朝食を食べるとテストの点数が上がる。答えは月曜配布予定のほけんだより9月号をご覧ください!この答えと裏面の「時間を有効に使う方法」が密接につながっています。慢性的に体調が優れない、やる気が起きないという人、原因は自分の生活習慣にある可能性があります。自分の体が発する内なる声に耳を傾けて、きちんと応えてあげられればいいですね。

 8月30日(木)ビジネス同好会活動報告 のりアイス、ゴルフ場で販売 

ビジネス同好会活動報告 昨年度開発し完成することができました「千葉海苔×のりアイス」。新聞やケーブルテレビにも取り上げていただき多くの反響がありました。今回ご縁があり市原市にあるゴルフ場にて夏期限定で販売していたいただけることになりました。また高校生として訪れることのないゴルフ場の見学、カートの乗車やコースでの試打までさせていただき貴重な一日になりました。(7月31日)

 8月29日(水)防災安全指導と集会 

防災安全指導と集会 SHRで友達との再会を満喫した後、火災を想定した防災避難訓練が行われました。いざという時のために避難ルートを確認しておくことの大切さは、東日本大震災の貴重な教訓として心に刻む必要があります。集会での校長先生のお話は、スポーツから学ぶこと。スポーツって、自分でやっても応援しても、勇気をもらえます。スポーツの力でなんとなく弱気な心に潤いを与えたいですね。

 8月28日(火)中庭のカボチャ 

中庭のカボチャ 今日で夏休みが終わり、明日から学校となります。休みと学校を比べたら、休みの方がいいに決まっていますが、では全部が休みになるのがベストかというと、必ずしもそうではありません。オンとオフあることは大事です。ただ変化を超えるとき、少しだけ勇気がいりますが、超えてしまえばたいしたことはありません。明日は、たぶん、大丈夫です。写真は中庭のカボチャです。

 8月27日(月)殻なし卵研究 水城高校のみなさん来校 

水城高校 本日午前9時半より、茨城県にある水城高等学校のみなさんが本校生物教室を訪れました。殻なし卵孵化研究のこれまでの経緯についてまとめたビデオを見ながら説明を受けた後、実際にラップを使い卵を割るなどの体験を行いました。具体的なレベルでの細かい意見のやりとりが出来たのは、両校とも孵化への絶え間ない取組を行っているからこそ。大変有意義な研究会となりました。

 8月24日(金)ライトルームの新入り 

ライトルームの新入り 先日このコーナーで紹介させていただいた、漠然とした不安でいてもたってもいられなくなったとき、安心して一休みできる空間、ライトルーム。不登校経験者にとって、校門をくぐること、教室に入ることは、時に例えようのない辛さを伴います。そのとき、ほんのちょっと、ひとりになって心を落ち着かせると、気持ちがすっと楽になります。今日はライトルームの新入りを紹介します。

 8月23日(木)地球温暖化の影響か 

温暖化 特にこの夏は、最高気温が40度を超えたり集中豪雨による大きな災害が発生するなど、地球温暖化の影響がのっぴきならないレベルにま達したことを感じずにはいられません。本校のサボテンも、その影響で、こんなに大きくなってしまいました。と言っても違和感がないほど、立派に育っているうちわサボテン。まるでメキシコにいるような素敵な異空間を私達に提供してくれています。

 8月22日(水)生浜ブルースカイ 

生浜ブルースカイ 秋季選抜の様々な処理が終了、あとは明日の発表を待つのみとなりました。合格発表と言えば、冬から春にかけてまだ肌寒い風が吹く中、生徒・保護者の方々が防寒具に身をまといながら本校を訪れる光景が頭に浮かびますが、夏に行われる合格発表も、意義深さにおいて何ら変わりはありません。新しく入学してくる生徒たちが、元気に学校生活を送っていけるよう、願わずにはいられません。

 8月21日(火)秋季選抜入試 

秋期選抜入試 本日秋季選抜入試が実施されました。本校3部制の定時制では年間を通して実施される通期科目と、前期・後期のどちらかで実施される半期科目があります。秋入試で入学した場合、10月から実施される後期科目を選択し、他の生徒と同様にに1年次としての学校生活を送ることが出来ます。写真は職員玄関前の植え込みで咲くテッポウユリ。昨晩の雨の水滴が宝石のように輝いていました。

 8月20日(月)中学生1日体験入学 

一日体験入学 本日9時30分より、本校体育館で「中学生の1日高校体験入学」が行われました。受付終了後校長先生の挨拶、生徒会によるパワーポイントを使った学校生活紹介、本校の現状・入試についての説明等があり、10時30分から授業体験、部活動体験、個別相談会と続きました。体験入学に参加いただいた中学生の皆さん、保護者の皆様、どうもありがとうございました。

 8月16日(木)殻なし卵孵化研究 

2018.8.16 8月も中盤を過ぎようとしているこの時期、ほぼ連日、朝から晩まで学校に通い詰めているハードワーカーが本校にいます。殻なし卵孵化研究チームです。この分野の最前線の研究として世界的に評価されているこのタイミングですら普通に行われてる数々の試行錯誤。関係する様々な方々との協力体制のもと、一歩一歩高みに向かって進んでいく様子を、固唾をのんで見守っているところです。

 8月15日(水)1日体験入学授業 

2018.8.11 20日月曜日、9時30分より、体育館において平成30年度「中学生の一日体験入学」が行われます。体育館での全体説明の後、各科目別の授業体験、部活動体験と続きます。写真は実際の体験授業に先立って行われた物理のデモ授業の風景。吹き矢を実際に飛ばす実験が入り口となり、物理の理論が、日常生活での多くの現象と密接に結びついていることを知り、愕然とするのです。

 8月10日(金)将棋部全国大会第2日目 

将棋部2日目 生浜高校将棋部の全国大会チャレンジ、終了です。初日午前の2試合目に敗れ、午後連勝するしかなくなった時、おそらく選手たちはひとまわり成長したのだと思います。午後最初の試合を3−0で撃破、本戦に向けて最終戦に立ち向かっていく姿の頼もしいこと!(見てもいないのにすいません)、試合会場の写真に写った空の青の清々しさが、この二日間の選手たちを象徴していました。
◆特集記事はこちらから。

 8月9日(木)将棋部全国大会始まる 昨日の千葉高との前哨戦の様子 

2018.8.9 生浜高校将棋部、全国大会にチャレンジです。2018年信州総文祭が長野県で行われており、本校将棋部女子団体チームは、現在長野県千曲市のホテル圓山荘[まるさんそう]に宿泊し、10時から始まる予選トーナメントに向けて気持ちを集中させているところだと思います。昨日戸倉駅で撮った羽生竜王の永遠のライバルである森内九段との写真、今日の朝食の写真などアップ中です!
◆特集記事はこちらから。

 8月8日(水)PTA研修委員会 

PTA広報委員会 台風13号が関東地方直撃のコースをたどり、徐々に風雨が強まる中、午前10時より応接室でPTA役員会が開かれました。雨にも負ケズ風にも負ケズ、総勢8名のみなさんのご参加をいただきました。今回お集まりいただいているのはPTA研修委員会のメンバーのみなさんで、後期に行われる予定のバス研修ツアーについて、方面と時期について具体的な計画が立てられました。

 8月7日(火)将棋部女子団体チーム、全国大会に向けて出発します 

将棋部 全国大会前の最後の練習となった今日、台風の接近に伴う不安定な天候をもろともせず、選手と顧問の最後の調整が行われました。将棋部選手は3人とも、高校に入ってから将棋を始めた初心者ですが、日々集中した取組を計画的にこなすことでめきめきと力を付け、5月に行われた将棋大会で見事準優勝、9日から開かれる全国大会に出場します。選手のみなさん、健闘を祈ります!

 8月3日(金)プチトマト輝く! 

プチトマト 予定では浜野保育園の子どもたちが本校を訪れ、野菜を収穫するはずだったのですが、この想像を絶する猛暑で延期となっています。そんな中でも、6月29日のこのコーナーで紹介した、生物部が育てている中庭の花壇は見事に美しい花を咲かせ、その脇でカボチャが優しい黄色の花を付けています。写真は生徒指導部前で育っているプチトマト。暑さで鍛えられた分だけ、より甘く、おいしく!

 8月1日(水)サッカー選手権予選1次トーナメント、4回戦進出! 

サッカー部 サッカー部選手権予選1次トーナメント試合結果です。結論から言います。4回戦進出です!先週29日(日)に行われた選手権予選で本校サッカー部は千葉工業と対戦し1対0で勝利しました。0対0で迎えた後半、瀬下が決めたゴールを集中力を切らさず守り切りました!次戦は8月2日(木)、対袖ケ浦高校、1次T代表決定戦です。雑草軍団が目指した地点まで、あとひとつです!

 7月30日(月)殻なし卵孵化研究、更なる高みに 

殻なし卵孵化研究 一見コンビニのデザートコーナーと見まごうばかりのカラフルさ。さしずめオレンジゼリーとワインゼリ−といったところでしょうか。実はここ、生物教室の保温庫の風景。オレンジとワイン色のグラデーションはステージの違いで、右に行くほど時間が経過している殻なし卵なのです。それにしてもこの数の殻なし卵が一度に保温庫に入るのは滅多にないとのこと。研究、佳境に入っています!

 7月27日(金)千葉市埋蔵文化財調査センター見学 

埋蔵文化財調査センター 本日午前10時より、千葉市埋蔵文化財調査センターで学習会が行われました。本校近隣にある埋蔵文化財調査センターには、千葉市内の遺跡や古墳で発見された数々の出土品が時代別に展示されたいます。それぞれについて、学芸員の方が非常に丁寧に説明してくださいました。近隣の遺跡から発掘された出土品に、縄文、弥生時代から引き継がれる、いにしえのロマンを感じました。

 7月26日(木)バレー部紹介 

バレー部 バレー部キャプテンからのメッセージをお伝えします。私たち女子バレーボール部は3年生5名、2年生3名、1年生9名の合計17名で活動しています。今年度は私たちの代の目標でもあった県大会1勝を成し遂げることができました。今後も更なる高みを目指して、チームレベルアップを目指し頑張っていきます。生浜高校に興味がある方は、ぜひ体験にきてください。キャプテン 江尻蘭

 7月25日(水)プールで見つかった生物 

プールで見つかった生物 本校体育館の裏側に、今は使われていないプールがあります。このプールに現在どんな生物が生息してるのか、生物部が調査しました。その結果、ミズカマキリ(カメムシ目・タイコウチ科)、マツモムシ、コマツモムシ(カメムシ目)、ハイイロゲンゴロウ、ユスリカの幼虫などが採取されました。特に写真のミズカマキリ、鎌をもたげる様は、まるでエイリアンのよう!

 7月24日(火)就職ガイダンス 

shuushokugaidannsu  夏休みに入り午前9時より図書室で3,4年次就職希望者対象就職ガイダンスが行われています。担当の先生方から夏休み中の就職活動についての説明があり、会社訪問に関連する一連の書類を確認、その後担任、副担任、各年次、進路指導部の先生方と相談しながら、履歴書下書きに着手。生徒達は自分の進路をしっかりと見据えながら、一字一句心を込めて履歴書を書き上げました。

 7月23日(月)広報おいはま紹介 

2018.7.23 先週金曜日に配布されたPTA広報「おいはま」を紹介します。今回で第109号となる広報「おいはま、巻頭は入学式の写真とPTA会長さんの挨拶で丁寧な英訳がついています。ページをめくると管理職の先生方の挨拶文が並び、職員紹介のページへと続きます。遠足のスナップをはさんでラストは将棋部の全国大会出場の記事。今年度版生浜高校の様子が手に取るように分かります。

 7月20日(金)夏休み前集会 

夏休み前集会 本日はSHR・大掃除の後夏季休業前集会が開かれました。会に先立って賞状伝達式・壮行会が行われ、全国大会出場を決めた将棋部女子チーム、定通文化大会で優秀な成績を収めたバスケットボール部、剣道部、陸上競技部、バドミントン部、卓球部に賞状やトロフィーが渡され、生徒から大きな拍手が送られました。全国大会に出場する選手のみなさん、健闘を祈ります!

 7月19日(木)サッカー部選手権7月29日(日) 木更津高校にて 

サッカー部選手権 サッカー部の顧問の先生よりメッセージです。「いよいよ雑草軍団の最終章が始まります!「12番目」の選手である皆さんの声援が、一番のエネルギーになります!3年間の全てを懸けた熱い戦いに、応援よろしくお願いします!! 3回戦千葉工業 対 横芝敬愛−日の出学園の勝者、7月29日(日)、12時15分より木更津 高校にて」。全力で走り抜け、生浜スピリット!

 7月18日(水)修学旅行説明会

修学旅行説明会 本日10時より体育館で1年次全日・午前午後部対象の修学旅行説明会が行われました。今年の1年生が修学旅行先として向かうのは、神戸・大阪・京都方面。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンまで徒歩1分のホテルに泊まり、神戸を散策して異国情緒を楽しむのもよし、そのままユニバーサル・スタジオ・ジャパンを満喫するのもよし。きっと、忘れられない思い出になると思います。

 7月17日(火)図書館だより2018夏号

図書館便り 図書館便り2018夏号、花火大会のイラストをまとって昨日発刊、3人の先生へのインタビューでは、先生方の思いもよらぬ高校生活が明らかになったり、意外な趣味が浮き彫りになったり。インタビューに登場した本の作者を挙げるだけでも横山秀夫、山ア豊子、浅田次郎から、吉本ばなな、藤沢周平、ファーブルまで、読み応えのある本ばかり。この夏、どれか一冊、読んでみませんか?

 7月16日(月)夏の高校野球3回戦、最終回意地のHR 1−5

2018.7.16 本日11時30分より袖ケ浦市営球場で、夏の高校野球3回戦、銚子商業高校との試合が行われました。銚子商業、選手も応援団も素晴らしいチームでした。 生浜、長打を出しながらも1点が遠かった!しかし最後にチームの誇りを乗せた意地の一発が出ました。この一発が必ずや次の一歩になるでしょう。 炎天下の中、熱い応援をありがとうございました。 生浜野球部、お疲れ様でした!!
◆特集記事はこちらから。

 7月14日(土)夏の高校野球2回戦、初回の5点の重み 7−4

2018.7.14 本日14時30分より、国府台球場で、夏の高校野球2回戦、京葉高校との試合が行われました。初回、相手のエンジンがかからないうちに電光石火のごとくたたみかけるように奪った5点が、最後に大きな意味を持ちました。終盤に追い込まれる場面もあり、流れを持っていかれてもおかしくない展開もありましたが、ここぞというときに集中してしっかりと守り切ったナインに脱帽です!
◆特集記事はこちらから。

 7月13日(金)生徒指導室前のトマト

プチトマト 答案返却2日目。7月も中盤にさしかかり、うだるような蒸し暑さの中の答案返却でしたが、たとえ思うような点数を残せなかったとしても、きちんと復習をして次の勉強に繋げていくことが出来れば、意味の無い点数などありません。生徒指導室前のプチトマトの赤に目を奪われました。この瑞々しさは、夏の暑さときちんと向き合ったからこそ獲得できた努力の結晶なのです。

 7月12日(木)夏の高校野球1回戦、流れを掴んで勝利 11−0

野球部試合 本日11時30分より、長生の森球場で、夏の高校野球1回戦、下総高校との試合が行われました。2回に先制点を奪い有利に試合を進め、5回6回に効果的な追加点。6回裏の満塁のピンチをしのいだ後、7回表それを勢いにして大量7点を奪取。試合の流れしっかり掴んだ見事な勝利でした。特に6回の裏の満塁のピンチを無失点で守り切った粘りに、チームの精神的なタフさを感じました!
◆特集記事はこちらから

 7月11日(水)ビジネス同好会活動報告 白旗七夕祭りに参加

白旗七夕祭り 7月7日土曜日、本校ビジネス同会のメンバーが白旗商店街、白旗公園で実施された白旗七夕祭りに参加しました。文字通り七夕の日に行われたこのイベント、主催は白旗町内会、白旗商店会、淑徳大学。生徒たちは商店街や地域の皆さん、また大学生と活動をともにすることで、教室で学習した商業の学習内容をビジネスの現場で自らが体感、現場ならではの様々な発見があったようです。

 7月10日(火)OIHAMA BLUE SKY 生浜の青は空の色かも

OIHAMA BLUE SKY 生浜高校のイメージカラーは昔から「青」。青というとすぐ思い浮かぶのは、サッカーワールドカップに出場した日本代表チームのサムライブルー。攻め続けた試合内容もさることながら、試合会場のゴミ拾いを欠かさず行ったサポーター、試合後ローカールームを驚くほどきれいにした上にロシア語で「ありがとう」というメッセージを残し黙って去って行ったスタッフ。誇らしかったです。

 7月9日(月)防災の意識を高める

雨上がる 家を出るときは晴れていたのですが、にわかに暗雲立ちこめ予期せぬ強い雨に。梅雨が明けたとはいえ、不安定な天気が続く今日この頃、西日本豪雨の被害のあまりの大きさに言葉を失っています。2015年9月18日早朝、集中豪雨で塩田川が冠水、あふれた水が本校南側の自転車置き場近くまで達しました。普段から防災意識をどう高めていくのか、真剣に考える必要性を感じます。
◆塩田川冠水の記事はこちらから

 7月6日(金)私の好きな、場所・ひと・もの・風景

私の好きな場所・ひと・もの・風景 全日制2年AB組の教室を通り過ぎるときにふと気づく小さなギャラリー。「私の好きな、場所・ひと・もの・風景」というタイトルのクラス作品集。色鉛筆だったり水彩だったり、生徒それぞれのスタイルで描きあげたマイ・フェイバリッツ、これが、どうにも、素敵なのです。犬だったり、ディズニーだったり、本校校舎だったり、消しゴムだったり。生徒たちの秘めた才能に脱帽です!

 7月5日(木)殻なし卵孵化、実験続く

殻なし卵孵化 理科課題研究の授業で、現在ウズラの殻なし卵孵化の研究が行われており、定時制の生徒たちが新たなアプローチに取り組んでいます。基本的には週2日の授業なのですが、佳境に入ってくると授業に関係なく生徒たちは生物教室に集まり、研究に没頭します。卵を手早く正確に処理していく技術はすでに一人前だそうです。世界的な技術を、生徒たちは自然に手に入れていきます。

 7月4日(水)淑徳大学生による基礎的コミュニケーション練習会

基礎的コミュニケーション練習会 月曜7限の時間、淑徳大学ボランティアサークル「しゅくとも」のメンバーによる「基礎的コミュニケーション練習会」が行われました。友達でもない、教員でもない、利害関係の無い「斜め」の位置にいる大学生。生徒たちはリラックスしたムードの中、安心して表情で、大学生と様々な内容について心置きなく話をしました。話すことに少しでも自信が付けばと思います。

 7月3日(火)ほけんだより7月

ほけんだより 今月のほけんだよりの特集は、熱中症に注意!昨年7月に熱中症で救急搬送された人は26702人、これは1日あたり860人の計算になります。熱中症とは高温多湿な環境に私達の体が適応できないことで生じる様々な症例の総称です。熱中症の症状から対策、応急手当の仕方、経口補水液の作り方まで、これを読んでおけば安心です。体調管理に十分気をつけながら夏を迎えたいですね。

 7月2日(月)全日制3年次フードデザイン調理実習

調理実習 本日5,6限全日制3年次のフードデザインのレシピは中華要理:焼売(シャオマイ)、炒麺(チャオメン)、粟米湯(スーミータン)。挽き肉に、玉ねぎをみじん切りにして片栗粉をまぶしたものとショウガのすりおろし、帆立フレーク調味料を加えてよく混ぜる。親指と人差し指で円を作り皮を置き、作った具材をのせて包み、並べて10分蒸すと、本格的なシューマイのできあがり!

 6月29日(金)生物部活動

生物部活動 本校中庭の一角は、季節ごとに色々な花が咲き、パンジーの色を上手く使ってメッセージが浮かび上がるなど素敵なパフォーマンスを堪能できます。その花の管理をしてるのが生物部。生物部はこの他にも、2階東側通路にあるハーブの世話の行っています。写真は1年生の水やりの風景。誰も見ていないところで行われる、こういった地道な作業が、花となって人の心を励ますのです。

 6月28日(木)ポスカってどんな味? 午前部1年次地理の授業

ポスカ 古代ローマ人が飲んでいたポスカ。授業ではまずこのポスカを実際に飲んでみることに。興味津々で味わうも生徒達は目をぱちくり。刺激臭、アンモニア、親父の両足の裏のにおいという痺れるような感想も!ベースはリンゴ酢とハチミツ。リンゴが育つ地理的な条件も視野に。時間と空間を自由に往復してポスカを捉えることで浮かび上がる、得も言われぬ欧州歴史ロマン!感動しました!

 6月27日(水)進路説明会

進路説明会 本日LHR・総合の時間を使い、卒業年次対象の進路説明会が行われました。進学希望者は、全般説明の後希望する大学・専門学校のコーナーを回り、個別の説明を受けました。就職希望者は視聴覚室に集まり、就職座談会に参加。昨年度本校を卒業して仕事に就いた先輩達の話を、生徒達は熱心に耳を傾けていました。立派な社会人となって来校した卒業生が、とても誇らしく思えました。

 6月26日(火)野球応援金管楽器パート練習

野球応援 高校野球の応援に向けた練習が始まりました。各クラスで野球応援に参加してくれる生徒を募り、現在昼休み音楽室でパート別練習が行われています。写真は、音楽室に集合した楽器部門の生徒達。トランペット、ユーフォニウム、チューバ等、金管楽器の各パートが勢揃い。梅雨空を吹き飛ばすような軽快なマーチが響き渡りました。立派な金管楽器のアンサンブルが期待できそうです。

 6月25日(月)演劇春季発表会

演劇部春季発表会 演劇部からのお知らせです。演劇部第9地区春季発表会に参加させていただきました。1年生には初めての、3年生には最後となる舞台、大きな失敗もなく終わることができました。どの学校もクオリティの高い劇ばかりで、今の私達には足りないものを学べるよい機会となりました。次の秋季大会では、最高傑作を披露させていただきます。是非千葉市南部青少年センターまでお越しください。

 6月22日(金)おひさままたあした

おひさままたあした 先日このコーナーで紹介させていただいた、集団圧力が辛くなったとき、安心して一休みできる空間、ライトルーム。この部屋の新刊本の紹介です。「おひさままたあした」というタイトルの写真詩集。ほんのりとした孤独感と優しさとあたたかさに包まれた詩。詩とシンクロしたクローバーやブランコ等の写真は、いつまでも眺めていたい!明日もまた、おひさまに会えるんですね。

 6月21日(木)開かれた学校づくり委員会

開かれた学校づくり委員会 本日13時30分より、委員の皆様にお越しいただき、開かれた学校づくり委員会が開催されました。本校の現状説明として、教務部、生徒指導部、進路部の説明があり、その後意見交換が行われ、委員の皆様から活発なご意見を頂きました。話し合いの中でいただいた貴重なご意見を、今後の教育活動に活かしていきます。本日はお忙しい中ご参加いただき、本当にありがとうございました。

 6月20日(水)面談週間3日目

面談週間 保護者面談週間3日目。生徒の将来について、今抱えている悩みについて、保護者から直接お話を伺える貴重な機会です。1日10人以上の保護者の方と面談することもあります。この際顔面の筋肉の痙攣が発生することがありますが、気力で乗り越えられないことなどありません。保護者の方々からいただいたご意見は、より充実した教育活動を実践するための貴重な道しるべです。

 6月19日(火)ライトルームの風景

ライトルームの風景 集団圧力が辛くてどうにもならなくなったとき、安心して一休みできる空間がライトルーム。この部屋を訪れた生徒は、しばしここで心の疲れを癒やした後、授業へと戻っていきます。少しでも心の癒やしになればと思い、色々本をそろえました。犬や猫の写真集から、ネイティブアメリカンの言葉、「君たちはどう生きるか」、絶景と運命を変える言葉等。正直言って自分が癒やされます。

 6月18日(月)殻なし卵孵化研究取材

殻なし卵孵化見学 殻なし卵孵化研究に対する世界規模の問い合わせが続いています。本日米軍基地の中にある学校の先生2名と通訳係の生徒さん2名が、本校生物教室を訪れました。同様の実験と観察を学校に持ち帰って是非行いたいとのこと。日本全国にとどまらず、今や世界各地で殻なし卵孵化の実験が行われるようになってきました。「生きる」ことを肌で感じることができる授業なのです。

 6月14日(木)SARI SARI STORE OPEN 夜間部国語表現授業紹介

SARI SARI STORE OPEN「ここ生浜高校(国語表現)の授業で私達はタガログ語&日本語を学んでいます。そしてタガログ語をもっと知ってもらうためにSARI SARI STORE(小売店)をOPEN!興味のある方は是非ご来店ください。」チラシより抜粋。 フィリピンの屋台を完全再現!グスト コン ブミリ ナン イト(これを買いたい)。教えてもらったてフィリピノ語を使って、お菓子とコーラを買いました。
◆特集記事はこちらから

 6月13日(水)思春期講習会

思春期講習会 本日行われた思春期講習会のテーマは「傷ついた体験から立ち直るためには」。傷つき体験から立ち上がっていくために必要なのがリソース(褒められた体験、楽しかった体験等)。ひとりだけ違うシールが貼ってある先生を、なんとか関連付けて仲間に入れてあげるグループワークは、誰かを助けてあげる体験そのもの。自然と、力まずに、誰かのリソースになりたいです。

 6月12日(火)物理基礎・保健室コラボ授業A

物理基礎・保健室コラボ授業 物理基礎と保健室のコラボ授業、今日は3,4時限目。写真左のグラフは「熱中症による都道府県別救急搬送状況(平成29年度)。よく見ると平均気温が高く熱中症が多いはずの沖縄が少ないことに気づきます。ここで「人口10万人当たりの緊急搬送人数」のグラフが登場。これだと沖縄の値が高いことが見て取れます。物事を多面的に見ることが大切。これが今回の主題のひとつなのです。

 6月11日(月)物理基礎・保健室コラボ授業@

コラボ授業 本日5,6限の物理基礎の時間、物理基礎+保健室コラボ授業が行われました。5限に物理担当の先生から「気化熱」についての講義。日常生活と結びつけながら、人体と気化熱との関連について具体的に学びます。6限に保健室の先生によるパワーポイント使った熱中症解説。奇しくも部活動に参加している生徒が多く、先ほど学んだ理論が実生活の中で浮かび上がるのをを実感しました!

 6月7日(木)サッカー部総体予選結果

サッカー部総体予選結果「一進一退の展開は、延長でも決着がつかず PK戦へ。本校は全員成功に対し、GK・齋藤宥 太(2B)が渾身のセーブで勝負有り! 1次T代 表決定戦へ進出し、先月の関東大会予選で大 敗を喫した千葉明徳との再戦です! 生浜プラ イドをかけて、決して同じ轍は踏まない!!」。以上先週土曜日の顧問の先生からのメッセージでした。

サッカーベスト32進出「前戦の大敗から1ヶ月。2回戦を突破 し、リベンジの機会を得ました。 結果は連敗となりましたが、内容は 十分に渡り合うことができました!県ベスト32の自信と経験を励みに、 雑草軍団は総決算の夏へ向かいます!!」。奇しくも関東大会予選で大敗を喫したチームとの再戦となったこの試合、雑草軍団、死に物狂いでボールを追ったのだと思います。ベスト32、胸を張ってください!

 6月6日(水)ほけんだより6月

ほけんだより6月 虫歯予防デーの復習をするがごとく、今回のほけんだより6月号、特集は、歯磨きについて。歯と口って、食べ物を食べたり飲んだりするだけでなく「表情をつくる」「からだの姿勢やバランスを保つ」などの役割を担っているんですね。歯磨きのポイントや歯垢の取り除き方、ブラシの当て方を歯によって変えるなど、役に立つ情報が満載!何歳になっても、自分の歯でご飯を食べたいですね。

 6月5日(火)殻なし卵孵化研究、更なる飛躍へ

殻なし卵孵化 各分野の最先端の研究者からの取材申込や問い合わせが後を絶たない殻なし卵孵化研究、先日は北海道大学の名誉教授と、労働省に勤務され青年の船などを担当されていた方が来校され、教育現場ならではの独自の技術を見学されました。さらにご厚意でこの研究をイギリスの研究誌に送っていただけることになり、殻なし研究は更なる高みへと向かっています。

 6月4日(月)コミュニケーション練習会

コミュニケーション練習会 本日淑徳大学ボランティア団体「しゅくとも」のみなさんが来校しました。本校には様々な事情で中学時十分登校出来なかった生徒が多く通っています。こういった生徒が自信を持って学校生活を送れるよう、大学生のみなさんに話を聞いていただいたり相談にのっていただきました。生徒たちのこの笑顔が今日の全てを物語っています。しゅくとものみなさん、本当にありがとうございました。

 6月1日(金)しほた祭実行委員会

しほた祭実行委員会昨日の昼休み、第1回しほた祭実行委員会が開かれ、しほた祭の企画についての分担等が行われました。本校の文化祭は、地名にちなんで「しほた祭」と呼ばれ、本年度は10月27日土曜日に一般公開され、多くの一般客が訪れます。校長室入り口脇に展示してある、爪楊枝を一本一本さして作ったフェルメールの絵やペーパークラフトで作った超リアルな水族館など、内容が充実しています。

 5月31日(水)サッカー部総体予選 今週末!

サッカー部総体予選「雑草軍団が総体予選県大会に出場。 関東大会予選大敗の現状を見つめ、初心に 帰って取り組んできた結果を出します! 「12番目の選手」である皆さんの声援が 一番のエネルギーです!会場はホームの 生浜高校! 熱い応援をお願いします」。サッカー部の顧問よりメッセージが届きました。この言葉に負けないくらいの、気持ちのこもった練習を重ねてきた雑草軍団の、健闘を祈ります!

 5月30日(水)家庭科部活動

家庭科部活動 夕方の職員室、どこからともなく、香ばしいいい香りが漂ってきたのを感じ、振り返るとそこに家庭科部の部員達が。今日は4人でマカロニグラタンを調理。ホワイトソースから作成し、マカロニとからめてオーブンで焼いて。「とろみをつけるまでじっくり煮込むところが苦労しました。お皿にバターを塗るのが楽しかったです!」おいしそうな写真を見ているだけで、おなかがすいてきました!

 5月29日(火)5月のバラ(黄色)

5月のバラ 前期中間考査が終わり、答案返却が行われています。一生懸命に勉強したのに残念ながら結果に結びつかなかった生徒、中学校時代には取ったことがないほどの高得点を取り、信じられないという顔をしている生徒、答案返却の風景は、悲喜こもごもです。しかしどんな結果であろうと、きちんと次に繋げていくことができたなら、失敗など存在しないのです。写真は生徒指導室前のバラです。

 5月28日(月)淑徳大学福祉団体「しゅくとも」との打ち合わせ

しゅくとも打ち合わせ 本日午後3時、淑徳大学学生ボランティア団体「しゅくとも」のメンバー4人が本校を訪れ、「基礎的モミュニケーション練習会」の打ち合わせをしました。本校に頑張って通っている不登校経験者が、横の位置にいる友達でもない、縦の位置にいる親や教員でもない、「斜め」の位置にいる大学生といっしょにのんびり話をする企画です。不思議なことに、気持ちが解放されていくのです。

 5月25日(金)金曜日はSC・SSWがそろう日

スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカー 金曜日はスクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーふたりがそろう日。様々な状況で困難を抱えている生徒に対して、スクールカウンセラーは心理療法的な見地から、スクールソーシャルワーカーは、社会福祉的見地から、相談されたケースについて分析・検討を加え、慎重に意見交換を行い、最も適切な機関・制度に繋ぎ生徒を支援していきます。子ども達を救う最強の味方です。

 5月24日(木)5月のバラ

5月のバラ 駐輪場脇の満開の桜の花から、玄関前で風に揺れる色とりどりのチューリップへ。チューリップから生徒指導室前のラベンダーへと、絶えることなく花のバトンが引き継がれていきます。この時期、生徒指導室前、一本だけバラが咲きます。今年は咲くのだろうかと一抹の不安がよぎる中、木の陰で隠れるように咲くバラを見つけたとき、ほっとすると同時に心が満たされました。

 5月23日(水)前期中間考査と殻なし卵研究

殻なし卵研究 前期中間考査が続きます。1年次の生徒にとっては不安でいっぱいの日々が続きますが、一歩踏み出す勇気を持って、立ち向かっていって欲しいと思います。写真は最新の殻なし卵孵化。更に新しい仮説が検証されています。殻なし卵孵化研究は本校で教えている田原先生が40年以上も前に始められた研究です。40年の試行錯誤を経てたどり着いた高見は、ため息が出るほど美しいです。

 5月22日(火)スクールソーシャルワーカー事例研究会

スクールソーシャルワーカー研修会 本日15時より、本年度より本校に勤務されているスクールソーシャルワーカーの先生を講師にお迎えし、事例研究会が行われました。生徒を取り巻く様々な環境に対して、スクールソーシャルワーカーは家庭の垣根を超えて問題の解決へとしかるべき機関・制度に繋いでくれます。福祉分野に疎い教員としては大変心強いです。本日の研修で学んだ知識をすぐにでも活かしていきたいです。

 5月21日(月)虫歯にならないための3つの基本

保健室前 今日の夕方、保健室前を通り過ぎたとき、 生徒と保健室の先生が学校保健ニュースを張り替えている風景と再度出会いました。人の目に触れないところで行われる係の地道な努力が学校を支えます。今回はさらにこの生徒がボランティアで作った作品を紹介します。虫歯にならないための3つの基本。これはためになります。健康で文化的な生活を送るために、是非実行しようと思います。

 5月18日(金)PTA合同委員会

PTA合同委員会 本校PTAには、広報委員会、研修委員会、学習支援委員会という3つの委員会があります。本日はその3つの委員会のメンバーが全員集まる合同委員会が開かれました。会に先立って先日行われたPTA総会の冊子の製本が行われ、その後3つの委員会に分かれて今後の活動予定を話し合いました。新しいPTA役員のみなさん、今後とも、どうぞよろしくお願いします。

 5月17日(木)進路ガイダンス

進路ガイダンス 昨日の1年次のLHR・総合の時間は「仮想体験ワークショップ」。すごろくの人生ーゲームを行う中で、正社員とフリーターの収入差を実際に体験し、年代を経ていくにつれ、最終的にどのような収入・支出があるかを学んでいきます。基本的にはサイコロを振って進んでいくすごろく形式なので、生徒はゲーム感覚で大いに楽しみながら、人生の機微を学びました。
◆特集記事はこちらから

 5月16日(水)生徒総会

2018.5.16 本日7限目、体育館において生徒総会が開かれました。議決に必要な参加生徒数確認の後、議題へと進みました。29年度行事、会計報告、30年度会計予算案、委員会活動報告、最後にしほた祭テーマ募集についての報告があり、総会は滞りなく終了しました。生徒会・各委員会委員長のみなさん、お疲れ様でした。自分たちの学校生活を自分で形作る大切さを改めて実感しました。

 5月15日(火)登校指導

全校一斉登校指導 本日朝より、全校を挙げての登校指導が行われました。朝の登校時、全職員が昇降口前に立ち、声かけとともに登校マナーや身だしなみの確認を行います。社会に出て立派に通用するマナーを身につけ、責任ある市民としての自覚を促し、ひいてはそれが自分の進路の可能性を広げることに繋がります。自分らしさは、自分の心の内側にあります。輝かせるべき場所は、そこなのだと思います。

 5月12日(土)PTA総会

PTA総会 本日は月曜日課でPTA総会。午後1時より進路説明会、休憩をはさんで午後2時10分より総会がスタート。事業報告や予算案、役員選出が滞りなく行われました。写真は今回で退任される役員のみなさん。役員のみなさんがこのホームページを全力で応援し続けてくれたからこそ、ここまでやってこれました。この場を借りて感謝の意を表します。長い間、ありがとうございました。
◆特集記事はこちらから

 5月11日(金)中庭の像

中庭の像 中庭の中央に立っている少女と少年の像。5月の青空を背景に、空に向かって手を広げる姿を見ると、後押しされている気持ちになります。連休が終わり授業が続くこの時期、気持ちの疲れを感じることもあると思いますが、焦らず、慌てず、一歩一歩進んでいって欲しいと思います。像を包むように咲くのは、ツツジでしょうか、サツキでしょうか。どなたか教えていただければ有り難いです。

 5月10日(木)ウーパールーパー里親募集中

ウーパールーパー里親募集中 本校生物教室で観察のために飼育されているウーパールーパー。今年度2月に産卵、3月に孵化、現在、もうすでに生徒にもらわれていった分を引くと15匹ほどのウーパールーパー元気よく泳ぎ回っています。先日遠足で出むいた八景島シーパラダイスの水族館でも思ったことなのですが、水中に住む生物たちの独特かつチャーミングな佇まいには、思わずワクワクさせられてしまいます!

 5月9日(水)殻なし卵孵化

殻なし卵孵化 4月28日(土)、本校生物教室に鳥類発生研究エキスパートが集結。筑波大学田島先生、農業生物資源研究所内藤先生、そして中国農業大学の李先生です。担当の田原先生が、よくもここまでの研究者がそろったものだと感心するほどの優れた研究実績の数々。教育現場ならではの殻なし孵化実験全方向可視化、授業で生徒が使う独自の技術等について、和んだ中にも熱い議論が交わされました。

 5月8日(火)ほけんだより5月

ほけんだより2号「…次々と続く出来事をこなしているうちに、新年度が始まって1ヶ月が過ぎました。そろそろ心と体の疲れが出てくる頃です。疲れを感じたらまず生活もリズムを整えることから始めてみましょう。いつもより30分早く寝る、湯船にゆっくりつかるなどなど。あわせて自分なりの「癒やし」を見つけられると良いですね。」以上ほけんだより5月号から抜粋。今晩は30分早く寝てみます。

 5月7日(月)将棋部全国大会出場決定!

将棋部 昨日教育会館で開催された千葉県総合文化祭将棋大会・第54回高校将棋選手権千葉県大会に生浜高校将棋部女子チームが出場し、激戦をくぐり抜け県立薬園台高校、市立千葉高校を破り、県立千葉高校に敗れはしたものの、見事団体戦準優勝を果たし、夏休みに長野県で開催される全国大会への出場を決めました。写真は団体戦準優勝メンバー。誇らしいです!健闘を祈ります!

 5月2日(水)遠足

遠足春らしい暖かな1日となった本日の校外学習、1年次は、横浜の八景島シーパラダイス。海の生物の多彩さは、驚くばかりです。2年次は羽田・上野方面。修学旅行の練習をかねて羽田集合、上野を目指します。3年次はディズニーランド、青空に映えるお城が目に浮かびます。4年次はキボール。最新のプネタリウムで異次元体験です。生徒達は友達との非日常を満喫しました。
◆特集記事はこちらから

 5月1日(火)サッカー部関東予選

サッカー部関東予選「県ベスト32の壁の前に完敗でした。 しかし、相手との実力以前に、自分達の為すべき事を為してきたか?準備なくして結果はついてこない! 自分達で掴んだ県大会のチャンス、総体予選では必ずリベンジします」。以上顧問より。試合結果をどう次に繋げて活かすのか。この部分に本気で取り組んだものが、真の勝者になり得るのだと思います。総体予選、健闘を祈ります!

 4月27日(金)中庭のベンチ

中庭 ゴールデンウィーク前の最後の授業となりました。新年度が始まってはや3週間、みんな新しい環境に慣れるために頑張ってきたのだと思います。この辺で一息入れて、疲れた身体と心を休ませてあげてください。写真は本校中庭の様子。季節によって色とりどりの花が咲き、心安まる空間を与えてくれます。緑に囲まれたベンチに座るだけで、疲れが癒やされていくのを感じます。

 4月26日(木)フードデザイン調理実習

フードデザイン教育実習 本日午後3時頃、管理棟1階を歩いていると、どこからともなく甘いいい香りが漂ってきて、その香りに導かれるままにたどり着いたところは調理室。フードデザインの授業で調理実習が行われていました。今日のレシピは、ホットケーキとイチゴジャム。ホットケーキのとろけるような甘い香りと、イチゴジャムの甘酸っぱさが溶け合って、調理室は幸福感に包まれていました。

 4月25日(水)女子バレー部総体予選 

女子バレー部総体予選 どの部活動もちょうど関東予選が終わり、試合の分析を行い次の総体予選の戦い方を組み立てている頃。本校女子バレー部も6月2日土曜日・日曜日にかけて行われる総体予選に向けて始動しました。日々の練習によって培われたスキルと、ともに心を一つにして困難に立ち向かってきたプライドを胸に、最後の一戦に臨みます。会場は生浜高校体育館。かつてない高みに向かってジャンプ!

 4月24日(火)心を強くする 

心を強くする 保健室前を通り過ぎたとき、たまたま 保健委員と保健室の先生が学校保健ニュースを張り替えていたので、今日はその写真を。学校保健ニュース、いつも子ども達の心に温かいメッセージを届けています。今回は心の話。心って、難しいですね。一番分かっているようで一番謎。強い心というのは、ものすごくよくしなる、柔らかい心のことかもしれません。心を大切にしたいですね。

 4月23日(月)サッカー部関東予選 

2018.4.23 現在様々な部活動で関東大会予選が行われています。年度が替わり新たな後輩が加わって心機一転のチャレンジ。写真は来週行われるサッカー部の試合の案内。毎回サッカー部の顧問の先生が心を込めて作成されています。「雑草軍団」が関東大会予選に出場! 冬の新人戦県大会ベスト32進出チーム のみが出場できる大会です。自分達で掴 み取った大会で、今一度「生浜旋風」を吹 せます!! 。

 4月20日(金)玄関前のフリージア 

フリージア 新学期が始まって2週間が過ぎました。特に新1年生にとっては慌ただしい日々だったことでしょう。新しい環境での新しい出来事は、時に喉ごしが悪いかもしれませんが、今体中が色々なことを吸収してしているのだと思います。写真は職員玄関前に咲いたフリージア。春の日差しと命の恵みの雨を体中浴びて、毎日数ミリずつの生長を積み重ね、ご覧のような見事な花を付けました。

 4月19日(木)地学基礎の授業 

地学基礎の授業 担当の先生の合図で一歩一歩踏みしめるかのように歩き出す生徒達。ウォーキングの授業ではありません。ゴールポストからフィールドコーナーの距離を求め、その距離と緯度差から地球の大きさを求める壮大な実習です。各自の歩幅は計測済み。このようなやり方でエラトステネスや伊能忠敬は地球の大きさを測り驚くほど正確な地図を描きました。その偉大な業績を、生徒たちは辿ります。

 4月18日(水)日本語基礎の授業始まる 

日本語基礎の授業始まる 日本語基礎の授業が始まりました。今年度は水曜日3,4限と7,8限が英語ネイティヴの生徒用アドバンスト英語、5,6と7,8限が日本語基礎というシフトで、外国につながる生徒達を重層的にサポートしていきます。通常日本語の授業を行う際、母語の使用は禁じられますが、日本語基礎の授業は違います。母語を大切にして、使える言語を柔軟に用いて教え合うスタイルの授業なのです。

 4月17日(火)ライトルームのソファー、リニューアル 

ライトルーム ライトルームのソファーがリニューアル!スクールソーシャルワーカーの先生が素敵なカバーを持ってきてくれました!本校では中学時色々な事情で学校に通うのが難しかった多くの生徒が、学び直しとして通っています。ライトルームというのは、そのような生徒にとっての憩いの場。ライトルームのソファー周辺が以前より素敵になり、より居心地のよい空間になった気がします!

 4月16日(月)中庭の風景 

中庭の風景 毎日のように続いていた集会や検査もこの辺で一段落。しばらく平常授業が続きます。生浜高校では必要に応じて自由に科目を選択できるので、時に先輩と一緒に学んだり、時にマンツーマンに近い状況での授業だったり、教室に行って初めて知るサプライズもあります。いずれにせよ担当の先生が分かるまでかみ砕いて教えてくれますので、納得するまで質問をしてみたらいかがでしょう。

 4月13日(金)離退任式 

離退任式 本日午後1時から、体育館において離退任式が行われました。この春異動された8名の先生方がお見えになり、生浜最後のメッセージを生徒たちに伝えました。クラス担任として、授業担当として、部活動の顧問として、あるいは相談相手として、影になり日向になり生徒達を支えてくださった先生方。生徒たちはお世話になった先生方の話に、真剣に耳を傾けていました。

 4月12日(木)インターネット講習会 

インターネット講習会 本日、講師の先生をお招きしインターネット安全教室がが行われました。ネット依存の恐ろしさ。簡単に情報をアップすることの危険性。言葉だけをたよりにした、ネットでのコミュニケーションには、だからこそ細心の注意を払う必要がある。自分についてはどうなのか随時問いかけながら、ネット問題について学ぶことが出来ました。大変有意義な講演会でした。

 4月11日(水)進路ハンドブック説明会 

進路ハンドブック説明会 オリエンテーション2日目、今日は全日制・定時制・部によって異なりますが、内科検診、聴力検査、写真撮影、進路希望調査及び進路説明会などが行われました。こうして少しずつ学校に馴れていきます。写真は食堂で行われた1年次午前部の進路ハンドブック説明会。自分の未来に向けての方向性を模索するべく、生徒たちは担当の先生の話に、真剣に耳を傾けていました。

 4月10日(火)X線撮影 

X線撮影 入学式を終えて休む間もなく、1年生はプレテスト、心電図・X線検査を受けたりフル稼働。クラスメイトの顔もまだ分からなかったりするなど、新しい環境に慣れるまで、もう少し時間がかかると思いますが、ひとつひとつのことを一生懸命やっているうちに、いつの間にか馴染んでいる自分に気づくはずです。大丈夫。焦らずにいきましょう。写真は生徒昇降口前のX線検診車。

 4月9日(月)入学式 

入学式 4月9日月曜日、体育館において、平成30年度第41回生浜高等学校入学式が行われました。全定合わせて277名が、本日新たに生浜高校の生徒の一員となりました。縁あって、今、この生浜高校でともに学ぶことになった全ての人たちとの出会いを大切にしながら、時に悩み、時に迷いながらも、顔を上げ、胸を張り、自分の信じる道を堂々と歩んでいってほしいと願います。

 4月6日(金)新任式・始業式 

新任式・始業式 新年度初日。生徒達にとって久々の登校となりました。保健室前ハーブガーデン、玄関前の植え込みのチューリップやパンジーが、やわらかい日差しを浴びて、新しい高校生活を祝福するかように輝いていました。11時より新しい先生方を迎える新任式と始業式。明日には新入生も加わります。気持ちを新たにして、共に支え合いながら、この1年を過ごしていけたらと思います。

 4月5日(木)昇降口脇の水仙 

水仙 明日、新任式・始業式が行われます。新しい環境での1年が、また始まります。環境が変わることは誰にとってもある種の挑戦ですす。楽しさよりも漠然とした不安を感じることもあるでしょう。できることなら、ここで、少しだけ、勇気を持って、一歩踏み出していければと思います。実際にやってみると、思ったより楽だったと思えることも少なくありません。写真は昇降口前の水仙です。

 4月4日(水)2階東側連絡通路のベンチ 

2階東側通路のベンチ前装飾 本日も、新年度のスターに向けての準備が進められています。2018年を充実した1年にするために、様々な新しい計画が実行されます。写真は2階東側連絡通路のベンチ前の装飾の様子。ベンチに腰掛けるとちょうど植物が目に入ります。植物は生物部が世話をしており、この日は植物を置く台の装飾が行われました。座るだけで気持ちが安らぐ素敵な空間となりました。

 4月3日(火)チューリップ 

チューリップ 4月3日、始業式に向けての準備が進められています。南側駐輪場付近の桜は見ごろを過ぎましたが、まだ校内の至る所が春色で輝いています。見所は保健室前と玄関前で優しく風に揺れるチューリップ。夕日に映えるその美しさはまるでバラのよう。同じチューリップでも光の差し込み加減で、全く違った色合いを帯びるのです。こういった違いを味わえる、心の余裕を持ちたいですね。

 4月2日(月)春爛漫 

春爛漫 新年度初日。生浜高校の職員室は大職員室なので、今日は終日至る所で片付けと机の移動。1年間見慣れた風景も今日が見納めです。これまでお世話になった多くの先生方へに感謝の気持ちと、新たな年度に向かう高揚感が交錯し、胸がいっぱいになります。新しい体制でのチーム生浜、今年もよろしくお願いします。写真は食堂前の八重桜。眩いばかりの春色に勇気づけられました。

 3月27日(火)塩田川 

塩田川 生浜高校は、千葉市中央区塩田町にあり、そのすぐ脇を塩田川が流れています。本サイトでも季節によって表情を変える塩田川の様子を頻繁にアップさせていただいています。本日朝早く、塩田川の周辺を散策しました。川沿いに見事な桜の木があり、それが川面に映る校舎と並ぶ春らしい風景と出会いました。本サイトのトップページでも紹介しています。どうぞご覧ください。

 3月26日(月)春の彩り 

クロッカス 春休みに入って数日が経ちました。寒さに身を縮めながら、春の兆しを見つけようと校庭を探し回った日々が、懐かしく思い起こされます。モノトーンの冬の風景にも、包み込むような優しさが感じられましたが、今の、あちこちでオレンジや黄色の花が咲き始める感動は、春ならではのものだと思います。寒さをくぐり抜けたからこそ醸し出される花びらの色には、力があります。




















































生浜NOW


 学校生活 TOPICS
桜b

桜ainformation店舗情報

千葉県立生浜高等学校

〒260-0823
千葉市中央区塩田町372
TEL.043-266-4591
FAX.043-264-8636
→アクセス

banner6

 前   期

前期始業式
入学式
離・退任式
オリエンテーション
実力テスト(1年)
進路希望調査
防災安全指導
進路説明会(3,4年)
一斉委員会
定期健康診断

定期健康診断
生徒総会
進学模試・就職模試
遠足
小論模試・進路説明会
PTA総会
保護者進路説明会

前期中間考査
教育実習
保護者面談週間
就職・進学座談会
転入考査(三部制)

就職ガイダンス
就職模擬面接指導
進学模試・就職模試
履修ガイダンス
スポーツデー
就職・進学ガイダンス
中学生高校体験入学
秋季入学者選抜
就職・進学ガイダンス
就職ガイダンス
前期期末考査
転入考査(三部制)
文化祭
秋季卒業式
 後   期
10 前期終業式
秋季入学式
後期始業式
教育実習
進路説明会(1年)
進路先見学会(2年)
進学模擬面接指導
11 生徒会役員選挙
12 修学旅行(沖縄)
後期中間考査
履修ガイダンス
転入考査(三部制)
履修登録
卒業年次考査
卒業年次家庭学習
前期選抜
後期選抜
卒業式
後期期末考査
後期終業式
転編入考査(三部制)