本文へスキップ

全日制・3部制の定時制  千葉県立生浜高等学校

button1banner2bbutton2button3button4button5button6button7

学校案内  校長挨拶messsage from school principal

千葉県立生浜高等学校 校長 岩瀬 俊彦

headmaster












 生浜高等学校のホームページへお越しくださいまして、どうもありがとうございます。昨年の4月1日に本校へ着任してからはや1年が過ぎ、新たな気持ちで2年目の一歩を踏み出しました。
 本校は昭和53年に開校し、今年度でちょうど40周年の節目を迎えることとなります。長きにわたって紡いできた歴史と伝統とを継承し、「変化を恐れず一歩前進」をモットーに、さらなる発展に取り組んで参ります。
 「変化」と言えば、世界の変貌ぶりには瞠目すべきものがあります。IT(人工知能)に象徴される超高度情報社会の到来、グローバリズムと反グローバリズムとの相克、超高齢社会が抱える問題の深刻化など、今後も加速度的に変化の度合いが増していくことは明らかです。
 現在、当たり前のように存在している職業が、10年後・20年後には消滅しているだろうという予測にも、強い危機感を覚えます。高等学校の教員とて安閑とはしていられません。教員が知識を授けるだけの存在でしかないとすれば、その未来は暗澹たるものと言わざるをえません。なぜならば、インターネットがあれば大概の知識は獲得できるからです。
 未来を生きる生徒諸君に最も身に付けてほしいのは、いかに正確な情報を集めてそれを読み解いていくかという<リテラシー>、そして収集・分析した情報を活用しながら、時代の変化や課題に対していかに対応していくかという<コンピテンシー>といった能力です。学校教育においては、これらをきちんと生徒に学ばせていかなければなりません。これからの高校教員が生き延びることができるか否か、まさに今が正念場であると捉えています。
 一方、弱者切捨てがあってはなりません。変化について行けない生徒に対しては、その「学びの機会」をどのように保証していくのか。このテーマは、「学びの場」たる生浜高校に対して投げかけられた、時代の要請であり社会のニーズであるとして、重く受け止めております。
 学校が独善に陥ることなく、生徒や保護者の皆さんとじっくり向き合い、地域の方方や近隣の学校とも手を携えながら、より良い「学びの環境」づくりを目指して邁進する覚悟でおります。このホームページへお越しいただいた皆様方からも、様々な視点から幅広くご意見・ご要望などをお寄せいただければ幸いです。「良薬口に苦し」、「クレームは宝の山」と申します。どのような内容でも歓迎いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。 
                               平成29年4月


校長室から

 VOL. 1 2016. 5.09  あれから5年、熊本地震も起こりましたが‥‥
 VOL. 2 2016. 5.18  人生とは・・・
 VOL. 3 2016. 6.24  グローバル化の波に乗って
 VOL. 4 2016. 8.30  最後の寝台列車に乗って考えたこと
 VOL. 5 2016. 10.12  新潟・福島県境、山奥のダムで考えたこと
 VOL. 6 2016. 11 . 7  あの、八ッ場ダムは今、そして‥‥
 VOL. 7 2016. 12. 15 世界遺産「ラスコー展を見学して‥‥
 VOL. 8 2017. 1. 10 はるばる来たぜ、函館へ
 VOL. 9 2017. 4. 5  漆黒の闇の深さに
 VOL. 10 2017. 6. 16 女城主は直虎のみならず
 VOL. 11 2017. 6. 19 国民一人一人が真剣に考える時期
 VOL. 12 2017. 9. 1   東北・夏の旅、断想T 〜教科書はかわる〜
 VOL. 13 2017. 9. 5   東北・夏の旅、断想U 〜似て非なるもの〜
 VOL. 14 2017. 9. 6   東北・夏の旅、断想V 〜北海道には新幹線が似合う?〜
 VOL. 15 2017.11. 9  続 教科書はかわる mark1