校長挨拶
学校要覧
沿革
校歌
交通案内
教育アプローチ
 
■幕張総合高校紹介

千葉県立幕張総合高等学校
校長 北林 栄峰



 千葉県立幕張総合高等学校のホームページにようこそおいでくださいました。
 本校は、平成8年幕張東・西・北の三校が、普通科の総合選択制高校として統合されました。平成16年に若葉看護高校が加わり、3年間看護科、その後2年間の専攻科で、五年一貫の看護師養成教育を開始しました。千葉県唯一の普通科の総合選択制で、普通科54クラス(各学年18クラス)、看護科3クラス(各学年1クラス)と看護専攻科2学年(各1クラス)の合計生徒数約2,400名が、全県から通学しています。

 平成31年度からは、「進学重視の総合学科」に向けて準備が進んでいます。  「キャリア教育の充実や系統的な学習を可能とする総合学科の特色を取り入れ、自己の進路志望を深める学習を重視し、各自の個性を生かした主体的な学習を推進し、進路希望を実現する。」ものです。自分の将来の夢に向かって、新たなことを見付けられる学校として、未来に向けて、是非、幕張総合高校においでください。

 着任しての感想は、生徒の挨拶が、とても素晴らしく、気持ちが伝わってきます。部活動は、上級生がリーダーシップを発揮して活発に活動し、面倒見が良く、生徒の表情をみると「自信」を感じます。自らが思い描く進路実現のため、歩みを最後まで諦めることなく、最大の努力を期待しています。

 また、部活動が盛んで、大会やコンクール、発表会など、持てる力を存分に発揮して、良い成果を収めています。そして看護科は、病院現場での臨地実習があり、実践的な勉強ができる機会が持っています。いろんなことを自分の目で見ることができます。幕張総合で目標を明確に持つこと、その目標を達成するためには、周到な準備をすることと最大限の努力を続けることが必要です。誰よりも準備を行い、努力し続けた人にこそ、可能性が大きく広がり 結果を残すことができるものと、私は思います。

 そこで、生徒の皆さんは自分の やりたい事だけを頑張るのではなく、学校生活で授業や行事、ボランティアといったことにも積極的に取り組んでください。好きなことだけ取り組んでいるだけでは一流とは言えません。「幕総生」がトータルでの人間力を高め、多くのことにチャレンジできる学校として期待しています。

平成30年4月

 Copyright (C) 2013 Makuhari Sohgoh High School All Rights Reserved.