学校案内  学校生活 部 活 動 進 路 室 入試情報 Top へ

 平成28年度 第69回卒業証書授与式が行われました。
                                                                 平成29年3月8日
162名の卒業生が大多喜の地から巣立ちました。

 今年度の卒業生は大多喜高校の掲げる文武両道の下、勉強を頑張り、部活動で大変活躍した学年でした!また、学校行事にもとにかく意欲的に前向きに取り組む生徒達でした。
 
 卒業証書授与では、呼名された生徒が堂々と返事をしていました。全員の呼名の後に卒業生を代表して、3年C組 渡辺優女花さんが校長より証書を受け取りました。
 その後、卒業生を代表して3年A組 小林颯太君による答辞がありました。3年間の思い出や、保護者や先生、そして仲間達に向けた思いが溢れる答辞となりました。
 また、卒業生による卒業の歌の後に在校生による送別の歌が、そして最後は全員で校歌を歌いました。特に校歌斉唱は体育館中に響き渡る大きな歌声となり、大高生一人一人の思いが込められた、とても感動的なものとなりました。

 多くの卒業生、在校生が涙する中で、それぞれの道に向けて卒業生が式場を後にし、飛び立っていきました。


 卒業生全員の前途に幸多かれと、心から祈念しています。
 
            
厳粛な吹奏楽部の演奏と共に、卒業生が入場します。

卒業証書授与の様子。

元生徒会会長の小林颯太君が卒業生代表の答辞を行いました。たくさんの思い出が蘇ります。
 
校歌斉唱。別れを惜しみつつ、それでいてエールを送る様に、体育館に響き渡る大きな歌声でした。

 卒業生退場の様子。
生徒会役員が代表し、一人ずつ花を贈呈しました。
 
多くの方々に見送られながら、今年も多くの大高生が卒業していきました。これからの更なる活躍を期待しています!
 トップページに戻る