本文へスキップ

全日制・3部制の定時制  千葉県立生浜高等学校

button1banner2bbutton2button3button4button5button6button7

学校案内  全日制と三部制の定時制のが併置校

◆生浜高校の特徴  

千葉県立生浜高校は、全日制と、三部制の定時制の課程からなる高校です。それぞれの特徴をPDFファイルでご覧いただけます。

全日制 
一歩前に踏み出せる学校

定時制
 
生浜高校不登校回復プログラム
生浜高校日本語を母語としない生徒サポートプログラム


◆課程のイメージ

千葉県立生浜高校のクラス配置を紹介します。
chart1


◆各課程・部のクラスと時間帯

課程・部により授業開始時間が異なります。

table1
*本校では、同科目を45分×2の2限続き(途中5分休憩)で授業を行っています。


◆本講の教育システムについて

1.生徒の可能性を広げる
2.生徒の学ぶ意欲に応える
3.生徒のライフスタイルに応じて学べる

 以上が全日制と三部制の定時制併置の生浜高校の指針です。全日制・三部制ともに2学期制・単位制です。

(1)三部制とは?
 午前部・午後部・夜間部の三つの部からなる,新しいタイプの定時制高校です。それぞれの部で,1日4時間の授業があります。他部履修することによって,6時間分(8時間)の授業も受けられます。三部制の生徒は,三つの部のうちのいずれか一つの部に在籍することになります。

(2)単位制とは?
 学年による教育課程の区分を設けない方式で,必要な単位を修得すれば卒業できるシステムです。

(3)相互履修とは?
 全日制の生徒が三部制の授業を,三部制の生徒が全日制の授業を受けることができるシステムです。

(4)他部履修とは?
 午前部の生徒が部分的に午後部の授業を受けたり,午後部の生徒が部分的に午前部や夜間部の授業を受けたり,夜間部の生徒が部分的に午後部の授業を受けたりすることです。この制度を利用すると,三部制の生徒も3年間での卒業が可能になります。



千葉県立生浜高等学校 学校紹介