障害の状態等により通学が困難な児童生徒、市内の病院に長期入院している児童生徒を対象に、本校教員が訪問して教育にあたっています。

  「生き生きと充実した生活を送ろうとする意欲を育てる」ことを目標に、保護者や医療機関との信頼関係を大切にして、児童生徒個々の状況に応じた学習指導を行っています。

  自立活動を中心にした学習をする児童生徒、退院後の小・中学校の学習にスムーズに移行できるように各教科等を中心に学習をする児童生徒など、子どもの状況は様々です。また、本校へのスクーリングによる学習を取り入れている児童生徒もいます。