校長挨拶
学校要覧
沿革
校歌
交通案内
教育アプローチ
部活動に係る活動方針

本校は、平成8年4月に総合選択制の高等学校として開校以来、千葉県のパイロットスクールとして種々の新しい試みを実施しています。平成15年4月からは進学重視の新しい単位制高校としてさらなる発展を目指します。


■進学重視型単位制(普通科2,3年)
生徒一人ひとりが、自己の進路希望・興味・関心等に応じた選択履修ができるよう多彩な教科科目を設けています。生徒は学年の枠にとらわれずに主体的に学習し、卒業に必要な単位を修得していくことができます。特に進学希望実現のために、少人数講座や習熟度別授業を始め、大学進学に向けた演習講座・基礎力充実の基本講座・発展的学習を支える専門講座等を開設しています。

■看護師国家試験受験資格(看護科)
専攻科を含め、5年一貫看護師養成課程のカリキュラムに従って、一般教養科目および看護の専門科目の学習や実習を行うことにより、専攻科修了時に看護師国家試験受験資格が取得できます。大学教授や医師等優れた講師陣による、高度で専門的な授業を始め、国公立病院を中心とした施設での臨地実習等、生徒一人ひとりに応じたきめ細かい指導を実施しています。

■地域や国際社会にひらかれた学校

上:屋内プール

県民の皆さんが生涯にわたり多様な知識・技術を習得できる学習拠点として、あるいは地域の交流拠点として、文化ホールを地域住民に開放しています。本校はバリアフリー社会に配慮した作りになっており、身障者対応のスロープやトイレ、エレベータを設置しています。また、国際理解をメインテーマに留学生との交流会・国際理解講演会・異文化体験教室・音楽会・展示など、生徒・保護者が参加するワールドウィークを実施しています。さらに近隣の中学校・高等学校の教員、および保護者を対象とした公開授業も実施しています。


■二学期制
平成11年4月二学期制へ移行。学期ごとの始業式や終業式、定期考査などの回数が減って授業時間が確保できるメリットがあり、ゆとりの中できめ細かな指導が可能となります。また、学校行事と授業のバランスよい配置が可能となりました。
大学との連携教育
大学教育を実体験することにより、学習意欲の向上や進路実現のための動機づけとなるよう、また科目選択の幅や学習機会を多くすることにより、生涯にわたる学習の基礎を培う等の趣旨で、平成13年度より実施しており,平成23年度は、9大学と提携しています。

■進路実現のための取り組み
放課後、土曜日、長期休業中を利用した進学補習や、計画的な模擬試験の実施などで、進路実現をサポートしています。また、多くの大学から現役講師・職員を招いて実施される大学体験講義や系統別・分野別説明会などの実践的な進路指導を行っています。

(1)大学体験講義
大学の専門分野の講義を直接体験することによって、学部・学科についての理解を深め、個々の生徒が進路について考える契機となるものです。

(2)系統別・分野別説明会
個々の生徒の進路希望の実現に必要な情報を収集するために、大学の入試担当者を招いて各学校・学部の特色等について説明してもらうものです。生徒数の多い幕総ならではの行事です。

 Copyright (C) 2019 Makuhari Sohgoh High School All Rights Reserved.