全日制・3部制の定時制  千葉県立生浜高等学校

banner1bbutton2button3button4button5button6button7button8

  
 平成30年4月に第15代校長として着任いたしました堀切健一でございます。
 平成最後の年であり、令和元年の年度当初のご挨拶を申し上げます。本校は、昭和53年4月に開校し、今春、開校42年目を迎えました。また、平成19年4月からは千葉県第二期高等学校再編計画に基づき、午前・午後・夜間の三つの定時制課程が併置となり、現在に至っております。校訓は、初代校長の釼持徹先生が「誠実」「協調」「努力」を掲げられ、その教えを胸に、多くの卒業生が巣立っております。昨年度は211名が本校を巣立っていきました。
 本年度は、5月より令和元年としてスタートいたします。4月1日にこの元号が発表され、多くの国民が新たな時代に向け希望をもってスタートするところです。
 本年度は、昨年度に引き続き
 1 基礎・基本の定着を図り、主体的に学ぶ態度を養う
 2 基本的生活習慣を確立し、豊かな人間性を育む
 3 一人一人の夢をかなえるキャリア教育を展開する
 4 本校の特性を生かした生徒支援、教育相談の充実を図る
 5 特別活動・部活動の更なる活性化を目指す
 の5つの重点目標を掲げ、より多くの生徒が本校を卒業し、社会に貢献できるように職員一丸となって学校運営に当たっていく所存でございます。( 校長挨拶に続く)