本文へスキップ

全日制・3部制の定時制  千葉県立生浜高等学校

button1button2button3button4button5button6button7button8

学校生活  生浜NOWoihama now

5月26日(火)明日13時より「ライムライト」が放映されます 

ライムライト 先週の水曜日が「独裁者」そして臨時休校の最後の週になるであろう今週が「ライムライト」。なんだこの傑作の連発は!NHKが臨時休校中チャップリンの作品を見せて、登校に不安を持つ生徒達の心に潤いを与えようと狙ったのではと勘ぐってしまう。制作・監督・脚本・主演・音楽、チャールズ・チャップリン。私のヒーロー。物語と溶け合った自作の音楽が、手に負えないほど美しい!

5月25日(月)学校再開に向けての登校日 

全日制登校日 本日より、学校再開に向けての登校日が始まります。課程、部に分かれての分散登校となります。今日は全日制の生徒が登校。クラス別に時間をずらして食堂に集まり、写真のように席を離して着席、回収物を集めたり今後の日程の説明などが行われました。明日は1,2年午前午後部、27日は3,4年午前午後部、28日は夜間部の登校となります。生徒のみなさん、お帰りなさい。

5月22日(金)新1年次ウェブオリエンテーション 

ウェブオリエンテーション 入学式に出席した後、そのまま臨時休校となり4月5月を自宅で過ごす。新1年生にとってみれば、不安な日々が続いていることと思います。ようやく登校再開に向けての準備が始まりました。登校再開に向けて少しでも不安やストレスの解消なればと考え、ウェブオリエンテーションをアップしました。この後担任・年次主任の似顔絵のカットが加わります。お楽しみに!
◆ウェブオリエンテーションはこちら

5月21日(木)ほけんだより臨時号紹介 

ほけんだより臨時号 ほけんだより臨時号本日発行。これまでもコロナ感染対策として、@人との距離を取る A手洗いの徹底:特に共有部(ドア、ボタン等)に触れたら必ず手を洗う Bマスクをする(’飛沫感染防止・自分の鼻や口に手で触らないようにするため)ことの大切さをお知らせしてきました。今回も非常に重要な内容です。是非お読みください。イラストも似顔絵も養護の先生製作です!これも必見!
◆ほけんだよりはこちら

5月20日(水)チャップリンの「独裁者」NHKBSで放映 

独裁者 本日NHKBSPで、映像作家チャールズ・チャップリンの「独裁者」が放映されます。見て分かるとおり、ナチスのヒトラーのまねです。映画作家の全精力を傾け、ヒトラーをおちょくりにかかります。そしてラストではアドリブで、当時実際に戦争で傷ついた世界中の兵士や人々に「希望を捨ててはいけない」というメッセージを送る。この気高さを、一体どう表現すればいいのだろう!?

5月19日(火)1年次対象ウェブオリエンテーション現在作成中! 

 新1年生にとっては、コロナ感染対策に基づいた入学以来臨時休校が続き、この先どうなるんだろうという不安を感じている生徒も少なくないと思います。現在、登校再開に向けて、様々な準備が行われています。写真は現在進行中の「新入生ウェブバーチャルオリエンテーション」用の1枚。担任の先生方からのメッセージ、バーチャル校舎案内等、21日を目安に完成予定!
◆第1弾完成。閲覧はこちら

5月18日(月)読書シリーズL 水上勉 「飢餓海峡」 

飢餓海峡 函館と青森を結ぶ青函連絡船が、暴風雨の直撃を受けて遭難。海岸に打ち上げられた遺体の数が、ふたり多かった。函館署の刑事の執念の捜査が犯人を追い詰める。戦後の混乱期、貧困に喘ぎながら必死で生きていく人々の姿を追う社会派ミステリー。恩人であるはずの人の命を奪わなければならなかった、どうしようもない悲劇は砂の器と同じ。本日13時よりNHKBSPで映画版放映。必見!

5月15日(金)物理基礎授業リハーサル:自由落下運動の実験 

物理基礎授業リハーサル 1円玉と羽根、同時に落下させるとき、どちらが先に落ちるか。この問いの答えはおそらく全員一致でしょう。1円玉が先。空気抵抗が原因になっていると考えられます。ならば空気がなければ1円玉と羽根は同時に落ちるの?本当に?これを証明するため、大きなチューブに1円玉と羽根を入れ、ポンプで空気を抜き真空にして、落下させてみます。見事に同時!マジックみたい!

5月14日(木)ちば・生浜歴史調査会 生浜地域誌第52号 

生浜地域誌 ちば・生浜歴史調査会より「生浜地域誌」52号が届きました。昨年地域の清掃活動を行う直前に、かつて塩田川の向こう側に存在した「浜御蔵」について講義をしていただきました。その後清掃活動を実施。江戸時代外国船を迎え撃つために、ここに砲台があった。そう思いながら地域を歩くと、これまで単なる通学路だったところが、たちまち歴史のロマンに包まれるのを感じました。

5月13日(水)読書シリーズK 松本清張「砂の器」 

砂の器 松本清張の描くミステリーのすごいところは、主人公と時代背景の絡み方が実にリアルなところ。主人公が時代に翻弄され徐々に追い込まれていく様子を丹念に描く中で届けられる、時代へのメッセージ。砂の器の場合、背景にあるのは「ハンセン氏病」に対する差別。キーワードは「ズーズー弁」。東北地方以外に「ズーズー弁」と音韻が非常に似ている方言が、一カ所だけあるのです。

5月12日(火)負けるな・・・! 花の名前が違っていました!

雑草 映画作家チャールズ・チャップリンの代表作「ライムライト」のラストシーン、心臓発作で倒れたカリベロの言葉。「私は老いた雑草だ。刈られても刈られても、また頭をもたげる」。校舎南側駐車場の、アスファルトの隙間から芽を出しここまで成長した紫の花。置かれた場所がどこだろうか、懸命に咲く姿に心を奪われました。イエローライン上だから車も大丈夫!負けるな雑草!

※花の名前が違っていました。どなたか教えていただければ幸いです。
※マツバウンラン(松葉雲欄)ではないかという情報をいただきました。アメリカ原産で1941年京都で初めて採取されたものだそうです。この花に一層興味と愛着がが湧いてきました。貴重な情報、どうもありがとうございました!

5月11日(月)中庭のオブジェ 

タンポポ 中庭で見つけたタンポポの種。地上15センチの高さで撮ってみました。写真ではよく見えないのですが、中心から同じような形をした柔らかそうな繊維が、外側に向かって幾何学模様のように幾重にも重なり合い、見事な球を作っていく。自然が構築した立体オブジェ。美しい。この後種子は、春の風に揺られながら、街の風景を上空から楽しみながら、新しい住処へと旅に出るのです。

5月8日(金)カビが生えない無精卵の秘密 

殻なし卵孵化研究 これをご覧になっているみなさんにとってはおなじみの、卵孵化研究の画像、でも今回は通常と異なる点があります。無精卵なのです。無精卵なので誕生への流れがストップし、普通ならカビが生え腐ってくるのですが、これ、何日目だと思いますか?12日目。なぜカビも生えないし綺麗なのか。これが、白身の抗菌性です。この性質が、殻なし卵孵化の生命の躍動を支えているのです。

5月7日(木)この花はサツキなのか、それともツツジなのか 

ツツジ 校門を抜けて南側の自転車置き場の方へ向かうと、今校内で一番色鮮やかなスポットが眼前に現れます。特に今日のような五月晴れの空の青とこの濃いピンクのコンピネーションの鮮烈さは息をのむほど。たとえコロナがはやろうとも、地震に襲われようとも、台風が上陸しようとも、手つかずの大地の匂い立つような美しさは、それらを軽く凌駕する!ところでこれはサツキ、それともツツジ?

5月1日(金)読書シリーズJ 村上もとか「JIN」 

仁 今ドラマ再放送中の「JIN」。江戸時代にタイムスリップした医師、南方仁が、歴史の波に翻弄されながらも、仲間とともに江戸の人々を救っていく。幕末の実在の人物と出来事を背景に、目の前で苦しんでいる人々のため、自分を捨て、全力で命を救いにかかる生き様の美しさ、そして医師としての誇り。これが医療。今コロナ感染者を救うために命がけで闘っている大勢の人達と同じ。
◆よければこちらの記事も。

4月30日(木)読書シリーズI 手塚治虫「ブラックジャック」 

ブラックジャック 宮崎駿の一世代前にも、日本が誇るアニメ作家がいました。手塚治虫です。彼の代表作のひとつ、ブラックジャック。無免許で法外な診察料を要求するもぐりの医者なのですが、その根底にあるのは、富のみを追求する時代が生み出してしまった環境破壊、猛烈な貧富の差、差別意識に対する怒り。そして弱者に対してのありったけの愛。メスが入るのは何よりも時代に対して。今こそ読むべき!

4月28日(火)定時制教科書販売 

教科書販売 昨日と今日、定時制の教科書販売が行われました。前回教科書購入日前日休校が決定、今日ようやく手に入ることに。手に入らない状態になって初めて分かる、その存在の有り難さ。もし教科書が、今のマスクのように入手困難な状態なら、おそらく読んでみたいと思うかも。自分から進んで読んでみると、教科書って普通に面白かったりします。それに気づくいいチャンスかも知れません。

4月27日(月)読書シリーズH シェークスピア 「リア王」 

シェークスピア リア王 引き続きシェークスピアの作品紹介。4大悲劇のひとつであるリア王の後半、家臣のエドガーが、罰で両目を失い絶望する父と再会する場面があります。エドガーはこう言います。「どん底だと思える間は、まだどん底ではない」。全てに絶望しもう終わりだと思える瞬間があります。でも、本当はまだやれる。私達には、ここから挽回できる底力がある。自分の底力に、賭けてみませんか。

4月24日(金)読書シリーズG ラム「シェークスピア物語」 

ラム26日はイギリスの劇作家シェークスピアの誕生日。代表作「ハムレット」「リア王」等、400年前の作品にもかかわらず今を浮き彫りにします。人間が背負わなければならない普遍的な重みを、巨大なスケールで描く。精緻な人間描写に圧倒されます。写真はラムのシェークスピア物語。シェークスピアの代表作を小説風に書き直したもの。あらすじながらも作品の醍醐味が丸ごと伝わります。

4月23日(木)読書シリーズF サン・テグジュペリ星の王子さま

うわばみ 冒頭のエピソード。大人は上の絵を見てすぐ帽子と決めつけそれ以上見ない。でも本当はゾウを飲み込んだ大蛇。よく見ると右端に目が。先入観に捕らわれ本質を見逃す。このことが人生の醍醐味を味わう機会を奪うのです。日常的にこれを繰り返している自分がいる。柔らかい視点で多面的に物事を捉えていく。それが自分を正しい判断に導き、不安やストレスから自分の心を救うのです。

4月22日(水)読書シリーズE サン・テグジュペリ星の王子さま 

星の王子さま 誰もが知っている児童文学の名著、星の王子さま。読む度にうなってしまいます。例えば王子との別れ際にキツネが言う「心で見るんだ。大切なものは、目に見えないんだ」。「見る」って、本当は心で見るってことなんだろうな。今自分が追っているものって何だろう?大切なこと、見失ってないか?自分の生き方の立ち位置に、現住所に、もう一度向き合うきっかけを与えてくれるのです。

4月21日(火)命がけでコロナと闘う世界中の人々に捧ぐ

smile「笑って。心が傷つき折れそうな時でも。空に雲があれば何とかなる。太陽は君を照らし悲しみの跡を隠すだろう。今がその時、頑張るしかない。きっとわかるさ。人生はまだ価値があると」。歌手のレディー・ガガは今この瞬間も命がけでコロナと闘う世界中の人々に向けてこの曲を捧げました。チャップリンが映画モダンタイムズで作曲したスマイル。写真はスマイルが流れるラストシーン。

4月20日(月)読書シリーズD ベートーベンの生涯 ロマン・ロラン

ベートーベンの生涯 小学校の音楽室に飾られていた作曲家の肖像画、他の作曲家がきれいにパーマをかけているのに(当時の自分にはそう見えました)なぜこの人だけ、風に吹かれたまま来ました、的なもしゃもしゃの髪型なんだろう、なぜこの人だけ怒ってるんだろう?ベートーベンの第一印象はそんな感じでした。フランスの思想家・小説家ロマン・ロランが書いたベートーベン賛歌。こちらの記事もよければ。

4月17日(金)読書シリーズC 4行で前向きになれる言葉

4行で前向きになれる言葉 成功や失敗からまなべばいいんだ。ヒトと比べるからクヨクヨするんだ。自分の役割は自分で果たすしかない。「現在次第」で過去も未来も決まるんだよ。「今いるところ」からはじめなさい等。ヒラメキの大切さも説いています。止まない雨はない。読むだけで、何となくでも先ずは前向きになれそうな本です。写真は、久保博正「1分で気分転換!4行で前向きになれる言葉」です。

4月16日(木)映像作家チャップリン「独裁者」スピーチ抜粋

チャップリン 人生は自由で美しい。しかし私たちは生き方を見失ってしまった。欲が人の魂を汚し、憎しみと共に世界を閉鎖した。機械は貧困を作りあげた。機械よりも人類愛が必要なのだ。賢さよりも優しさや思いやりが必要なのだ。何百万もの絶望した人々、子供達よ、私の声が聞こえている人達に言う。「絶望してはいけない」。今日はチャップリンの誕生日。ほぼアドリブによる圧巻のスピーチ!

4月15日(水)殻なし卵孵化研究 9日目

殻なし卵孵化 殻なし卵孵化研究、今年度の新たなチャレンジが進行中。写真は9日目の画像です。写真が小さくてはっきりと見えないのですが、写真を撮っている時小さな足が元気に動くのがはっきり見えたんです。感動です。命の躍動です。それにしてもこの美しさをどう表したらいいのでしょう。改めて気づかされますが、命は、それ自体美しいです。この絶対的な美しさは、他に例えようがありません。

4月14日(火)読書シリーズB 外山滋比古「思考の整理学」

思考の整理学グライダー能力(自分では飛べない。受動的に知識を得る)と飛行機能力(自力で飛べる。自分で物事を発見、発明する)が一人の人間の中に同居しています。グライダー能力があってこそ飛行能力が発揮出来ます。全てに基礎が大切であり、多面的な見方・考え方を持つことが大切です。本書は考えることの楽しさを教えてくれます。本校のある理科の先生推薦「思考の整理学」、是非一読を!

4月13日(月)読書シリーズA ロビンソン 思い出のマーニー

思い出のマーニー「この世には目に見えない魔法がある。輪には内側と外側があって、この人たちは内側の人間、私は外側の人間。私は、私が嫌い」。映画のマーニーは北海道が舞台だけれど、原作はイギリスのノーフォーク。心を閉ざし自分を含めた世界を嫌悪するアンナと謎の少女マーニーとの出会い。ちょっとしたミステリー仕立てで進みながらも、たどり着いたところは万感の想い。児童文学の大傑作!

4月10日(金)ラピュタのラストシーンを思い出しました

名もない雑草 整然と管理された庭園で咲くバラの花の美しさも見事だけれど、自然体で自由に咲く雑草の花も、バラに勝るとも劣らない。写真は保健室南側で咲いていた黄色い花。自由奔放でありながら、咲き誇る佇まいは何かそれが必然であるかのよう。そして雑草は、強い。細いけどよくしなり風に負けない。天空の城ラピュタのラストシーンで、ロボットが摘んでくる花は、こんな花じゃなかったかな。

4月9日(木)読書シリーズ@ 吉野源三郎 君たちはどう生きるか

読書 学校に行かずとも、それと同等の体験や教養を身につける方法があります。本を読むことです。本を読むという作業は、言葉を手がかりとし、想像力で世界を作り上げることです。物語や伝記を読めば、主人公とともに、出会いに心を躍らせたり、絶望の淵で佇んだり、言葉を通して、別の人間の一生を体験できます。写真は吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」。100回読む価値あり。

4月8日(水)桜の花と臨時休校

桜の花 昨日緊急事態宣言が発令、本日予定されていた教科書販売は延期、再び学校は臨時休校に。コロナウイルス感染拡大を食い止めるため、みんなが気持ちをひとつにして行動を制御すべき時です。なるべく出歩かない。人と会わない。命がかかっています。ボタンやドアノブに触ったら、すぐ手洗い。手で顔を触らない。マスクは顔に触らないために重要です。写真はまるでブーケのような桜の花。

4月7日(火)第43回入学式

入学式 卒業式に引き続き入学式も教室実施となりました。開式の言葉がスピーカーから流れ、入学許可、校長式辞と続きました。呼名も校歌もない入学式。でも、生徒の真剣な表情の中に、現在地球が直面している伝染病感染拡大の危機に、気持ちをひとつにして立ち向かっていく決意や勇気の片鱗を見た気がしました。今こそ生きることの意味やその大切さを、真剣に考えるべき時なのだと思います。

4月6日(月)ほけんだより4月

ほけんだより 令和2年最初のほけんだより4月、今回は保健室紹介号。保健室の利用方法、学校でけがをした場合、感染症にかかった場合の対応方法など。本校保健室の一番の特徴は、3名の養護の先生が随時フル稼働で微に入り細に入り生徒のケアとサポートに当たってくれていること。3名の先生の継続的で献身的なハードワークが、本校を支えてくれています。本校生徒支援の屋台骨です。

4月3日(金)塩田川

塩田川 月曜日、令和2年度始業式が行われる予定です。全日・午前午後部は10時35分、夜間部は17時20分に旧クラス集合。放送による始業式を行います。コロナウイルスのことが心配な生徒もいると思いますが、いつもよりたっぷり時間をかけて手を洗い、うがいをする。手で顔を触らない。人混みを避ける。そんなに難しいことじゃないですよね。それを丁寧に実行するだけで全然違います。

4月2日(木)塩田川と生浜高校

桜 久しぶりに広がった青空に導かれて、早朝散歩に出かけました。透き通るような空を背景にすると、桜の花の淡いピンク色の美しさが一層際立ちます。自転車置き場の屋根の茶色と青と薄ピンク、桜の花に囲まれるように空に向かう街頭の素敵な佇まい。何気ない日常の風景は、絵の具で描いたキャンパス上のオブジェのごとく輝きました。写真は塩田川の川辺に咲く桜と本校校舎。そして青空。

4月1日(水)令和2年度 始動

中庭の桃の花 新年度初日。今年度新しくお見えになった先生方が大職員室のご自分の机に荷物を置いたり、机の上を整えたりする風景がいたるところに。これまでお世話になった先生方への感謝の気持ちと、新しい年度に向かう高揚感が交錯し、胸がいっぱいになります。新しい体制でのチーム生浜、よろしくお願いします。写真は雨の中庭の風景。雨の日だからこそ引き立つ、緑色や薄紅色の鮮やかさ。

3月31日(火)桜満開

桜 3月が終わろうとしています。こんな形で令和元年度が終わるとは夢にも思いませんでした。勉強が面白くなってきたと言い、学年末考査で全教科100点を取る勢いで全身全霊をかけて勉強した生徒を知っています。力を発揮する場は一瞬にして消えました。でも、実現しなかった夢は無駄ではありません。生徒の努力を祝福するがごとく咲く、満開の桜の風景で今年度のHPを終了します。

3月30日(月)臨時休校、続く

かたぐるま 臨時休業になってもう1ヶ月近く経つのですね。色々な事情を抱えながら、その重荷を背負いながら通ってくる生徒が、本校には大勢います。その生徒が、今、無事で暮らしているのか、何かに困って途方に暮れてないか、助けてくれる人が誰か周囲にいるのか、気になって仕方がありません。写真は植え込みのスイセン。なんだか下の花が上の花を、肩車をしているように見えました。

3月27日(金)春の訪れ

桃の花 何年も前に世界史で、スペイン風邪やペスト等の伝染病の世界的な流行につい学んだ記憶があります。現在その真っ只中にいるので把握しづらいのだけれど、今後、今世界で起こっていることは歴史の重要な記録として引き継がれていくのでしょう。オリンピックも国を挙げた勝負だけれど、この伝染病との闘いも、個人のレベルでも、国のレベルでも最善が尽くされるべきだと考えます。

3月26日(木)透き通る

青空 大職員室では、来年度に向けての机の整理や移動が行われる一方、コンピュータ関連の部署では来年度のシステム設定との息詰まる格闘が終日続きました。気晴らしに外へ出てみると前方に広がる、透き通るようなスカイブルー、それを飛び越えていく飛行機の美しさ。絵の具をどう混ぜてもこの青は出せない。この透明感は、唯一無二。空が宇宙に繋がっていることを感覚的に理解しました。

3月25日(水)桜の花が咲き始めました

桜咲く 質問です。草木染めで薄いピンクを出すのに何が使われる?答え:桜の木。当たり前のようですが、ポイントは花でなく木の幹であるところ。草木染めをされている方に聞いたのですが、この時期桜の木は、この淡いピンク色を醸し出すために、根から幹、枝に至るまで木全体が桜色を帯びます。一見春の訪れを知らせるがごとく可憐に咲く桜の花、この色を出すために、全身全霊を込めるのです。































































生浜NOW


 学校生活 TOPICS
桜b

桜ainformation店舗情報

千葉県立生浜高等学校

〒260-0823
千葉市中央区塩田町372
TEL.043-266-4591
FAX.043-264-8636
→アクセス

banner6

 前   期

前期始業式
入学式
離・退任式
オリエンテーション
実力テスト(1年)
進路希望調査
防災安全指導
進路説明会(3,4年)
一斉委員会
定期健康診断

定期健康診断
生徒総会
進学模試・就職模試
遠足
小論模試・進路説明会
PTA総会
保護者進路説明会

前期中間考査
教育実習
保護者面談週間
就職・進学座談会
転入考査(三部制)

就職ガイダンス
就職模擬面接指導
進学模試・就職模試
履修ガイダンス
スポーツデー
就職・進学ガイダンス
中学生高校体験入学
秋季入学者選抜
就職・進学ガイダンス
就職ガイダンス
前期期末考査
転入考査(三部制)
文化祭
秋季卒業式
 後   期
10 前期終業式
秋季入学式
後期始業式
教育実習
進路説明会(1年)
進路先見学会(2年)
進学模擬面接指導
11 生徒会役員選挙
12 修学旅行(沖縄)
後期中間考査
履修ガイダンス
転入考査(三部制)
履修登録
卒業年次考査
卒業年次家庭学習
前期選抜
後期選抜
卒業式
後期期末考査
後期終業式
転編入考査(三部制)