学校概要

 千葉県立松尾高等学校は千葉県山武市(さんむし)にある県立高校です。 JR総武本線の松尾駅から徒歩8分のところにあります。
 本校は明治42年に山武郡立松尾実業学校として創立し、平成20年度に創立100年を迎えました。この歴史のほとんどは女子校として歩んできましたが、 平成18年度より男女共学になりました。
 本校の教育課程では、2年次よりコース制を実施しています。以下の5つのコースから自分の進路に適したコースを選ぶことができます。(詳しくはこちら

  1. A類型:四年制大学や短期大学への進学に対応したコース
    • 文系コース:国語や地歴公民の科目が多いコース
    • 理系コース:数学や理科の科目が多いコース
  2. B類型:就職や専門学校への進学に対応したコース
    • 生活コース:家庭科・商業科の科目が多いコース
    • ビジネスコース:商業科の科目が多いコース
  3. 福祉コース:福祉関係の進学や就職に対応したコース。

校 訓


未来は人間の手の中に

 「自 主」
 「誠 実」
 「創 造」

教育方針

  1. 心身ともに健康で、活力ある生徒を育てる。
  2. 自主的・自発的な学習を行い、自らの人格の陶冶を志す人を育てる。
  3. 勤労を尊び、社会に貢献できる人を育てる。

校 章

 松の葉三葉をくみあわせデザインしたものです。松は常緑の喬木で長寿節操を象徴するものとして、古来尊ばれ、正月には、各家々の門口にたて、繁栄を祈るしきたりがあり、また松尾の地名にちなんだものでもあります。


校 歌


 本校校歌は、昭和5年に制定されました。当時の校舎(松尾駅前)から、桔梗ヶ丘(現在の校舎)を望む、緑豊かな風景がうたわれています。

  • 作 詞 / 佐藤 松夫
    茨城県出身。山村暮鳥に従事。水戸中学、日本大学卒業と共に本校に赴任。在年11年。昭和4年校歌制定。6年4月大多喜高女へ転任。その後の消息は不明。
  • 作 曲 / 佐々木 英
    1916年東京音楽学校卒業。浜松師範で6年間教鞭をとる。後、上京。コロンビア専属として、戦中戦後、多くの童謡を発表。 代表作に「月の沙漠」「青い鳥」「お山の杉の子」「赤ちゃんのお耳」などがある。