本文へスキップ

全日制・3部制の定時制  千葉県立生浜高等学校

button1button2button3button4button5button6button7button8

学校生活  生浜NOWoihama now

 3月24日(金)定時制3月終わりの卒業式

39週卒業式 本校では卒業式が3回あります。3月8日に行われた通常の卒業式。10月に行われる秋季卒業式,そして本日行われた、3月に単位を修得完了した生徒のための卒業式。食堂で3名の生徒の名が呼名され、校長先生からひとりひとり卒業証書が手渡されました。小さいながら、ひときわ想いのこもった卒業式でした。卒業生のみなさん、胸を張って、勇気を持って、歩んでいってください。

 3月23日(木)大掃除終了後 

全日制1年次の生徒たち 今日は本年度最後の大掃除。1年間慣れ親しんできた教室。何の変哲も無い空間ですが、ここが紛れもない生徒達の成長の舞台でした。心躍る躍動の時も、悲しみで染まった日々も、何気なく優しく見守ってくれる憩いの場。生徒達は、それぞれの想いを込めて、しっかりと最後の清掃を行いました。清掃終了後、全日制1年次の生徒たちが記念写真を撮影しました。笑顔が輝いていました。

 3月22日(水)本校通訳チーム 

本校通訳チーム 写真は、昨日行われた入学許可候補者説明会での、後半の三部制定時制の履修登録説明の際、日本語サポートが必要な許可候補者に通訳サービスを行った、本校バイリンガルチーム。英語、フィリピノ語、中国語、ネパール語、スペイン語に対応します。今年度「日本語基礎」等を選択し日本語を学んでいる生徒たちが醸し出す、自然発生的インターナショナルな空間に、魅了されました。

 3月21日(火)入学許可候補者説明会 

入学許可候補者説明会 本日、入学許可候補者説明会が行われました。10時30分より制服の採寸・注文、体操服申込、事務書類受付開始、13時より各係からの話。生徒指導、教育相談、保健室、事務室より手続き等の具体的な説明がありました。2時半より全日制と定時制に分かれての説明会。それぞれの課程で履修登録の注意点等の確認が行われました。参加された皆さん、長時間本当にお疲れ様でした。

 3月17日(金)殻なし卵孵化研究 東レ理科教育賞文部科学大臣賞 

殻なし卵孵化研究 本校で生物を教えている田原豊教諭が「東レ理科教育賞文部科学大臣賞」を受賞!「約40年という長い月日をかけた試行錯誤の結果」と紹介文にありました。40年間の試行錯誤。言葉を失います。「この鳥類胚の誕生を共に祝うことができる授業は、生物の授業を超えて、生きるということの意味を考え直す良い機会を与えているように感じます」。受賞コメントより。胸に迫ります。

 3月16日(木)生徒会通信第1号 

生徒会通信第1号役員紹介 1月10日の生徒会承認式を経て、新体制の生徒会がスタートしました。全日制・午後部・夜間部という異なる課程・部の混成チームである本校生徒会執行部は、だからこそ議論し心を一つにして協力する必要性を知り、その分自由で多面的な魅力と可能性に溢れます。彼らの初の生徒会通信、各役員の豊富が述べられています。生浜高校の未来を、どうぞよろしくお願いします。

 3月15日(水)ほけんだより今年度最終号 

ほけんだより3月 ほけんだより3月号発刊です。今年度最終号になります。日本ならではの移ろいゆく季節の流れに沿い、その季節に関しての興味深いエピソードや健康上の留意点がさらりと印象的に紹介され、大変勉強になりました。1年間ありがとうございました。今回の特集は自律神経、式典での脳貧血、そしてヘッドフォン難聴。おかげさまで自分の身体をケアしていく習慣が少し身についた気がします。

 3月14日(火)東日本大震災から6年 

放射能測定結果 先週の土曜日、東日本大震災から6年の月日が経ちました。被災地は未だなおなお復興の途中にあります。何かを考える時に、この視点から物事を見ていくことが出来たらと思います。写真はホームページに掲載されている、給食の材料の放射能測定結果。セシウム137、ヨウ素131等の名前を見るとどきっとしますが、幸運なことに全ての項目において不検出です。

 3月13日(月)スギ花粉調査 

花粉調査 この時期タイミングを図ったかのように、マスク着用者を多く見かけます。その元凶、杉花粉。この悪の権化に対しても、我が生物研究室は計測を重ね、真実の探求へと向かいます。生物室の窓の外に、写真のようにバセリンを塗ったスライドガラスを置き、24時間で付着した杉花粉の数を顕微鏡でカウントします。ピークを過ぎたとはいえ、1平方センチメートルになんと500個の花粉が!

 3月10日(金)今年度最後のカレー 

今年度最後のカレー 給食NOWでも掲載したのですが、今回が今年度最後のカレーの日になります。「いくつになっても嬉しいカレーです。」という言葉が示すとおり、カレーの日の夜間部の、なんとなく全体的にそわそわした感じが、この幸福感の規模の大きさを物語っています。写真の給食主任1杯目のカレー、ルーもご飯も半端な量ではありません。 カレーで喜ぶさりげない幸福感。夜間部ならではです。

 3月9日(木)生浜高校のシンボル 

クスノキ 本校の卒業生、昨日で1万511名に。昭和53年に開校して以来、生浜高校はスポーツが盛んで活気がある高校として知られるようになりました。三部制の定時制が併置され早10年、これまでの伝統を活かしながらも、新たな特徴を切り開きながら前進しています。そしてこの30数年、雨の日も風の日もずっと変わらず、生徒の成長と活躍を見守り続けてきたのが、このクスノキなのです。

 3月8日(水)第37回卒業式 

卒業式 卒業年次の生徒にとって生浜最後の1日。第37回卒業証書授与式が挙行されました。全日制と定時制が一体となった卒業式。楽しい思い出とともに、乗り越えるべき困難と向き合い続けた日々だったと思います。その想いが、呼名の返事や歌声に込められました。厳かな雰囲気の中、気持ちのこもった声が響く素晴らしい卒業式でした。卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 3月7日(火)後期選抜合格発表 

後期選抜合格発表 本日午前9時、入学許可候補者の発表が行われました。毎回のことですが、掲示板の前で喜びと悲しみが重なり合い、複雑な心境になります。明日卒業を迎える生徒たちも、そして今教室で学んでいる在校生たちもみんな、かつてこの掲示板の前に立ち、喜びに心を震わせたのだと思います。その時に心に誓ったことを忘れずに、何事にも真剣に取り組んでいってほしいと思います。

 3月6日(月)酉年にちなんで 

酉年にちなんで 酉年にちなんで、殻なし卵孵化で全国的に有名になったひよこやウズラ以外に、生浜高校で観察できる鳥を紹介します。先日チューリップの芽の写真を撮りに行った際、その脇を軽やかなステップを踏みながら周辺を歩き回っていたムクドリ。求愛活動の際のさえずりが美しい。一押しは、運が良ければ見ることが出来る、塩田川に飛び込んで魚を捕まえる鵜!生命力あふれる圧巻の風景です。

 3月3日(金)殻なし卵孵化のヒヨコ、成長中 

殻なし卵孵化のヒヨコ ひな祭りにふさわしい、穏やかに晴れた一日となりました。来週火曜日の入学許可候補者発表に向けて準備が進められています。先日お伝えした、全く新しい方法論で生まれた殻なし卵ヒヨコ、すくすくと成長しています。生物実験室のフロアにそっと放たれた写真のヒヨコが、育ての親であるT先生の後を追って、懸命に走っていく姿に心を打たれました。そう、今日はひな祭りなのです。

 3月2日(木)3月予定献立表 

3月予定献立表「今年度の給食は17日で終わります。今年1年の給食を振り返ってみましょう。給食は主食、主菜1、副菜2、汁物、果物で構成されています。普段の食事も全てそろっていますか?自分で1食の献立を立てることが出来るようになりましたか?コンビニも便利だけれど、上手に選択しないと栄養がかたよります。学校にいる間に身につけましょう。」3月予定献立表の文章より。9日カレー!

 3月1日(水)後期選抜、無事終了しました 

後期選抜終了 後期選抜入試、無事終了です。8時45分受付点呼、9時15分から国語を皮切りに、1教科40分の学力検査が行われました。午後2時25分から面接。受検生のみなさんが、持っている力を出し切れたことをただ祈るばかりです。合格発表は3月7日です。受検生のみなさん、本当にお疲れ様でした。ゆっくりと疲れを癒やしてください。写真は、保健室前ハーブガーデンの、春の風景です。

 2月28日(火)春はもうすぐそこ 

チューリップ 連日の入試業務であっという間に1日が過ぎていきます。本日は後期選抜前日の会場設営。慌ただしく過ぎていく日常に追われて気づかなかったのですが、玄関前植え込みのチューリップがいつの間にかこんなに大きくなっていました。先日確認した時は影も形も無かったのに。青々とした芽がまっすぐ空に向かって伸びていく姿は、見ているだけで希望が湧いてきます。

 2月27日(月)志願変更終了 

志願変更終了 志願変更が終了しました。いろいろな作業をしているうちに、いつの間にか辺りは暗くなっていました。写真は 夕方6時半の中庭風景。日中は日の光に照らされてくっきり輝く生徒の像が、夜は、授業が行われている教室の光を受けて優しく浮かび上がります。この温もりが、夜間部なのでしょう。この後の給食のことを思い描きながら、今、一生懸命授業に取り組んでいるのだと思います。

 2月24日(金)殻なし卵孵化、新たな段階へ 

殻なし卵孵化 このところ、ウズラの成長を目にする機会が多かったので、久しぶりに殻なし卵孵化のヒヨコを見ると、ずいぶんと大きく感じられます。生まれからしばらくして、羽毛が乾いてさらさらになると、ウズラとひと味違ったビロードのような肌触り。しかしこのヒナの特出すべき点は、ここではありません。実は、これまでのやり方と異なる、画期的なアプローチで生まれたヒヨコなのです。

 2月23日(木)後期選抜出願終了 

後期選抜終了 本日午後4時半をもって後期選抜入試の願書受付が終わりました。場所は前期と同じ食堂。生浜高校の食堂、広く開放的で何となく落ち着くのです。お昼に食事をしてもよし、様々な行事に使用してもよし。得てして緊張しがちな空間を、ほんの少しでもほぐしてくれるのではと思います。写真のボードの手作り感もほんのり味わい深いかも。このチャレンジが終われば3月、春は目の前です。

 2月22日(水)淑徳大学ボランティア団体「しゅくとも」学習支援 

しゅくとも学習支援  今日の1年次午前部のLHR・総合の時間は、前半:ソーシャルスキルトレーニング「コーピング」、後半:淑徳大学ボランティア団体「しゅくとも」のメンバーによる高校時代の様々な体験談を聞く会。部活動の苦労話から文化祭の企画まで、自由に語っていただきました。前回同様、友達以上大人以下、大学生という独自の立ち位置の妙を、改めて実感しました。

 2月21日(火)生活設計・マネープランゲーム 

商業の出張授業  本日の簿記の授業は、外部の講師の先生をお招きしての、生活設計・マネープランについて実習。自動車、結婚、子育て等、生徒たちは今後迎えるであろう人生のイベントに対応しながら、マネープランゲームを楽しむ形で、必要な制度や知識を身につけていきます。インフレによる利益の減少、冠婚葬祭費など、山あり谷ありのリアルな人生を、生徒たちは楽しみながら疑似体験しました。

 2月20日(月)前期選抜合格発表 

前期選抜合格発表  本日午前9時、前期選抜の合格発表が行われました。受検生、保護者の方々をはじめ、多くのみなさんが学校を訪れました。毎年のことですが、合格発表の風景については、一言では語れないものがあります。今日仮にボードに自分の受検番号を見つけることがなくとも、3月にそれを見つけば、それはタイミングが早いか遅いかの違いだけです。成功か失敗かは、まだ何も決まっていません。

 2月17日(金)写真同好会、中庭の写真 

写真同好会作品本日3限から8限の時間を使い、前期選抜の処理と発送準備を行いました。処理にミスが発生しないよう、細部にわたり細心の注意を払い確認作業が行われました。写真は昨日撮影された写真同好会の作品。現在生浜高校ではパンジーが見頃を迎えています。どんなに寒い風が吹いていても、この黄色の花びらを見ると不思議と温かな気持ちになります。春は、もうすぐそこです。

 2月16日(木)写真同好会、中庭を撮りに行く 

写真同好会、中庭を撮りに行く「今日は寒い中、生徒3人+顧問の先生で中庭に撮影に行きました。時間が合わず今回はこの人数でしたが、友達に会ったのでいつの間にか4人に。写真同好会は、イベント時の撮影はもちろん、普段はこのように学校内外の様子を撮影しています。」以上写真同好会からのメッセージでした。写真撮影に興味をお持ちの方、放課後に、自分ならではの生浜高校の「今」を切り取ってみませんか?

 2月15日(水)新着本紹介 

司書室の作業紹介 司書室で新着本の登録処理が行われていたので紹介します。今回の新着本、山下澄人「しんせかい」、恩田陸「蜜蜂と遠雷」といった芥川賞・直木賞受賞作から「恋のゴンドラ」「校閲ガール」「この世界の片隅に」といった話題作まで、読んでみたい本が並びます。新着本が届くと、担当の先生によって図書データ管理ソフトCASAに登録されます。貸出までもう少しお待ちください。

 2月14日(火)前期選抜第2日目終了 

前期選抜2017.2.14 前期選抜入試第2日目、無事終了しました。今日は自己表現検査と面接検査。自己表現は各種スポーツと作文からひとつ選びます。面接は個人面接。戻ってくる出席簿の冷え具合が今日の寒さを物語っていました。その寒さに立ち向かうがごとく、受検生達は最後まで諦めずに頑張り続けました。2日間本当にお疲れ様でした。明日はゆっくりと体を休めてください。

 2月13日(月)前期選抜第1日目終了 

前期選抜入試第1日目 前期選抜入試第1日目、無事終了しました。8時45分から受け付け点呼、午前中、国語、数学、英語の試験。国語と英語では音声によるリスニングテストも行われました。昼食を挟んで理科、社会の試験、受検生は、最後の力を振り絞って、立派に立ちはだかる壁に立ち向かいました。本当にお疲れ様でした。明日は自己表現と面接検査です。後もうひと頑張りです。健闘を祈ります。

 2月10日(金)前期選抜準備完了 

前期選抜準備完了 今日は1,2限授業を行った後、大掃除と会場設営が行われました。高校に勤務するものにとっては恒例の行事の一つですが、受検生にとっては一生に1度の大勝負。この日のために、受検生のみならず保護者の方々も、言葉に出来ないほどの心のエネルギーを費やしてきたのだと思います。このことを肝に銘じ、みなさんが持てる力を全て発揮できるよう、環境整備に最善を尽くします。

 2月9日(木)職員対象ソーシャルスキルトレーニング学習会 

ソーシャルスキルトレーニング学習会 本校では様々な事情で登校が難しくなっている生徒に対し、ソーシャルスキルトレーニングを行っています。本日講師の先生をお招きし、その学習会が開かれました。具体的な活動を体験しながら、その理論と実践について実に楽しく学ぶことが出来ました。参加された先生方の心も、時間とともにほぐれていった気がします。この貴重な体験を今後の教育活動に活かしていきたいと思います。

 2月8日(水)教育相談室紹介 

教育相談部 本校教育相談室は管理棟1階奥にあります。生徒が個別に休んだり、相談できる小さな部屋がふたつと、教育相談部の先生方が常駐している部屋があります。中学時代に不登校だった生徒が、本当に疲れた時、この部屋を訪れ休憩します。ちょうど止まり木に休みに来る小鳥のように、しばし羽をゆっくり休めた後、再び教室に向かいます。写真の折り紙は、彼らが心を込めて作った作品です。

 2月7日(火)殻なし卵孵化研究、今度はクイズ番組に 

殻なし卵孵化研究 殻なし卵孵化研究、今度は日本テレビのクイズ番組に。今週2月10日金曜19時より日本テレビで放映される「超問!真実か?ウソか?」という番組に、本校生物部と顧問の先生が出演します。これまでNHKの「ガッテン!」あるいは朝晩のニュースで本研究は幾度となく紹介されてきましたが、今回のクイズ番組ではどのような切り口で紹介されるのか。放映が待ち遠しいです!

 2月6日(月)スクールカウンセラーだより紹介 

2017.2.6 先日配布されたスクールカウンセラーだよりを紹介します。本校にはスクールカウンセラーの先生が週に2日お見えになり、生徒や保護者、担任の先生方からの様々な相談にのっていただいています。相談の手続きや日時などの紹介に加え、裏面に特集記事が。「こうすべきだ」という「べき」思考から自分を解放して気持ちを楽にするこの文を読んで、自分自身心が楽になりました。

 2月3日(金)前期選抜願書受付第1日目 

前期選抜出願 本日前期入試の願書受付が行われました。受け付け開始のずいぶん前から、昇降口前には多くの中学生が並んでいるのを見ました。おそらく生まれて初めての大きなチャレンジになるのだと思います。結果的に長い時間お待たせすることになってしまい、ご迷惑をおかけしました。せめて出来るだけよい環境で受検できるよう全力を尽くしたいと考えております。どうぞよろしくお願いします。

 2月2日(木)夕日の差し込む2階西側通路 

夕日の渡り廊下 この時期オレンジ色に染まるのは、朝だけではありません。夕刻数分間、2階西側通路が黄昏色に染まります。いきなり差し込み始めるオレンジ色の深みには、ある種慈悲深さすら感じます。心に余裕を持って改めて周囲を眺めると、普段気づかなかったものが見えることがあります。「優しさに包まれたなら、目に見える総てのものがメッセージ」という歌詞を思い出しました。

 2月1日(水)給食だより 

給食便り 2月予定献立表をを見ると、今月は中盤の16日にカレーを配置して、後半モチベーションを爆発的に加速させる狙いがうかがえます。さらに7日のスパゲッティーミートソース+うずらのカレー煮は、2大人気メニューのカレーとミートソースが同時に味わえる粋な組み合わせとなっており、大盛り続出は間違いなし!給食のことを考えていると、なんだか心が温かくなります。

 1月31日(火)オレンジ色に包まれて 

朝日 朝HP更新中、あたりがオレンジ色に。しばし作業をやめ朝日を眺めます。現在日がどんどん延びています。日の出は2,3日に1分、日の入りは1日に1分の割合で増え、昼が夜を凌駕し始めています。わずかずつ増加しているのでわかりにくいのですが、ある時、蓄積され続けた「わずかなもの」の大きさに、驚くことがあります。勉強もそうだと思います。諦めずに進みましょう。

 1月30日(月)日本語基礎の授業の後 

日本語基礎 日本語基礎の授業を受けている3年生が、先週の水曜日、今年度最後の授業を迎えました。8限卒業試験を受けて元の教室に戻ると、黒板に他の受講者たちからのメッセージが。今年度の定通文化大会ではフィリピン出身の生徒たちをまとめ上げ、母国文化発表とバンブーダンスを成功に導いたリーダー的存在。彼が後輩たちにいかに慕われていたかが分かる、自然発生的な贈る言葉なのです。

 1月27日(金)朝日中高生新聞 殻なし卵孵化の記事 

殻なし卵孵化新聞記事 写真は、朝日中高生新聞の特集記事で紹介された、本校生物部「殻なし卵孵化」研究紹介記事。生浜NOWでも紹介した11月15日、スウェーデンのラジオ局、TBS、生物写真家とともに、朝日新聞の記者が本校を訪れ取材、この記事となりました。奇しくも酉年の1月号、「殻がなくても生まれます」という言葉とともに、この世界的研究記事が大々的に紹介されました。

 1月26日(木)夜間部進路報告会 

2017.1.26 先週水曜日に食堂で開かれた夜間部進路報告会の様子をお伝えします。就職決定者11名、進学決定者4名が発表者として参加しました。各発表者は、プラカードの表面に就職・進学予定の企業や学校名を記入、裏面には後輩への一言を記入しました。まずは全員が順番にプラカードに書いたことについて発表、事前に募ったアンケートの中から、発表者に質問をしていきました。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 1月25日(水)旧生徒会役員記念撮影 

旧生徒会役員 先日の生徒会役員選挙で新メンバーが決定し、新体制での活動が本格化します。写真は2016年のしほた祭等での生徒の主体的な活動を活性化させてきた旧生徒会の役員達と顧問の先生方。絆奏〜奏でよう4つの音楽」というキャッチフレーズの下、全日、午前部、午後部、夜間部がそれぞれの特徴を掲げ、4パートのシンフォニーを奏でた文化祭の運営は見事でした。お疲れ様でした。

 1月24日(火)PTA広報おいはま用写真 

PTA広報おいはま用写真 3月8日に行われる卒業式の日に、今年度最後のPTA広報「おいはま」が発行になります。卒業特集のこの号には、卒業する生徒に関わった先生方のメッセージや写真が掲載される予定です。写真はこの号に掲載される予定の4年次担当の先生方。いろいろな事情を抱えながらも、しっかり4年間通いきり卒業していく生徒たちは、3年での卒業とはひと味違った滋味深さを手に入れるのです。

 1月23日(月)ほけんだより1月 

ほけんだより1月 このところいろいろな行事が続いていて紹介が遅れてしまったのですが、ほけんだより1月号を紹介します。12月号のインフルエンザ特集に引き続き今回の特集は感染性胃腸炎。予防法、治療法から出席停止時の対応に至るまで丁寧に説明されていて心強いです。裏面は風邪対策。やはり免疫力が大切なんですね。睡眠をたっぷりとり、バランスよく食べ、よく笑う。みんなで実現したいですね。

 1月20日(金)淑徳大学「しゅくとも」による生徒支援 

しゅくとも学習支援 18日午後、淑徳大学ボランティア団体「しゅくとも」のメンバー4人が来校し、1,2年午後部のクラスのLHR・総合の時間に参加、自身の高校時代の体験談を語ったり、進路についての相談に乗る等、生徒の動機付けにつながる有意義な活動を行いました。友達でもなければ大人でもない、大学生という独自の立ち位置からだからこそ届く、活きた言葉があることを実感しました。

 1月19日(木)簿記の専門学校の講師による検定用特別講義 

簿記の専門学校の講師による特別講義 1月22日(日)に実施される第83回全商簿記実務検定試験の検定取得を目指して、簿記の専門学校の講師による特別授業を行っています。写真は17日火曜日に行われた特別講義の様子。生徒たちはそれぞれ自分のペースで、合格に向けて真剣な眼差しで頑張っています。4月より継続して積み上げてきた努力が報われて、1人でも多くの検定取得者がでることを期待しています。

 1月18日(水)進路報告会 

進路報告会 本日LHRの時間を使い、2年次生徒対象、進路内定者による進路報告会が行われました。写真は視聴覚室で行われた午前部の報告会。初めにひとりずつ自己紹介、その後なぜその進路を選んだのか、進路に向けて頑張ったこと、注意すること等について、活発な質疑応答が行われました。生達達はは先輩達の体験談に、真剣に耳を傾けていました。いい動機付けになったことと思います。

 1月17日(火)袖ケ浦特別支援学校との交流会 テーマ「美しい化学」 

袖ケ浦特別支援学校との交流会 本日袖ケ浦特別支援学校との交流会が行われました。今回のテーマは「美しい化学」。前半はポリアクリル酸ナトリウムの吸水作用の説明。これを利用したプランツボールを用いて、こんなに美しいオブジェが(写真)。後半は尿素の再結晶作用を利用したマジックスノーツリー!驚きと感動にあふれる「美しい化学」の授業、参加した全員が化学の美しさを十分に堪能したことと思います。

 1月16日(月)ダブルの虹 

虹 先週からこの冬最大級の寒波が日本を覆っており、北海道や日本海側の地域に未曾有の大雪を降らせていますが、このことが太平洋側のこの地域にも幻想的な風景をもたらしてくれました。13日夕方、赤白の送電線に重なるように輝きながら空に伸びる巨大な虹。しかもその外側にも別の虹が。刻々と移りゆく圧倒的な天空ショーに、生徒も職員も息をのんで空を見上げました。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 1月13日(金)1月の給食紹介 

給食紹介 今年最初の給食「鶏肉とキノコのカレー」、そして今週最後のメニュー、本日の「スパゲティナポリタンとフライ盛り合わせ」あたりで、重力の限界に挑戦するがごとく芸術的に盛られた大盛りを食堂で見つけることが出来ます。その他にも地産地消で土地のパワーをしっかりと吸収して育った作物を、バランスよく食べられる給食、生徒たちの健全な成長をしっかりと支えています。

 1月12日(木)体育の授業・英語の授業コラボ 

体育授業・英語授業コラボ 昨日行われた、体育・英語のコラボ授業について紹介します。月曜の3,4限に実施されている3年生の体育授業と、ほぼネイティブとして英語を話す生徒対象のスペシャルイングリッシュクラスのコラボ授業、今回のテーマは卓球。体育の先生からの指示は全て見事な英語!ダブルスの試合のルール説明はALTの先生が英語で!(写真)。英語と笑顔が飛び交う、なんとも楽しい授業でした。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 1月11日(水)卒業年次着こなし講習会 

着こなし講習会 本日LHR・総合の時間、3,4年次対象の講習会が行われました。講師の先生をお招きし、社会人としてのマナーと着こなしについてお話をいただきました。信頼される社会人になるために何を目指すべきかを、みんな肝に銘じたことと思います。後半実際にスーツをを身につけた生徒達は、一人前の社会人と見まごうばかりの立派さ。社会に出て立派に働く彼らの姿を、思い浮かべました。

 1月10日(火)生徒会認証式・集会 

生徒会認証式・集会 新しい年を迎えての最初の集会、底冷えのする1月の体育館でしたが、年明け最初の集会にふさわしく、整然とした雰囲気の中で会は進みました。「人生とは何か?」という冬休み前の集会での校長先生問いかけに対する答えとして、ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領の言葉が紹介されました。全ての人間に対して平等に与えられる「時間」。どう使うかは、使う側にゆだねられているのです。

 12月22日(木)冬休み前集会 

2016.12.22 冬休み前最後の集会、身だしなみ指導の後、校歌練習。発声練習を行うと、なんだか声が出る気がするのが不思議。賞状伝達式では、受賞した大勢の生徒たちが登壇、大きな拍手を受けました。「人生とは、生まれて死ぬまでの間、つまり『時間』に他ならない」。集会での校長先生のお話を聞いて、ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領の言葉を改めて読み直しました。

 12月21日(水)図書館だより2016冬号 

2016.12.21 図書館便り冬号、今回は図書館便り始まって以来のロングインタビュー。今年生浜高校の名を世界に知らしめた「殻なし卵孵化研究」の第一人者、田原豊先生特集。スペースの都合で内容には触れられませんが、田原先生の発する「大丈夫!」という言葉には不可能を可能にする魔法が宿っているのだと思います。この世界的研究成果は、先生の柔らかくも強い信念の賜物であると確信します。
◆PDF版はこちらからご覧になれます。

 12月20日(火)保護者相談会・フリーワークショップ 

2016.12.20 本日午後1時より、教育相談室で色々な事情で学校に通うことが難しい生徒を持つ保護者対象の保護者相談会、午後2時よりで生徒対象のフリーワークショップが行われました。保護者相談会での内容の深まり具合、ワークショップの持つ可能性の広がり等、個人的に学ぶことが山のようにありました。一人でも多くの生徒を不登校から救いたい。今後更に内容を改善していきます。

 12月19日(月)図書館便り12月号 

2016.12.19 今月の図書館便りは新規購入本、寄贈本紹介。芥川賞受賞作「コンビニ人間」、直木賞受賞作「海の見える理髪店」、東野圭吾「危険なビーナス」、池井戸潤「「陸王」といった人気作家の作品、話題のノベライゼーション、新海誠「君の名は」等。気になったのは「気をつけろ!猛毒生物大図鑑」。なんだか読んでみたい。寄贈図書としてブラックジャック1〜4巻というのも嬉しい。

 12月16日(金)PTA常任理事会ならびに理事会 

2016.12.16 本日午後1時より応接室で平成28年度第2回PTA常任理事会ならびに理事会が開かれました。会長・校長挨拶の後平成28年度前期・後期事業報告、平成28年度後期事業計画、会計中間報告、各委員会(広報委員会、研修委員会、学校支援委員会)からの報告と続きました。凍えるような底冷えのする寒い1日となりましたが、ご覧のように会は暖かいムードに満ちあふれていました。

 12月15日(木)校長室から 「世界遺産ラスコー展」を見学して 

2016.12.15 12月の始め、イチョウの葉が散り敷いた上野公園を歩いていました。目指すは国立科学博物館、11月から開催されている「ラスコー展」です。陽ざしは暖かかったものの北風が冷たく、冬将軍の接近を実感させられる日でした。ラスコー壁画を描いた「クロマニョン画伯」が生きていた時代は最終氷期、これくらいの寒さでへこたれるわけにはいきません。
「しょせんはレプリカの・・・(続く)
◆続きの記事はこちらからご覧になれます。

 12月14日(水)チームぴよちゃん表彰横断幕完成 

2016.12.14 後期中間考査3日目、ぐずつく天候の中、今年最後のチャレンジが続きます。「自分自身を信じろ」とジョン・レノンは言っています。自分を信じ、未来を信じ、胸を張って前進していきたいですね。昨日県道沿いの横断幕に、新たな項目登場!千葉県生徒科学論文展県知事賞受賞「ウミホタルの光!−知られてこなかった発光応答−。近くをお通りの際は、車に気をつけてご覧ください。

 12月13日(火)午前午後部卒業アルバム職員写真 

2016.12.13 後期中間考査、2日目に入りました。今年最後のチャレンジ、卒業年次にとっては最後の中間考査になります。寒さ、卒業に向けての不安と期待、乗り越えるべき壁は生徒それぞれだと思いますが、正面切って立ち向かっていってほしいと思います。今朝、午前午後部の先生方の、卒業アルバム用の写真を撮りました。雲の切れ目から、日差しが差し込み、不思議なぬくもりに包まれました。

 12月12日(月)12月給食便り紹介 

2016.12.12 今年最後の給食便り、今月号の特集は風邪の予防5つのポイント。「栄養のバランスのよい食事を1日3食きちんととる」。この点において、本校には専門の栄養士さんによって綿密に準備され運営されている給食があります。安心して冬を乗り切ることが出来ると思います。残念ながらキーマカレーは終わってしまいましたが、よく見ると最終日がカレーうどん!身体も心も温まりそうです!

 12月10日(土)学校説明会 

12.10 本日10時より食堂において、第3回学校説明会が行われました。食堂がほぼ満員になる110名の中学生と保護者の方が参加されました。副校長先生の挨拶の後、パワーポイントを使った学校生活紹介、入学試験についての詳細な説明が行われました。全体会終了後、グループに分かれ校舎案内、個別相談会と続きました。参加されたみなさん、どうもありがとうございました。

 12月9日(金)殻なし卵孵化取材 

2016.12.9 本日あるテレビ局のスタッフが見えて、来年年明けに行われる殻なし卵孵化の取材の打ち合わせが行われました。今年は内外のメディアが代わる代わる取材に見えて取材を行っていた観があります。今度はどんな番組になるのだろうと期待に胸が膨らみます。写真は先日生まれたヒメウズラのヒナ。通常のウズラよりも小ぶりで、何よりもビロードのようにふわっとした羽毛が心地よさそう。

 12月8日(木)ほけんだより12月 

2016.12.8 今月のほけんだより、特集はインフルエンザ。インフルエンザの特徴と症状の説明から、出席停止の手続きについての注意事項を丁寧に解説。またその流行を加速させる天敵「乾燥」の対処方法も必見。個人的に外せないのは「方言で寒いって何というか」。新潟の「さあめ」は寒いの変化形かなとか、沖縄の「ひーさん」は一体何がどうなってるんだなどと、一人で楽しんでしまいました。

 12月7日(水)学校美化と地域交流 

2016.12.7 本日5,6限のLHR・総合の時間、全日制1年次の生徒たちが地域の教育施設を回り、子どもたちと交流を深めるとともに花植えを行いました。向かった先は、浜野保育所、はまの幼稚園、はまの保育園、葵の園はまの、生浜西小学校の5カ所。プランターと土を持って会場へと向かいました。地域の子どもたちをいっしょに作業をする生徒たちの穏やかな表情を見るのは、嬉しいものです。

 12月6日(火)PTA研修 

2016.12.6 11月の穏やかな天候のもと、今年夏、東京から埼玉へ移転し、10月から見学が再開された東京造幣局さいたま支局に研修に行ってきました。できたてほやほやの真新しい造幣局は出入り口のセキュリティも厳重で、平日にもかかわらず館内は大勢の見学客であふれていました。案内者の説明のもと1時間ほどの少しあわただしい工場見学でしたが、この工場で・・・続きはこちらから。

 12月5日(月)図書館装飾冬号 

2016.12.5 気づいたら12月2週目、時の過ぎゆく速さに翻弄されています。今度の冬は雪が降るのだろうかと、図書館装飾冬号を見るたび思うのですが、今年はすでに大雪を体験しているから驚きです。来週から後期期末考査。これから更に年末に向かって時間が加速していきますが、この装飾のように穏やかな気持ちでクリスマスを迎えられるよう、十分に準備してこの1週間を過ごせたらいいですね。

 12月3日(土)修学旅行第3日目 

2016.12.3 12月3日(土)、旅行最後のイベントは、沖縄ワールド。エイサーのど迫力のグルーブに圧倒されたのではないでしょうか。終了後レストランちゅら島で、本場の沖縄料理を満喫。全ての行程を終了し那覇空港へ。旅行中、見学を中断して写真を送ってくれた生徒のみなさん、おかげさまで充実した写真集が完成しました。協力してくれたみなさんに心から感謝します。ありがとうございました。
◆修学旅行の特集記事はこちらからご覧になれます。

 12月2日(金)修学旅行第2日目 

2016.12.2 沖縄修学旅行2日目。6時半に早めの朝食を取り、生徒たちは体験学習が行われる場所へと 向かいました。写真は今年度初めて実施されるマリンスポーツのひとつ、シュノーケリング。この他にもシーカヤック、沖縄菓子作り、漆喰シーサー作り、ビーチコーミング、伊江島サイクリングと、沖縄の風土と自然を味わえるメニューばかり。昨日と全く別の沖縄の魅力、満喫です。
◆修学旅行の特集記事はこちらからご覧になれます。

 12月1日(木)修学旅行第1日目 

2016.12.1 12月1日木曜日、羽田空港モノレール南口マック付近に集合。あいにくの雨天でしたが欠席者ゼロ!8時40分、ANA467便は、無事沖縄に向けて離陸しました。11時35分に那覇空港到着、クラスごとにそれぞれ平和祈念資料館、ガマに向かいました。写真は平和祈念資料館。71年前に沖縄でおきたこと。自然の美しさが際立つ分、その重みが否が応でも胸に迫ります 。
◆修学旅行の特集記事はこちらからご覧になれます。

 11月30日(水)修学旅行結団式  

2016.11.30 2年次修学旅行、明日から始まります。昨日荷物の搬入を済ませ、今日は10時半から全員食堂に集まり結団式。係の先生方や添乗員の方から旅行に関しての心構えや注意事項についての話があり、最終的な確認が行われました。修学旅行のしおりを見ながら、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。明日の今頃は、ちょうど那覇空港に到着します。最高の旅になることを祈っています。
◆修学旅行の特集記事はこちらからご覧になれます。

 11月29日(火)修学旅行荷物搬入  

2016.11.29 2年次修学旅行、明後日から始まります。今日12時10分より昇降口前で荷物搬入が行われました。生徒が持ち運んだ様々な色のバッグがトラック運び込まれ、否が応でも修学旅行の気分が高まってきた気がします。今年度も「リアルタイム修学旅行」を実施します。職員や生徒が現地沖縄で撮影した撮りたての写真を、タイムラグ1時間以内でアップしていく予定です。どうぞご覧ください。
◆修学旅行の特集記事はこちらからご覧になれます。

 11月28日(月)スーパーでの朝市で農産物販売のお手伝い  

スーパー農業販売のお手伝い 27日、千葉市中央区にあるSENDO千葉みなと店で行われた朝市、「DREAM朝マルシェ」に、淑徳大学の学生と本校で商業を学ぶ生徒が参加、生産者の農産品販売のお手伝いをしました。生産者と消費者が同じテーブルに立ち意見を交わし合い販売に携わることで、県内商品を広めるとともに、将来の産業モデルを模索する企画。実践的な商業の授業として、大変有意義な活動でした。

 11月25日(金)修学旅行近づく  

修学旅行近づく 2年次の修学旅行が近づいてきました。29日昼休みに荷物発送、30日水曜日に結団式、12月1日に沖縄に向かいます。今年も参加している生徒たちに、旅行中に撮影した素敵な風景をメールに添付して送ってもらい、ホームページの「修学旅行」のコーナーにリアルタイムでアップしていく予定です。異国情緒あふれる沖縄の空気を丸ごとお伝えできたらと考えています。

 11月24日(木)雪景色  

2016.11.24 まだ11月だというのに、本当に雪なのか。昨晩から繰り返される大雪の予報に対し、半信半疑のところもあったのですが、この目の前で降りしきる雪を見るにつけ、予報の確かさを実感するとともに、秋はどこに行ってしまったんだという、嘆きにも近い感情がわき上がってきます。これから登校してくる午後部や夜間部の生徒たちが、無事に学校に着くよう、願うばかりです。

 11月22日(火)母国料理を作る  

母国料理を作る 本日のアドバンスト英語は特別メニュー。全員調理室に集まって、英語を使いながら母国の料理作りを行いました。前の時間に英語で詳しいレシピを作成、それに従って3つのグループに分かれ下準備をしていきます。インドネシアのナシゴレン、ジャマイカのスパイシーエビ料理、フィリピンのフルーツたっぷりデザート。それがどんなに美味しかったか、参加者の評定をご覧ください。

 11月21日(月)家庭科部作品 あんまん・肉まん  

2016.11.21 家庭科部の活動について紹介します。先週の木曜日の夕方、ちょうどあたりが暗くなり始めた頃、得も言われぬいい香りに振り向くと、なにやら美味しそうなものを運ぶ家庭科部の生徒の姿がが。今回の作品は、ご覧の通り、あんまんと肉まん。皮も、中身も、生徒たちがあずき、挽き肉や椎茸を用いて丹精込めて作り上げた本格的な飲茶です。日に日に寒さが厳しくなる中、心が温まりました。

 11月18日(金)図書館装飾 秋 

図書館装飾秋 今月の図書館装飾、ご覧の通り、秋です。優しく色づいた葉の上を飛ぶ立体感のある赤とんぼ。先日テレビで放映され、数え入れないほど何度も見たにもかかわらず、見るたびに懐かしくて胸がいっぱいになってしまうトトロも、秋の風景にマッチしています。近年夏と冬がどんどん勢力を伸ばし、つかの間の憩いの時になってしまった感のある秋を、思う存分感じたいと思います。

 11月17日(木)開かれた学校づくり委員会・ミニ集会 

開かれた学校づくり委員会 本日午後1時40分より開かれた学校づくり委員会、14時半よりミニ集会が開かれました。ミニ集会では講師の先生をお呼びして「命の大切さを考える防災教育」という演題でお話をしていただき、避難所運営ゲームというグループワークが行われました。避難所に、どのような秩序をもって場所を割り当てていくか。参加者のこの真剣な表情をご覧ください!大変貴重な体験となりました。

 11月16日(水)生徒会本部役員立会演説会 

立会演説会 本日生徒会役員選挙が行われました。生徒会は、会長1名、副会長4名、事務長1名、副事務長1名、会計2名からなります。部によってLHRの時間が異なり3回に分けて立ち会い演説会を行うため、演説の内容をビデオで録画し、午前部と夜間部は食堂で、全日制と午後部は体育館で上映されます。生徒達は、候補者のメッセージに真剣に耳を傾けていました。投票結果は明日発表されます。

 11月15日(火)スウェーデンラジオ局 殻なし卵孵化取材 

スウェーデンラジオ局取材 殻なし卵孵化研究の取材に、多くの方々がお見えになりました。TBS番組制作担当の方、写真家、スウェーデンのラジオ局スタッフ、朝日学生新聞社中高生新聞編集部、四街道市国際交流協会のスタッフの方等。スウェーデンのラジオ局のスタッフは、ノーベル賞受賞の取材で来日、卵孵化の映像に感銘し、本校への取材の運びとなりました。改めて研究意義の大きさを再認識した次第です。
◆殻なし卵取材の特集記事はこちらからご覧になれます。

 11月14日(月)物理基礎・音楽コラボ授業 

物理・音楽コラボ授業 本日3,4限の物理基礎は、音楽とのコラボ授業。前半では、音は空気伝播あることを示すための、太鼓の音でろうそくの炎を消す実験、音声ソフト使用の音の波形の観察、BGM実験で音楽の効果の体験、後半ではグランドピアノの形やギターの弦と空洞の意味を解明していきます。学んだ理論が、日常生活の中の出来事として再認知され深められていく展開の見事さは、感動的ですらあります。

 11月11日(金)進路行事 

2016.11.11 本日は全校を挙げての進路行事。朝から冷たい雨が降りしきる底冷えのする一日となりましたが、生徒たちにとって自分の将来を深く考える一日となりました。1,2年生は職業別体験。製造業、販売業、調理・製菓の仕事など、自分の興味がある2分野を選んで説明を受けました。3,4年生はワークルール普及啓発セミナーを受講。実際に役に立つ労働法について具体的に学びました。

 11月10日(木)定通体育大会第2日目 バスケットボール優勝! 

バスケット優勝 定通体育大会第2日目、午後4時過ぎにビッグニュースが入ってきました。バスケットボール、本校チームが優勝です!決勝戦は船橋高校との一騎打ちとなり、一進一退の予断を許さない展開に。最後の最後、粘る船橋高校を振り切り40対38で勝利、優勝メダルを手にしました。写真は試合後みんなで撮った記念写真。全員の心がひとつになって掴んだ、最高の栄誉です!

 11月9日(水)浜野保育所との交流 

浜野保育所 本日浜野保育所の園児たちが本校を訪れ、体育館裏の畑に野菜の種を植えました。澄み切った青空が広がる秋晴れの一日となりましたが、吹き抜ける風はまるで真冬のよう。それでも子どもたちは、そんな寒さをものともせず、生物部員のサポートを受けながら、ほうれん草、小松菜、ハツカダイコンの種を植えました。野菜も、子どもたちも、元気に育って欲しいと願わずにはいられません。

 11月8日(火)校長室から 6 あの、八ッ場ダムは今、そして・・・ 

2016.1.8 近頃は、メディアでも取り上げなくなりましたが、群馬県吾妻郡長野原町に建設 中の八ッ場ダムを覚えていますか?民主党(当時)政権だった2011(平成23)年、時の 前原誠司 国土交通大臣が八ッ場ダムの建設を中止しようとしたことに端を発し、毎日のように報道がなされていました。当時の私の考えでは、少なくても前原元大臣の考えに対し、異を唱えるものではありませんでした。(続)
◆続きの記事はこちらからご覧になれます。

 11月7日(月)淑徳大学学園祭「龍澤祭」に参加しました 

淑徳大学龍澤祭生徒参加 先週土曜日、淑徳大学とのジョイント企画の一環として、淑徳大学の子ども応援グループ「しゅくとも」のメンバーに学園祭「龍澤祭」を案内してもらうというイベントが行われました。午前10時20分蘇我駅集合、淑徳大学まで大学のバスで向かい、トレンディーエンジェル等が出演する「お笑いライブ」等鑑賞、高校のものとはひと味違う、大学祭の雰囲気を、生徒たちは満喫しました。
◆詳細記事はこちらからご覧になれます。

 11月5日(土)学校説明会 

2016.11.5 本日、午前10時より体育館で学校説明会が開かれました。8月に行われる予定だった1日体験入学が台風で中止となり、その代わりに今回の説明会の規模を広げる形で実施。開会の後、学校生活全般と入試の注意点についての説明、学校案内と個別相談をはさんで、希望者に対して午後から部活動体験が行われました。心配された天候も劇的に回復、秋空の下での部活動体験となりました。

 11月4日(金)11月の給食だより 

2016.11.4 今月のカレーの日は月のほぼ真ん中に近い9日に設定されており、ちょうど冬に近づく寒さが感じられるようになった頃、カレーのパワーでエネルギーをチャージし、冬に立ち向かっていこうというコンセプトが見て取れます。特集記事は「地場産物のよさを知ろう」。本校の給食は地産地消の、土地のパワーを十分に吸い取った食材を使用しています。元気が出ないわけがありません。

 11月2日(水)卒業クラス写真撮影(午前・午後部) 

20136.11.4 夏から秋を飛び越して冬に向かってしまったと感じられるような冷たい風が吹き抜ける中、校舎南側自転車置き場脇で3年午前・午後部の生徒たちがアルバム用のクラス写真を撮影しました。今年一番の寒さではありましたが、そこに向かって、一歩踏み出す勇気を持つことは大切なことだと思います。透き通った空気の中、色づいた銀杏の葉が秋空をバックに輝いていました。


 11月1日(火)淑徳大学文化祭交流 今週土曜日は淑徳大学学園祭 

文化祭交流  先日のしほた祭で、淑徳大学「しゅくとも」のメンバーにワークショップを開いていただきましたが、今週末は「しゅくとも」のメンバーが本校生徒を淑徳大学の学園祭「龍澤祭」に招き、様々なイベントを案内してくれます。山場は「お笑いライブ」。トレンディーエンジェルを筆頭にご機嫌なライブパーフォーマンスが繰り広げられること間違いなし!申込は明日水曜日までに担任の先生まで。

 10月29日(土)しほた祭当日

しほた祭当日  しほた祭当日。開会式ではダンスの発表に加え5カ国語による開会宣言で文化祭の幕開け。新しい企画「歌うま」で披露された美声に酔いしれ、量も質も満足のランチをいただき、各参加団体の趣向を凝らした発表を楽しんでいるうちに、あっという間に閉会式。閉会式でのバンブーダンスの正確なステップに目を奪われました。来ていただいたみなさん、本当にありがとうございました。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 10月28日(金)しほた祭準備2

しほた祭準備2  しほた祭準備2日目。明日の一般公開に向けて最後の追い込みに入っています。準備風景を見て気がついたことは、今年度の出し物は、思わず注目してしまうような鮮烈なデザインが目白押しであること。年々完成まで時間がかかる凝った企画が増え、その充実感と達成感を体験した生徒たちが、次の年にそれを上回る企画にチャレンジしようとする、いい流れが確立した感があります。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 10月27日(木)しほた祭準備1

しほた祭準備  本日はしほた祭準備。各発表団体が土曜日の一般公開に向けて、懸命の追い込み作業に入っています。「絆奏〜奏でよう4つの音楽」というキャッチフレーズの下、全日、午前部、午後部、夜間部がそれぞれの特徴を活かした企画を立ち上げ4パートのシンフォニーを奏でます。生徒会企画のスタンプラリーや歌うまも実に楽しみな第39回しほた祭、今週土曜日一般公開です!
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 10月26日(水)殻文化祭に淑徳大学「しゅくとも」参加!

10.26  淑徳大学と本校の交流の一環として、今週末行われる本校文化祭「しほた祭」に淑徳大学の子ども支援グループ「しゅくとも」のメンバーがミサンガ作りのワークショップで参加します!。場所は生徒棟1階のA107。是非一度お立ち寄りください。そして再来週の淑徳大学の学園祭「龍澤祭」に本校生徒が訪れ、しゅくとものみなさんに学祭を案内してもらう予定です。週末が楽しみです!

 10月25日(火)殻なし卵孵化ウズラ、成長する

2016.10.25  本日も殻なし卵孵化の取材で、TBSテレビが本校に。現在第2次の取材攻勢の波が押し寄せています。それと同時に9月16日の授業で殻なし卵から見事孵化したウズラが、秋休みにその授業を選択している生徒にもらわれていき順調に成長、本日学校に里帰りし、その成長した姿を披露しました。その凜とした佇まいの美しいこと!生き物のたくましさを改めて実感しました。

 10月24日(月)定通総合文化大会での発表

定通総合文化大会2016  先週土曜日、松戸南高校において定通総合文化大会が開かれました。本校からは生活体験発表に1名、「日本語基礎」選択者による母国文化紹介に18名の生徒が参加しました。本校生徒の生活体験発表を聞いて涙が出てきたと伝えてきていただいた先生がいたり、母語での母国文化紹介の圧巻のパフォーマンスに大きな拍手が巻き起こったり。本校生徒の活躍が印象的な1日でした。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 10月21日(金)淑徳大学学生交流

2016.10.21  本日淑徳大学「しゅくとも」の学生が本校を訪れました。今回はしほた祭間近のため、通常の基礎学習会ではなく、普段参加している生徒たちが所属しているクラスの文化祭の準備に参加しました。大学生のみなさんはクラスにすっかり溶け込み、まるでクラスメイトのよう。生徒たちとの交流を深めるとともに、文化祭準備の進め方についての貴重な体験になったのではないかと思います。

 10月20日(木)保護者相談会・フリーワークショップ

保護者相談会・フリーワークショップ  本日午後1時より、教育相談室で色々な事情で学校に通うことが難しい生徒を持つ保護者対象の保護者相談会、午後2時より柔道場で生徒対象のフリーワークショップが行われました。あいにく写真担当出張のため写真を撮ることが出来ませんでしたが(写真は前回のもの)どちらの会も非常に有意義なものとなったと思います。今後更に内容を改善していけたらと考えております。

 10月19日(水)定通文化大会 母語による母国文化発表準備

母国文化発表  今週末松戸南高校で定通文化大会が開かれます。昨年度から本校で日本語基礎を選択している日本語を母語としない生徒たちが、母語を使った母国文化発表を行っています。今年度も、フィリピン、インドネシア、ネパール出身の生徒たちが発表の準備をしています。今年度はパワーポイントによる発表に加えて、フィリピン出身の生徒たちによるバンブーダンスも披露されますので、お楽しみに!

 10月18日(火)嫌気呼吸と麹菌

特別な麹  この写真、調理実習作られたリゾットではありません。麹です。生浜NOW9月6日火曜日で紹介した生命のかけがえのなさを撮り続けているカメラマンからいただいたものだそうです。現在生物の授業では、嫌気呼吸のひとつとして発酵について学んでおり、納豆菌から作られる納豆、乳酸菌を使ったヨーグルト、そして今回の麹菌の観察につながっていきます。極上の甘酒になるそうです。

 10月17日(月)しほた祭まであと2週間切る!

2016.10.17  しほた祭まであと2週間を切りました。授業の風景も装飾物に囲まれた不思議なものになり始め、文化祭前夜の得も言われぬ高揚感が漂い始めています。写真は現在制作中のしほた祭パンフレット。今年のキャッチフレーズは「絆奏〜奏でよう4つの音楽」。全日、午前部、午後部、夜間部がその特徴を活かしながら心を一つにしたときに巻き起こる、圧巻の化学反応をご期待ください。

 10月14日(金)科学論文 千葉県知事賞受賞!

2016.10.14  平成28年度千葉県児童生徒教職員科学作品展科学論文の部で、本校研究チーム「チームピヨちゃん」の論文「ウミホタルの光−知られてこなかった発光応答−」が千葉県知事賞を受賞しました。今回の研究で見いだされた刺激方法により、ウミホタルを弱らせることなく1000回以上6時間以上の発光応答を観察することが可能に!圧倒的な発光現象がさらに身近になりました!

 10月13日(木)ほけんだより10月紹介

2016.10.13  ほけんだより10月号にあるとおり、今年の9月は雨の日が多かったり、10月になって30度を超える日が続いたりと、いつ体調を崩してもおかしくない気候でした。来週は「薬と健康の習慣」。自然治癒力の構造と医薬品を使う際の留意点がほけんだよりを読むとよく分かります。裏面は目の疲れについて。10月10日は目の愛護デー。たまには目をケアしてあげましょう。

 10月12日(水)11月5日土曜日に行われる学校説明会について

2016.10.12  8月実施予定の1日体験入学が台風の影響で中止にせざるを得なくなり、多くの方々にご迷惑をおかけしましたが、その代わりとなるものを11月5日学校説明会の規模を大きくした形で実施します。午前中の説明会に加え、午後より部活動体験を実施します。前回同様、中学校からまとめて参加申込することになっています。現在申込受付中ですので、どうぞよろしくお願いします。
◆詳細はこちらです。

 10月11日(火)後期始業式

後期始業式  季節の移り変わりを反映するがごとく、秋らしい風が吹く1日となりました。今日から後期。SHR・清掃の後、体育館で後期始業式が行われました。前期終業式で校長先生からお話しいただいた「アンガーマネージメント」のお話の後半。怒りを感じたとき、傷つけてはいけないもの:他人、もの、そして自分。心に余裕を持って、他人に対しても、自分に対しても、優しくありたいですね。

 10月7日(金)秋季入学式

秋季入学式  本日午前10時より会議室において、秋季入学式が行われました。今日新たに午後部の生徒が3名、本校生徒の一員となりました。入学式終了後、写真撮影、身体検査、教室案内が行われ、10月11日の後期始業式に向けて、準備が行われました。本校特有の柔軟な教育システムを利用して、実りある高校生活が送れるよう、学校としてサポートしていきます。生浜高校へようこそ。

 10月6日(木)大量のミジンコではありません。これは・・・

海ほたる  大きめの水槽でうごめく、無数の微生物。ミジンコでもボウフラでもありません。海ほたるです。この時期いつもの場所で採集されるのですが、こんなに大量に採取でるのはきわめてまれだそうです。海ほたるの発光の研究は、本校の生物室でも継続して行われてきているテーマで、この量の海ほたるが一斉に発光する風景を思い浮かべるだけで、わくわくした気持ちになります。

 10月5日(水)緑のカーテン下で育ったカボチャが重量当てゲームに

カボチャ重量当てゲーム  緑のカーテン下で育ったカボチャが、生徒会主催の重量当てゲームに。食堂前のカボチャがだんだん色づいてきて見事なオレンジ色を帯びるようになり、栽培者によって収穫され、生徒会の手に渡り、素敵にドレスアップされて重量当てゲームとして昇降口前に置かれました。観賞用で食べてもおいしくないのだそうですが、このカボチャ、得も言われぬ暖かい雰囲気をまとっています。

 10月4日(火)秋季卒業式

秋季卒業式  久しぶりに30度を超える暑い1日となりました。今日は前期最後の登校日。午後2時より秋季卒業式が行われました。三部制定時制ならではの、こじんまりとした3名の卒業式。けれど他のどんな大きな卒業式にも劣らない、込められた思いの丈の深さ。校長先生の式辞もPTA会長様の祝辞も、卒業生の3人に染みこむように伝わっていきました。卒業、おめでとうございます。

 10月3日(月)大掃除

大掃除  今日は前期最後の大掃除。日常の掃除に加えて、棚の裏の掃除や窓ガラス磨きなど、普段手の届かないところの掃除を手分けして行いました。写真は生徒棟22階の女子トイレの壁を掃除する全日制の生徒たち。時折笑顔を見せながらも、一生懸命壁を磨いていました。ほこりでくすんでいたところが、掃除をすることで見違えるようにきれいになる。なんとなく、素敵な気持ちになりますね。

 9月30日(金)情報モラル講習会

9.29  今日はSHRの後、情報モラル講習会。講師の先生をお招きし、スマートフォン使用に潜む危険性についてお話をいただきました。今や幼稚園の子供たちもスマホを持つ時代。スマホのトラブルと言えば、既読の問題。些細な思い違いから取り返しのつかない人間関係のトラブルに発展します。ビデオを見た後、どのような点に問題があり、どういう解決法があるのか、みんなで考えました。
 

 9月29日(木)生徒指導講話「若者のためのDV予防セミナー」

2016.9.29  本日、全日・午前・午後部は体育館で、夜間部は食堂で、若者のためのDV予防セミナーがが行われました。学生や若い恋人たちの間に起こるDV。重大な人権侵害であるにもかかわらず、当事者同士の間でうやむやになってしまう。自分の気持ちや相手の気持ちを大切に考えるところから、解決の糸口が見えてくる。そして行動は選べる。人間として誇れる行動を取りたいですね。
 

 9月28日(水)フィリピンの民族舞踊パフォーマンス練習開始

2016.9.28  本日午後3時より体育館ステージで、先日お伝えした、日本語基礎・英語再発見受講者による「母語での母国文化発表」の企画のひとつ、フィリピンの伝統的舞踊であるティニクリング(バンブーダンス)の練習が行われました。チームリーダーの指示で、竹の代わりにほうきをを使いながら段取りよく練習していく風景は圧巻!練習している生徒の笑顔が、何よりも輝いていました。
 

 9月27日(火)スポーツデイ第1部終了

2016.9.27  本日スポーツデイ、朝起きたらまさかの雨が。延期というシナリオも念頭に入れ、開会式を教室で放送を流して行う対策で乗り切り、無事競技実施。グランドでソフト、サッカー、体育館でバスケットとバレー、小体育館で卓球が行われ、大歓声の下、熱い試合が繰り広げられました。フィナーレのチームジャンプ、声を掛け合い、心を一つにして汗を流した記憶は、一生ものだと思います。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。
 

 9月26日(月)フィリピンの民族舞踊パフォーマンスをお届けします

9.26  昨年度の定通文化大会で、日本語を母語としない生徒たちが、母語で母国の文化を発表し、大きな反響を呼びました。今年も同様な企画が行われます。今年度はさらに、フィリピン出身の生徒たちが、ティニクリングという竹を使った母国のダンスを披露することに。今日はその中のメンバーが集まって練習計画を立てました。今年の発表も、素晴らしものになりそうです。
 

 9月23日(金)エイサー実演鑑賞

2016.9.23  21日水曜日11,12限の時間に小体育館でエイサー実演鑑賞が行われました。琉球國太鼓千葉支部の方々がお見えになり、生徒の目の前で大迫力の踊りと音楽が繰り広げられました。エイサーの圧倒的な躍動感に、生徒たちは感激した様子です。本年度2年次の修学旅行、本年度も12月1日より沖縄に行きます。生徒たちは沖縄の歴史文化と美しい自然を満喫することとなるはずです。
 

 9月21日(水)しほた祭調理予定の家庭科部のシュウマイはおいしい

2016.9.21  午後4時半前、ちょうど小腹が空いてきた頃、家庭科部の部員たちが手作りのシュウマイを持って職員室に。漂ってくる本格的中華の香りが、このシュウマイのおいしさを物語っていました。椎茸、玉ねぎ、挽き肉、エリンギから作られた本格的な料理。しほた祭で販売する料理は、その他にも麻婆豆腐、マロンケーキ、マドレーヌ等。今年のしほた祭、お昼が楽しみです。
 

 9月20日(火)不登校回復プログラムの新しいチラシ

不登校回復プログラム 生浜高校には、様々な事情で中学時登校出来なかった生徒が、再スタートを切るつもりで登校しています。その生徒たちが少しでも無理なく登校出来るよう、様々なサポートを行っています。そのサポートをまとめて不登校回復プログラムと呼んでいます。認識の仕方を変えて心の負担を減らす「コーピング」から、登校のきっかけを与え続けるフリーワークショップ。詳しくはこちらを。
 

 9月16日(金)ゴーヤの収穫

ゴーヤ 昨日十五夜の日に収穫されたゴーヤの、この形と色つやをご覧ください。よく野菜と果物は新鮮なものがいいと言われますが、このゴーヤの新鮮さには思わず見とれてしまいます。生浜高校の食堂前の緑地で、夏の日差しを体中に浴び、夏の嵐の水分を思いっきり吸収し、こんなに立派なゴーヤに成長しました。鑑賞するも良し、食するも良し。しばらくゴーヤの収穫に目が離せません。
 

 9月15日(木)地学基礎の授業

2016.9.15 本日3,4限に行われた地学基礎の授業、雲仙普賢岳の火砕流、ベスピオ火山の噴火の様子など、火山について様々な角度から考察を行った後、その知識を防災に結びつけて授業は進みます。自分で行える範囲で準備する「自助」、地域の人々で支え合う「共助」、行政機関による救助を意味する「公助」という視点で防災を考えていきます。理論が実生活に結びついていく醍醐味を感じます。
 

 9月14日(水)松戸南高校の先生方がいらっしゃいました

松戸南高校の先生来校 本日学校間交流の一環で、松戸南高校の先生方がお見えになり、本校に通う外国につながる生徒のためのいくつかの授業を参観されました。写真は3,4限に実施された英語再発見(アドバンスト英語)の授業風景。午後からは日本語基礎の授業を見学。週に1回、思い切り母語を使うことで、リフレッシュ出来たらと考えます。解き放たれたような開放感が生徒の笑顔に宿ります。
 

 9月13日(火)雨の日ならではの瑞々しさ

雨の緑のカーテン 朝から低い雲が垂れ込め、大粒の雨が降り続く中、平常授業が行われました。雨の中、食堂前の緑のカーテンの陰で、朝顔が降りしきる雨に濡れながら咲いていました。花びらを包み込むようにうっすら輝く水滴の美しさに、思わず目を奪われました。雨の日は、何となく、気分が晴れないかもしれませんが、雨の日ならではの瑞々しさもまた、味わい深いです。
 

 9月12日(月)米軍基地内にある学校の先生が来校

米軍基地内にある学校の先生が来校殻なし卵孵化研究に対する世界規模の問い合わせが続いています。先週金曜日は米軍基地の中にある学校の先生が来校し授業を見学、是非同様の実験と観察を学校に持ち帰って行いたいとのことでした。この日は、秋季入学選抜に合格した外国につながる生徒、新しいALTの先生、米軍基地内の学校の先生が普通に廊下を行き交い、まるでどこかの国際高校にいるかのようでした。
  

 9月9日(金)写真同好会合同写真展紹介

写真同好会2016 写真同好会からのお知らせです。千葉県高等学校芸術文化祭・第48回合同写真展が平成28年9月5日(月)から11日(日)までの会期で千葉県立美術館にて開催されます。本校写真同好会のメンバー5名が作品を出品します。自然の風景から、交通機関、建物などバラエティーに富んでいます。是非、足を運んでご覧いただければと思います。素敵な写真が揃っていますので是非!
 ◆特集記事はこちらからご覧になれます。
 

 9月8日(木)ほけんだより9月

ほけんだより 今月のほけんだより、トップは睡眠時間について。充実した毎日を送るために、睡眠は大切なんですね。出来るだけ睡眠を多く取ろうと思います。「スマホの灯り VS 月の灯り」は必読。日本人にとって月は、特別な意味があるようです。月の灯りは今より豊かに人の暮らしを照らしていたようです。今年の十五夜は9月15日。スマホの灯りを消して、月を見上げてみませんか?
 

 9月7日(水)殻なし卵孵化入門講座のウズラ、生まれる!

殻なし卵孵化入門講座 先日行われた殻なし卵孵化入門講座で、参加者が自ら殻を割って大切に育ててきたウズラの卵、予定通り本日朝孵化しました。この分野の第一人者である先生が、慎重にラップから外し、まるで高度な手術のごとくピンセット、はさみ、糸を駆使して処置をし、ヒナが命を授かりました。今回はホームページを見た保護者の方が見学に見え、この感動的なシーンに同席されました。
  ◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 9月6日(火)殻なし卵孵化の授業取材

殻なし卵孵化取材 本日3,4限の生物の時間、カメラマンの方がお見えになり、授業風景を撮影されました。この授業の感動的なところは、ひなが誕生する瞬間に立ち会えることです。本日お見えになった写真家の方は、生命のかけがえのなさを伝える多くの写真を撮っているそうです。この後もまた、この授業から小さな命が生まれていきます。その風景を、写真家の方は、そっとすくい取っていくのでしょう。
 

 9月5日(月)野球部県大会出場決定!(写真は他の大会のものです)

野球部試合 本日高校野球秋季大会が行われ、本校野球部は青葉の森野球場で、敗者復活を賭け県立銚子高校と対戦しました。初回に点を取られ、2点を追う展開となりましたが、回を重ねるごとに試合の流れをつかみ、4回に大量10点を取り、試合を決めました。中でも斉藤投手が投打に渡る活躍を見せ、銚子打線を2点に抑えるとともに、自らもホームランを放ち、勝利に大きく貢献しました。
 

 9月2日(金)緑のカーテン復活!

緑のカーテン復活 あたかも夏の暑さを和らげるかのように、食堂南側に癒やしの空間を提供している緑のカーテン、今年度完全復活です。生き生きとした緑の葉に囲まれて、朝顔の花やゴーヤの花が可憐に咲き、立派なゴーヤが育っています。特筆すべきは、カボチャ。この写真では左下に小さく写っていて分かりづらいのですが、バスケットボールより大きい巨大サイズ!詳細は特集記事で!
 

 9月1日(木)登校指導

登校指導 現在卒業年次の生徒たちが面接の練習をしています。その際大きな意味を持つのがマナーとエチケット。 本日の登校もそこに繋がるものです。社会に出て立派に通用するマナーを身につけ、責任ある市民としての自覚を促し、ひいてはそれが自分の進路の可能性を広げることに繋がります。自分らしさは、自分の心の内側にあります。輝かせるべき場所は、そこなのだと思います。
 

 8月31日(水)ウズラNOW

うずらNOW 先月の24日に「授業体験ツアーA殻なし卵孵化入門講座が行われ、PTAのみなさんと本校職員および家族のみなさんが計10数名参加されました。もはや専門家の雰囲気が漂う生物部員たちのサポートを受けながらの、今や世界的に注目されている「殻なし卵孵化」体験。卵の成長の様子を「ウズラNOW」という特設ページを設け、そこで毎日アップしていく予定です。
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。
 

 8月30日(火)校長室から 最後の寝台列車に乗って考えたこと

校長室から 40日間の夏休みも、終わってしまえばあっという間でした。振り返ると、今年は全国高等学校定時制通信制教育振興会大会、そして全国高等学校PTA連合会大会がともに千葉県で開催され、中身の濃い充実した夏休みでした。両大会に挟まれた8月8日の夜、私は東京駅を22時に発車する寝台特急「サンライズ出雲」の2階個室に陣取りました。・・・文章の続きはこちらから。
 

 8月29日(月) 防災避難訓練・集会

防災避難訓練・集会 夏休みが終了し、本日から学校が始まります。台風の接近による不安定な天候の中、SHR・清掃終了後、防災避難訓練が行われました。緊急放送とともに避難訓練開始。避難経路を通り体育館に集合、人数点呼終了後、講評をいただきました。引き続き体育館で集会及び頭髪服装検査。明日から授業が始まります。フレッシュな気持ちで授業に臨めればと思います。

 8月22日(火) 1日体験入学中止

1日体験入学中止 現在午後3時、暴風雨です。本日実施予定だった生浜高校1日体験入学、残念ながら台風接近による悪天候のため中止となりました。参加される予定だった中学生のみなさん、保護者の方々、大変ご迷惑をかけし申し訳ありませんでした。今後の対応については未定ですが、11月と12月に学校説明会行われますので、そちらで対応する予定です。詳細が確定し次第ホームページに掲載します。

 8月10日(水) 全国定通総合体育大会報告

定通全国総合体育大会 先週行われた全国定通総合体育大会で本校男子バスケットチームが大健闘しました。1回戦、愛媛県の県立新居浜西高校に56−29、2回戦、長崎県の県立佐世保中央高校に74−63、3回戦山梨県の県立中央高校に72−69、ベスト4を賭けて福岡県の県立博多青松高校と対戦、惜しくも41−75で敗れましたが、全国大会ベスト8という最高の結果を私たちに届けてくれました!
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 8月3日(水) 敬愛大学日本語能力検定対策講座報告

敬愛大学出張授業 先日行われた、敬愛大学出張授業「日本語能力検定対策講座」について報告します。本校では、日本語を母語としない生徒で、日本語をしっかり習得してしっかり勉強したいと考えている生徒に対して、様々な制度と取り組みを実施していますが、今回の敬愛大学の出張授業もそのひとつ。講師の先生の熱心な指導に、生徒たちは全力を挙げて取り組んでいました。

 8月2日(火) 図書館装飾夏

図書館装飾夏 夏休みに入っても、就職希望者の履歴書書きや面接の練習で、大勢の生徒が出入りする図書館。今月の図書館装飾は夏祭り。夜空をバックに打ち上がる大輪の花火と、金魚すくいの金魚が、そのカラフルな彩りを添えます。どことなく一昔前の昭和のお祭りの雰囲気が漂い、えも言われぬ郷愁を誘います。地域の生活に根付いた、その地域ならではのお祭りを、大切にしていきたいですね。

 8月1日(月) 生物部合宿報告

生物部合宿報告 先週の木金に行われた生物部の合宿、今回の講師は昨年夜間部で生物の授業を担当され、洞窟に生息するコウモリ研究の第一人者である夷隅郡市自然を守る会の大藪先生。この地域にある洞窟を案内してもらい、コウモリの生態について観察を行いました。複雑に入り組んだ洞窟に生息する4種類のコウモリ。超音波探索機頼りにコウモリに近づくシーンは、もはや映画を遙かに超えた迫力!
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 7月29日(金) 職員室にクラゲとウーパールーパーが

クラゲ 人も少なくなった夏休みの夕方、生物のM先生がなにやら大きなものを職員室に運ぶ姿を目撃。なんとそれはウーパールーパーとクラゲがそれぞれ入った水槽でした。生物実験室にはエアコンが無く、ここで飼育されているクラゲが夏休みの間暑さで死んでしまうのです。大職員室の空調でクラゲも一安心。おかげで、疲れたときに、クラゲがゆったり漂う姿を眺めることが出来るのです。

 7月28日(木) 授業見学ツアー第一弾 生浜歴史文化散歩

2016.7.28 授業見学ツアー第1弾「生浜歴史文化散歩」本日10時実施。昨年総合の時間に行われた地域歴史文化巡りを、今回はPTAのみなさんと一緒に行いました。始めに訪れた本行寺では、住職による本行寺と地域の歴史についてのお話、最後は旧生浜町役場で、千葉おいはま歴史調査会の白井さんから、この地域の生活史についてお話をいただき、生浜地区の歴史的文化的な価値を改めて実感しました。
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 7月27日(水) 保護者相談会+フリーワークショップ

保護者相談会プラスフリーワークショップ 本日午後1時より、不登校に悩む保護者対象相談会、2時より生徒対象のフリーワークショップが行われました。保護者・担当教員も参加して、小体育館で整体・軽体操。マットを敷いて講師の先生の指示に従い、身体を動かしていきます。奇妙なポーズになり笑いながらも、みっちり1時間身体を揉みほぐしました。終わった後、身体か軽いこと!身体も心もリフレッシュした1時間でした。
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 7月26日(火) 3,4年次就職希望者対象就職ガイダンス

就職 夏休みに入り午前9時より図書室で3,4年次就職希望者対象就職ガイダンスが行われています。担当の先生方から夏休み中の就職活動についての説明があり、会社訪問に関連する一連の書類を確認、その後担任、副担任、各年次、進路指導部の先生方と相談しながら、履歴書下書きに着手。生徒達は自分の進路をしっかりと見据えながら、一字一句心を込めて履歴書を書き上げました。

 7月25日(月) サッカー部大会

サッカー部大会 朝登校すると全日制奥の黒板にこんな掲示が。「7/25(月)サッカー部大会。VS柏陵(@柏陵)。9:30 KICK OFF。がんばってきます!ご声援お願いします。念を送ってください。サッカー部一同。一田仲須(顧問の漢字を一文字ずつ書いたもの )」。本校サッカー部、全日制と午前部の生徒中心に毎日気持ちのこもった練習を行っています。顧問の情熱も、どこにも負けません。

 7月22日(金) 図書館便り2016夏号

図書館便り2016夏号 図書館便り2016夏号、夏祭りのイラストをまとって昨日発刊、4人の先生への単独インタビューでは、先生方の思いもかけない高校生活が明らかになったり、意外な趣味が浮き彫りになったり。さらに、図書委員が選んだ「教科書に出てくる作品」のページで紹介される、名作の数々にうっとり。しっかりと授業に出ているだけで、これだけの作品群を鑑賞できるなんて、素晴らしいですね。
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 7月21日(木) 殻なし卵孵化取材 テレビ取材

殻なし卵孵化 昨日朝6時半に登校すると、すでに多くの車が駐車場に。TBS朝チャンスタッフによる取材がすでに行われていました。この日も殻なし卵孵化の研究に携わってきた生物部員や研究チームのメンバーがそろい、取材を受けました。写真中央が現役生物部のメンバーで、卵を割っているところ。先輩たちに見守られながら、カメラが回る中、実に堂々としたプロの「卵割り」でした。

 7月20日(水) 夏休み前の集会

夏休み前集会 本日10時35分よりSHR、大掃除、11時20分から体育で集会が行われました。始めに身だしなみ指導、校歌の練習の後表彰式と壮行会。全国定通体育大会に出場する陸上競技部とバドミントン部の選手のために応援団よりエールが送られました。有志のメンバーからなる応援団、トランペット、チューバ等の金管楽器に支えられた迫力ある応援に、体育館は熱気に包まれました。

 7月19日(火) 薬物乱用防止教室

薬物乱用防止 本日10時半より体育館において、千葉県警察少年センターから講師の先生をお招きし、薬物乱用防止教室が行われました。低年齢化している薬物乱用の現状を知り、薬物に手を出してはいけないということを理解する目的です。今盛んに報道されている危険ドラッグの恐ろしさについて等、パワーポイントや動画を巧みに取り入れた講師の先生の説明に、生徒達は真剣に耳を傾けていました。

 7月15日(金) 図書館装飾梅雨

図書館装飾6月 今月の図書館装飾のテーマは、梅雨。雨の中しっとりと咲くアジサイと、雨を楽しむかのようにたたずむアマガエル。上部に配置されたよしずも立体的なアクセントを加え、和風テイストを引き立てます。アジサイの花の淡い彩りは、明るく差し込む日差しよりも、しっとり降る雨の中でこそ映えます。雨には、心の傷を手当てしてくれるような、包み込むような優しさがあります。

 7月14日(木) 教育環境が劇的に改善された年

図書館カーテンリニューアル 蒸し暑い一日となりました。この暑さの中、午後部の生徒たちは正午にかけて登校します。それがどのくらい過酷なことだったのか、エアコンが教室に入った今年、身に染みて感じます。生徒たちの涼しそうな表情を見ていると、ほっとします。今年は空調設備導入に象徴されるように、教育環境が劇的に改善されています。写真は、白く輝く図書館の新しいカーテン。心が落ち着く気がします。

 7月13日(水) 歴代殻なし卵孵化研究チーム集合

歴代チームぴよちゃん集合 昨日生物研究室に、これまで殻なし卵孵化の研究に携わってきた生物部員や研究チームのメンバーが担当の先生の下に集合、再会を喜び合いました。殻なし卵孵化が初めて成功したのは2012年。神の手を持つと呼ばれる部員によって奇跡の扉は開かれました。その後保温ゼロ時間で孵化にチャレンジし成功、挑戦は更なるステージに及んでいます。写真はこのメンバーが残したグラフィティ。

 7月12日(火) 夏の高校野球

夏の高校野球  本日青葉の森野球場で、夏の高校野球1回戦が行われ、本校野球部は多古高校と対戦しました。写真は選手達を乗せ試合に向かうバスです。相手チームのピッチャーの出来が素晴らしく、加えて相手打線が波に乗り、残念ながら2対10で敗れました。3年生にとって最後の大会となりましたが、彼らの気持ちあふれる勇敢なプレーは、きっと、みんなの心に焼き付いていると思います。
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 7月11日(月) 保健室前ハーブガーデンのダリアが咲いた

保健室前のダリア  今学校で一番彩り豊かで目の保養になるスポット、保健室前ハーブガーデン。夏の日差しを浴びながらが様々な花が元気に成長、今ピークを迎えています。中でも一際目立つのが、写真のダリア。この春、全日制の女子生徒が球根を植え、それ以来毎朝欠かさずに保健室に寄り水やりに。日の光と恵みの雨と、この生徒の愛情をたっぷりと吸い込んだダリアの、渾身の薄紫。心に染みます。

 7月8日(金) 敬愛大学出張授業案内

敬愛大学出張授業案内  本校通う日本語を母語としない生徒のための新たの試みとして、敬愛大学の出張授業「日本語検定講座U」が登場。母語を大切にしながら、日本語の勉強を行う「日本語基礎」を学び、将来的に「日本語能力検定N2、N1」に合格するための対策を行う「日本語検定講座」を受講することによって、生徒たちの日本語を学ぶモチベーションは大幅にアップするはずです。写真はその申込書です。

 7月7日(木) 期末考査始まる

ミニひまわり  前期期末考査が行われています。一度勉強した範囲を、もう一度学び直すことには意味があります。これまで少しずつ積み上げてきた知識を、もう一度大きな視野で振り返ることで、細部だけでは見えなかった、大きな流れや新たな視点に気づくことがあります。色々な見方で物事を捉えられる柔らかい感性を持てたらいいですね。写真は今咲き誇っているミニひまわり。花言葉は愛慕。

 7月6日(水) フジテレビの2番組で放映されました

フジテレビで放映  7月1日金曜日に取材が行われた「殻なし卵孵化」と不在者投票周知のための出張授業がそろってフジテレビで放映されました。「殻なし卵孵化」は朝のめざましテレビの部活動紹介のコーナーで。生物部新入部員が経験を重ねていく姿と殻なし卵孵化成功への部員達の願いが、圧倒的にリアルな映像とともに伝わってきました。感動しました。写真は実際の撮影風景です。

 7月5日(火) 白旗七夕祭り

白旗七夕祭り  商業科目選択者(一部有志生徒)5名は7/2(土)白旗商店街,白旗公園で実施された白旗七夕祭りに参加してきました。この七夕祭りは白旗町内会、白旗商店会、淑徳大学が主催する盛大なお祭りです。生徒たちは商店街や地域の皆さん、大学の様々な取り組みから多くのことを学び、教室で学習した商業の学習内容をビジネスの現場で自らが体感し、様々な発見があったようです。
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 7月4日(月) エアコン、稼働しています

エアコンの威力  夏まっただ中と見紛うばかりの、ぎらぎらとした太陽が照りつける一日となりました。ここで、エアコンの登場です。この春、教室と職員室にエアコンが入りました。本校は2学期制で、これまで夏休み前など30度を超える環境で授業が行われていましたが、今後、この空調設備のおかげで理想的な環境の下で勉強が出来ます。学習に、文化祭の準備に、効率的に活用できたらいいですね。

 7月1日(金) 殻なし卵孵化と不在者投票周知についての取材

殻なし卵取材  今日は朝から取材が目白押し。大阪読売テレビが朝8時に、フジテレビが9時に来校、殻なし卵孵化の授業の取材。午後はフジテレビが本校生物部への取材。7,8限には、淑徳大学矢尾板先生がお見えになり、淑徳大学で不在者投票が出来ることを周知させるための授業があり、その取材のために、フジテレビの別のスタッフが来校、まるで記者クラブにいるような気分になる一日でした。

 6月30日(木) 全職員登校指導

全校登校指導   本日朝より、全校を挙げての登校指導が行われました。朝の登校時、全職員が昇降口前に立ち、声かけとともに登校マナーや身だしなみの確認を行います。大勢の先生方が昇降口前に立っているのを見て、生徒達は一瞬驚きますが、担任の先生、副担の先生、教科担当の先生等、大勢の先生方に声をかけられて、時に叱咤激励され、時に励まされ、後押しされながら教室に向かいます。

 6月29日(水) 進路説明会・就職座談会

 就職座談会  本日LHR・総合の時間を使い、卒業年次対象の進路説明会が行われました。進学希望者は、全般説明の後 希望する大学・専門学校のコーナーを回り、個別の説明を受けました。就職希望者は視聴覚室に集まり、就職座談会に参加。昨年度本校を卒業して仕事に就いた先輩達の話を、生徒達は熱心に耳を傾けていました。立派な社会人となって来校した卒業生が、とても誇らしく思えました。

 6月28日(火) 野球応援練習

 野球応援練習  高校野球の応援に向けた練習が始まりました。各クラスで野球応援に参加してくれる生徒を募り、現在昼休み音楽室でパート別練習が行われています。写真は、音楽室に集合した楽器部門の生徒達。トランペット、ユーフォニウム、チューバ等、金管楽器の各パートが勢揃い。梅雨空を吹き飛ばすような軽快なマーチが響き渡りました。立派な金管楽器のアンサンブルが期待できそうです。

 6月27日(月) 物理基礎+保健室コラボ授業

 2016.6.27  本日3,4限の物理基礎の時間、物理基礎+保健室コラボ授業が行われました。3限に物理担当の先生から「気化熱」についての講義。日常生活と結びつけながら、人体と気化熱との関連に触れます。後半に保健室の先生によるパワーポイント使った熱中症解説。質疑応答の時間に次々と手が上がり、内容の深い質疑が交わされたところに、この授業の素晴らしさが凝縮されていました。
◆特集記事ははこちらからご覧になれます。

 6月24日(金) 校長室からBグローバル化の波に乗って

 英国航空  いよいよ夏休みが近づいて参りました。生浜高校HPを訪ねてくださった皆様にも、いろいろな楽しい計画があることと推察いたします。私の高校時代、夏休みの思い出として最も印象深かったのは、2年生の夏、タンザニアを訪れたときのことです。誤解を恐れずに正直なところを言えば、最初に自分とは異なる肌の色をした人々を目の前にした時には、かなりの違和感を覚えました。続く
◆続きはこちらからご覧になれます。

 6月23日(木) 大学生による超基礎学習会&進路相談

 超基礎学習会  昨日、淑徳大学のボランティアグループ「しゅくとも」のメンバーが来校、超基礎学習会&進路相談会が行われました。学食はおいしい?入試は難しい?等、本校生徒から出る様々な質問に対して、時にユーモアを加えながら具体的なアドバイスをしてくれたしゅくとものみなさん。終始和やかな雰囲気の中、予定時間を30分以上オーバーして終了、充実した1時間半となりました。

 6月22日(水) 本校の殻なし卵孵化研究、更に世界を駆けめぐる

 殻なし卵孵化研究  NHK「ガッテン!」で取り上げられて以来、本校殻なし卵孵化研究への取材が止まりません。写真はブラジルの放送局TV・GLOBOの取材時のもの。映像を見て改めて思いました。ブラジルのみなさん、本当に驚いています。世界的な研究成果なのです。この他にも日本のメジャーなテレビ局や新聞社からほぼ連日取材の申し込みが。放映日程が決まり次第、この場でお知らせします。

 6月21日(火) 第1回開かれた学校づくり委員会

 開かれた学校づくり委員会  本日13時30分より、委員の皆様にお越しいただき、開かれた学校づくり委員会が開催されました。本校の現状説明として、教務部、生徒指導部、進路部の説明があり、その後意見交換が行われ、委員の皆様から活発なご意見を頂きました。話し合いの中でいただいた貴重なご意見を、今後の教育活動に活かしていきます。本日はお忙しい中ご参加いただき、本当にありがとうございました。

 6月20日(月) 面談週間第1日目

 面談週間第1日目  本日より保護者面談。生徒の将来について、今抱えている悩みについて、保護者から直接お話を伺える貴重な機会です。1日10人以上の保護者の方と面談することもあります。この際顔の筋肉の痙攣が発生することがありますが、気力で乗りきります。栄養ドリンクを飲むなどして対応します。写真は昇降口前に咲くアジサイの花。グラデーションの見事さに見とれてしまいました。

 6月17日(金) 袖ケ浦特別支援学校との交流会

 袖ケ浦特別支援学校との交流会  本日午前9時より袖ケ浦特別支援学校との交流会が行われました。学校紹介の後障害者スポーツ大会紹介、合同体育祭(ボッチャ・車いすレース)と続きました。写真は本校生徒が車いすに乗り移動する様子。ゲーム形式のイベントに盛り上がりながらも、実際に車いすの視野でものを見、活動をして、車いすで生活することがどういうことなのか、生徒達は実感したのだと思います。

 6月16日(木) テレビ局取材

 所さんの目が点取材  昨日水曜日午後1時、テレビ局の取材チームが海ほたるを取材に来校、生物研究室を訪れました。写真でははっきり分からないのですが、左側で青く輝いているのが何段にも積まれたシャンペングラス。テレビ放映前なので具体的な内容を明かすことは出来ないのですが、あえて一言で説明するとすれば「常識を覆す新しい海ほたるの発光刺激方法」について。放映が待ち遠しいです。

 6月14日(火) 校内模擬選挙開票

 模擬選挙開票  本日生徒会役員によって、昨日行われた千葉市子供・若者模擬選挙の開票が行われました。今回の模擬選挙は、千葉市で実現させたい提案をひとつ選びます。提案1:子供若者の意見が市政に反映される千葉市にする。提案2:市政を子供若者がもっと知ることが出来る千葉市にする。提案3:高校生徒会が活発な千葉市にする。さて、みなさんは何番を選びますか。

 6月13日(月) 校内模擬選挙

 校内模擬選挙  本日5限LHRの時間、全日制と午後部の3,4年次の生徒対象の校内模擬選挙が行われました。選挙権の18歳以上への引き下げに伴い、この7月に行われる参議院選挙で3,4年次の生徒は投票を行います。地域社会や国の制度・行政について、自由にアイディアを出し合い、話し合いながら、積極的に関わっていくことが責任ある市民の義務だと思います。世の中は、変えられるのです。

 6月10日(金) 殻なし卵孵化の記事と映像 世界を駈け巡る

 殻なし卵孵化  NHKガッテン!で放映された後、生浜高校の殻なし卵孵化の研究が世界を駈け巡っています。今日はブラジルのテレビグローボの取材チームが来校。更に今朝イギリスの大衆紙「デイリーミラー」紙に賛辞の記事が。この英文の研究論文は一時世界で読まれている日本の文献第一位を記録した模様。改めてこの研究の偉大さを実感した次第です。

 6月 9日(木) 春期定通体育大会続報

 定通体育大会続報  本年度春期定通体育大会続報をお知らせします。サッカー部、昨日対千葉工業との試合をPK戦で制し、本日優勝をかけてクラーク国際高校と対戦、惜しくも0−2で敗れましたが堂々3位入賞を果たしました。バスケットボールは現在優勝をかけて闘っている最中です!情報が入り次第お知らせします。バドミントンは個人戦4位が確定しています。今はいってきた速報です。バスケ男子優勝!

 6月 8日(水) 春期定通体育大会速報

tennis   本年度春期定通体育大会の、今届いたばかりの速報をお知らせします。ソフトテニス女子団体優勝!男子団体4位、女子は団体と個人で、男子は個人で全国大会出場を決めました。陸上は女子200m、800mで優勝、走り高跳び3位。200と800は全国大会決定です。サッカーはPK戦に勝利し明日の2回戦へ。本校選手、みんながんばっています。続報が届き次第アップします。

 6月 7日(火) ほけんだより6月

 ほけんだより6月「蒸し暑い日が増え、梅雨の季節になりました。夜はまだ涼しく感じる日も多いですが、身体が暑さに慣れていないこの時期は、体調も崩しやすくなっています。・・・今から少しずつ身体を慣らして夏を乗り切りましょう!。」寝不足や湿度も熱中症の要因になるんですね。ほけんだより6月号、これを読むと、今からきちんとした熱中症対策がいかに必要であるかがよく分かります。

 6月 6日(月) テニス部県大会報告

 2016.6.6 6月3日、女子硬式テニス部は団体戦県大会に出場しました。初戦は袖ヶ浦高校。シングルス1が2−6で敗退もダブルス1は6−0で勝利。シングルス2が勝てば県大会初出場初勝利でしたが惜しくも5−7で敗退。残念な結果に終わりましたが、初めての県大会にも関わらず堂々と試合をした生徒、そして試合に出られなくても応援で選手を支えた生徒に大きな拍手を送りたいと思います。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 6月 3日(金) 雲の芸術

雲の芸術 中間考査の答案返却が終わり、とびっきりさわやかな青空が広がる中、前期後半の授業が始まりました。気がつけばもう6月。これから梅雨の時期に入りますが、今年は強烈な味方が登場。職員室と教室にエアコンが設置され、毎日快適な環境で学習を行うことができます。これから暑い夏に向けて、安心して学習を進めることができます。勉強に興味を持つ生徒が大勢増えるといいですね。

 6月 2日(木) ハイレベル英語授業の様子

ハイレベル英語授業 昨日5,6限に行われた英語を母語とする生徒等を対象としたハイレベル英語の授業の様子をお伝えします。今回は「日本の学校での教育は、英語で行われるべきだ」という議題でのディベート。賛成派と反対派の二つに分かれて、時間を計って座席を移動しながらの活発な討論が行われました。英語がネイティヴに近い生徒達なのでこういった活動はお手の物!大変な盛り上がりを見せました。

 6月 1日(水) 1年次コーピングの授業

コーピングの授業 本日1年次の総合の時間でコーピングの授業が行われました。コーピングとは「対処法」という意味。同じ事象が起こっても、捉え方によって辛いものにも楽しいものにもなる。捉え方を意識的にコントロールすることによって、重苦しい空気も、そよ風のように感じることも出来るかもしれません。今日はそういう練習をしました。毎日が少しでも生きやすくなるといいですね。

 5月31日(火) ムクドリのさえずり

ムクドリの歌 朝ふと気がつくと、窓の外から聞こえる規則的なメロディー。その発信源を辿ると、木の上で囀るムクドリでした。通常の「ギュルギュル」という鳴き声からかけ離れた、軽やかで美しいメロディが繰り返されます。求愛活動の一環だそうで「ソ,ソ,ソラシ♭」の音階。これはなんとジョン・レノン渾身の名曲「イマジン」の、一番印象的なピアノのフレーズなのです。

 5月28日(土) PTA総会

PTA総会 本日PTA総会が行われました。午後1時より進路説明会。進路決定状況、大学入試・就職の現状、進学にかかる費用等、進路担当より詳細な説明がありました。午後2時より総会。事業報告や予算案、役員選出。午後3時45分より年次懇談会。参加された保護者の皆さん、お忙しい中本当にありがとうございました。約束通り本日中にアップさせていただきました。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 5月27日(金) 殻なし卵孵化用手製の保温庫

手製の保温庫 前期中間考査終了。順位や点数が問題ではなく、次に繋いでいくことが出来たのなら、結果がどうであれ考査は意義のあるものになります。写真は手作りの保温庫。コールマンのクーラーボックスに普通に穴が開けられています。先日NHKで放映された「ガッテン」でも放映された「殻なし卵の孵化」の研究が、この開発によって更に一般化されるはずです。生物研究室の進化が止まりません。

 5月26日(木) 就職用写真撮影

就職用写真撮影 昨日10時半よりで就職希望生徒用の写真撮影が行われました。就職担当の先生に身だしなみをきちんと整えてもらい、写真屋さんに最高の表情をすくい取ってもらいます。就職希望者はこれから夏に向け、自分を活かすことのできる職業を見つけるため、自分と向き合います。自分は何者でどういう特性を持っているのか。自分にとっての「これ!」というものに出会えたらいいですね。

 5月25日(水) 自転車点検

自転車点検 中間考査3日目、本日は考査終了後、全日制の自転車点検が行われました。係の生徒が中心となり、ステッカーの確認、ベル、ブレーキの確認、反射板がついているか等、事故を未然に防ぐための細かいチェックが行われました。特に今日は警察の担当の方もお見えになり、様々な箇所について丁寧にチェックしていただき、貴重なアドバイスをいただきました。ありがとうございました。

 5月24日(火) 玄関前のクスノキ

クスノキ 玄関前ロータリーで、30年以上生徒を見守ってきたクスの木を撮りました。まるで木の幹を優しく包み込むかように育っている蔦の様子にも見とれてしまいます。自然の美しさ、満喫です。宮崎駿の映画「となりのトトロ」に出てくる、見上げるように大きなクスの木を思い出しました。これからもずっと、辛い時も悲しい時も、生徒達の心に潤いを与え続けてくれるのだと思います。

 5月23日(月) ほけんだより

ほけんだより5月 新年度がスタートして約1ヶ月。新しい環境にも慣れて」、バタバタした感じが落ち着いてきたところではないでしょうか。その一方で今まで忙しさや緊張で紛れていた体や心の疲れが出てきている人もいると思います。睡眠を多めにとったり、好きなことをしてリフレッシュしてくださいね。ほけんだより5月号はそう始まります。はい、疲れが出てきてます。今夜は早く寝ようと思います。

 5月20日(金) 自転車マナーアップ隊集合!

自転車マナーアップ隊 昨年度の道路交通法の改正に伴い、自転車運転中に危険なルール違反を繰り返すと、自転車運転者講習を受けることになります。このことを生徒達に周知徹底させるため、本校生徒数名が、千葉県警より自転車マナーアップ隊として任命され、校門付近で千葉県警の方々とともに、下校する生徒達にビラを配り、自転車の運転マナーについて注意を呼びかけました。

 5月19日(木) 大学生に教えてもらう

学習ボランティア学習会 本日午後4時半より、淑徳大学のボランティアサークル「しゅくとも」のメンバー3人が来校、基礎からもう一度しっかり勉強したいと考えている生徒対象基礎学習会が開かれました。淑徳大学と生浜高校は車で5分の距離にある隣接校。今後も様々な分野での連携をしていく予定です。リラックスした雰囲気の中、笑い声と優しさに包まれた、すてきな学習会でした。次回は6月開催予定です。

 5月18日(水) 生徒総会

生徒総会 本日7限目、生徒総会が開かれました。議決に必要な参加生徒数確認の後、議題へと進みました。27年度行事、会計報告、28年度会計予算案、委員会活動報告、文芸同好会の設立、最後にしほた祭テーマ募集についての報告があり、総会は滞りなく終了しました。生徒会・各委員会委員長のみなさん、お疲れ様でした。自分たちの学校生活を自分で形作る大切さを改めて実感しました。

 5月17日(火) ミニひまわりの芽

ミニひまわりの芽 職員玄関前の植え込みのチューリップ畑の時期が終わり、土が掘り起こされ次の花畑の準備開始。現在生物部のメンバーが校内の至る所で花を植える作業を行っています。写真は生徒昇降口前の花壇で芽を出したミニひまわり。春には菜の花が咲きほこり、夏にはひまわりの黄色で埋め尽くされる風景を思い描くと嬉しくなってしまいます。黄色は人に元気を与えてくれます。

 5月16日(月) 硬式テニス部県大会出場決定

硬式テニス部県大会出場 5月7日(土)に第3・7地区の総体2次予選が行われました。残り1枠をかけて、千葉明徳高校との対戦。勝利の行方はシングルス2に委ねられましたが、終盤4−5とリードを許すもなんとか追いつきそこからゲームを連取。結果7−5でシングル2も勝利し全体2−1で千葉明徳高校に勝利し、県大会出場を決めました。県大会は6月の第1週に行われます。選手の皆さん、健闘を祈ります。

 5月13日(金) 校外学習

校外学習 抜けるような青空が広がりました。本日、校外学習が行われます。1年次は、横浜の八景島シーパラダイス。最大級のジンベイザメを見学することが出来ます。2年次は修学旅行の練習をかねて羽田集合、上野公園を目指します。3年次はディズニーランド、青空に映えるお城が目に浮かびます。4年次はキボール。最新のプネタリウムで異次元体験です。生徒達は友達との非日常を満喫します。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 5月12日(木) 五月晴れ

五月晴れ 蒸し暑い強風が吹き、窓も開けられないという厳しい環境で授業が行われた昨日と違って、今日の清々しさ具合をどう表現したらいいのでしょう。どこまでも澄み切った青空を吹き抜ける心地よい風を感じながら、凜とした気持ちで授業が行われました。「昨日の蒸し暑い強風が(空気中の塵を)吹き飛ばしてくれたんですね。」と生徒。見方を変えれば、蒸し暑かった強風にも感謝ですね。

 5月11日(水) ハイレベル(アドバンスト)英語

ハイレベル英語 本日は水曜日、つまりインターナショナルデイ。3,4限ハイレベル英語、5,6限と7,8限に日本語基礎の授業があり、ジャマイカ、フィリピン、インドネシア、英国、中国、ネパール、タイ出身の、日本語を一生懸命学んでいる生徒達が集まります。写真は3,4限のハイレベル英語。改めて思いましたが、この英語のレベルは圧巻です。世界は今バイリンガルを必要としているのです。

 5月10日(火)校長室から@ あれから5年熊本地震もありましたが.. 

東日本大震災 青葉を渡るさわやかな風に、夏の薫りを懐かしく感じられる五月となりました。さて、4月14日午後9時26分に発生した、一連の熊本地震は未だに余震が収まらない状況が続いています。熊本県のみならず大分県等を含め、被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。当然のことながら、九州地方に注目が集まっていますが、一方あれから5年の歳月が流れた南東北地方は・・・続く。
◆全文はこちらからご覧になれます。

 5月9日(月) 関東タンポポここにあり

関東タンポポここにあり いつも東京サンショウウオ等でお世話になってるM先生が撮影してくれたこのタンポポ、実は希少価値なのです。普段私たちがよく見るタンポポは実は外来種で、額が開ききっているのですが、このタンポポは額が開ききらずにしっかりと花を支えています。これは関東タンポポと呼ばれる日本古来のもの。体育館脇のトイレの脇でひっそり咲いているのを、専門家は見逃しませんでした。

 5月6日(金) 生徒会室の風景

生徒会室訪問 18時40分の生徒会室。しほた祭の生徒会企画の原案作りが始まっています。チケット制での文化祭一般公開が始まって3年目。一般公開実現の原動力になったのが生徒会。今年も生徒主体の活動を推し進めていってほしいと思います。生徒会通信第3号も準備中。今回の内容は、子供若者選挙アンケートについてのまとめと生徒総会について。生徒会、全力で活動中です。

 5月2日(月) トウキョウサンショウウオ成長中

東京サンショウウオ成長中 君津市向郷の山間の里山の奥深いところに、その場所はあります。今年もトウキョウサンショウウオの卵を採集する時期となりました。新緑に包まれた久留里街道を南に向かい、車を降り、トトロの映画に出てくるような畦道を通り抜け、目的の田んぼへ到着。トウキョウサンショウウオの卵、ここで無事捕獲され、大切に育てられています。成長の経過をこの場で随時アップしていきます。

 4月28日(木) 卵の殻の専門家と殻無し卵孵化研究の専門家

殻なし卵孵化研究 昨日本校生物研究室に、慶応大学の先生方がお見えになり、殻なし卵孵化研究について情報交換が行われましたた。慶応大学の先生方は卵の殻の専門家。一方生浜高校生物研究室は殻なし卵孵化の研究で有名です。逆の方向から日々卵と向き合って格闘している研究者同士、違った視点でのアプローチから得られるものは、きっと、計り知れないのだろうなあと、素人目ながら思ってしまいました。

 4月27日(水) 1年次午前午後部 コーピングの授業

コーピングの授業 本日1年次午前午後部で、総合的な学習の時間を使い、コーピングの授業が行われました。コーピングとは「対処法」という意味。ソーシャルスキルトレーニングのひとつで、心の負担が軽くなるものの考え方を学んだり、楽に人と話せるようになるための練習などをします。これからの長い人生、いいこともあれば悪いこともある。苦しい時期を乗り越えていけるきっかけになればと思います。

 4月26日(火) 文芸同好会冊子紹介

文芸同好会冊子紹介 月刊F・Wクラブ。先日文芸同好会が発行した創刊号の名称です。今回は新入生入学に伴い、部活動紹介を中心とした内容。実際に部活動にメンバーが参加しそこで思い感じたことをさらりと味のある文章で綴ります。イラストを描く場はたくさんあるけれど、文を書きあって語り合う場が少ないのでは?という問いかけから始まった文芸同好会、今後の活躍が期待されます。

 4月25日(月) 地学基礎と伊能忠敬

地学基礎と伊能忠敬 短距離走スタート直前の風景かと思いきや、生徒達はなにやらゆっくり歩幅を確認しながらこちらに向かいます。各自の歩幅は計測済み。ゴールポストからフィールドコーナーの距離を求め、その距離と緯度差から地球の大きさを求めます。このようなやり方でエラトステネスや伊能忠敬は地球の大きさを測り、驚くほど正確な地図を描きました。先人達の偉大さを、改めて実感した次第です。

 4月22日(金) 玄関前のフリージア

フリージア 新学期が始まって2週間が過ぎました。特に1年生にとっては慌ただしい日々だったことでしょう。新しい環境での新しい出来事は、時に喉ごしが悪いかもしれませんが、今体中が色々なことを吸収してしているのだと思います。写真は職員玄関前に咲いたフリージア。春の日差しと命の恵みの雨を体中浴びて、毎日数ミリずつの生長を積み重ね、ご覧のような見事な黄色の花を付けました。

 4月21日(木) 日本語基礎授業開始

日本語基礎授業開始 日本語基礎の授業が始まりました。今年度は水曜日3,4限が英語ネイティヴの生徒用のハイレベル英語、5,6と7,8限が日本語基礎というシフトで、外国につながる生徒達をサポートしていきます。また4階には「国際ラウンジ」と呼ばれるミーティングルームができ、昨年度日本語基礎を受講した生徒が、この場を使い、今年入学した生徒の個人チューターとなり、新入生を支えます。

 4月20日(水) ハイレベル英語授業

ハイレベル英語授業 生浜高校には、フィリピン、ジャマイカ、インドネシア、中国等世界各国出身の生徒達が通っており、その中の何割かは英語を自由に話します。今年度から、こういった生徒達のために、大学レベルの英語の活動を提供する授業を始めました。ALTの先生の興味深い問いかけに、ジョークを交えながらどんどん英語で発言する生徒達。授業の様子はまるでアメリカンスクール!

 4月19日(火) 今年度第1回図書館装飾

図書館装飾 連日のように行われていた集会や検査も一段落。しばらく平常授業が続きます。本校校定時制では自由に科目を選択できるので、時に先輩と一緒に学んだり、マンツーマンだったり、教室に行って初めて知るサプライズもあり!いずれにせよ、どんな形態であれ、1時間1時間の授業を、しっかりと積み重ねていきたいですね。写真は今年度最初の図書館装飾。新入生歓迎アートです。

 4月18日(月) 演劇部新春公演

2016.4.18 先週の金曜日、離退任式終了後、音楽室において演劇部の公演が行われました。今回の作品は「コント魔法少女になってよ!!」。登場人物は少女と黒子が演じる不思議な生物。実に軽やかに、テンポのいい会話が展開され、いつの間にか引き込まれていました。演劇部、月曜から水曜日まで、16:30〜18:30までA501教室で活動を行っています。初心者愛歓迎です!

 4月15日(金) 離退任式

離退任式 本日午後2時より体育館において離退任式が行われました。この春異動された4名の先生方がお見えになり、生浜最後のメッセージを生徒たち伝えました。クラス担任として、授業担当として、部活動の顧問として、あるいは相談相手として、影になり日向になり生徒達を支えてくださった先生方。生徒たちはお世話になった先生方の話に、真剣に耳を傾けていました。

 4月14日(木) ほけんだより 4月

ほけんだより4月「春はちょっとイメージを変えてみたい,とか,やったことのないことに挑戦してみたい,とか,気持ちも夢もふくらむときです。丸くなっていた背中をうーんと伸ばして、この1年一緒にのびのび、張り切っていきましょう!」。そう言えば、背中が丸まっていたかも。この伸びやかな春宣言とともに始める「ほけんだより4月」、このところ慌ただしさ丸くなっていたと背筋が伸びる気がします。

 4月13日(水) 防災安全指導と身体測定

避難訓練と身体測定 本日LHR・総合の時間に、防災安全指導と身体測定が行われました。ここ最近日本各地で大きな地震が起こっています。東日本大震災、遡って阪神淡路大震災によってもたらされた例えようのない悲しみと苦しみの記憶が、時間の経過とともに忘れ去られている気がします。あのとき感じたこと、あのとき心に刻んだ教訓を、訓練を通じて思い起こし、これからの行動に活かせたらと思います。

 4月12日(火) ネット その使い方は大丈夫?

インターネット安全教室 本日、講師の先生をお招きし講演会が行われました。演題は「ネット その使い方は大丈夫?」。急激に拡大しているネットを利用したコミュニケーション。利便性と同時に肝に銘じておかなくてはいけないのはその危険性。軽い気持ちでネットに載せたことが、予想だにしないトラブルに発展していく恐ろしさを、具体的かつ分かりやすく教えていただきました。大変勉強になりました。

 4月11日(月) 生徒会オリエンテーション

生徒会オリエンテーション 本日オリエンテーションの時間、生徒会による1年生対象の説明会が行われました。生徒会メンバー紹介の後、生徒会が独自に制作した、部活動紹介ビデオを鑑賞。生徒会役員が手間暇かけて各部活動をまわり、活動風景をビデオに撮り、編集・音を入れして完成させた素晴らしい作品です。これを見て部活をやってみようと思った生徒も多いと思います。生徒会のみなさん、お疲れ様でした。

 4月8日(金) オリエンテーション

オリエンテーション 入学式を終えて休む間もなく、1年生は担任の先生に案内され、学校の様々な場所を巡ったり、教育相談や心電図・X線検査を受けたりフル稼働。新しい環境に慣れるまで、もう少し時間がかかると思いますが、ひとつひとつのことを一生懸命やっているうちに、いつの間にか馴染んでいる自分に気づくはずです。大丈夫。焦らずにいきましょう。写真は桜の木の下でのクラス写真撮影風景です。

 4月7日(木) 入学式

入学式 4月7日木曜日、体育館において、平成28年度第39回生浜高等学校入学式が行われました。あいにくの雨となりましたが、全定合わせて272名が、新たに生浜高校の生徒の一員となりました。縁あって、今、この生浜高校でともに学ぶことになった全ての人たちとの出会いを大切にしながら、時に悩み、時に迷いながらも、あるべき道を堂々と歩んでいってほしいと願います。
◆特集記事はこちらからご覧になれます。

 4月6日(水) 始業式

始業式 新年度初日。生徒達にとって久々の登校となりました。保健室前ハーブガーデン、昇降口の八重桜、南側自転車置き場の桜が、やわらかい日差しの中け新しい高校生活を祝福するかように輝いていました。11時より新しい先生方を迎える新任式と始業式。明日には新入生も加わります。気持ちを新たにして、共に支え合いながら、この1年を過ごしていけたらと思います。

 4月5日(火) 始業式に備える

チューリップ 始業式1日前。今日は朝から全体の職員会議、教科会議、年次会議、分掌会議と1日会議が続きました。ハードな1日でしたが、明日から登校してくる生徒たちが気持ちよく新年度を迎えられるようあらゆる方面において細かな準備がなされました。座席表が出来上がり、出席簿の準備が整うと同時に、明後日の入学式の準備も完了しました。桜の花もほぼ満開。明日晴れることを祈ります。

 4月4日(月) 桜咲く

桜咲く 4月4日、春爛漫。職員玄関前の植え込みのチューリップの赤と黄色の鮮やかさ。そして管理棟南側にある駐車場の縁に沿って咲き誇る桜の花の艶やかさ。季節を通して様々な花が咲く生浜高校でも、この時期の桜の咲き誇る風景は圧巻です。今日はあいにく朝からの雨となりましたが、命の水を体中で浴び、満開に向け準備万端。今度入学してくる生徒達に、是非見せたいと思います。

 4月1日(金) 新年度

新年度 新年度初日。生浜高校の職員室は大職員室なので、今日は終日至る所で片付けと机の移動。1年間見慣れた風景も今日が見納めです。終わりと始まり。別れと出会い。全く違う風景に、思い出の断片がもたらす感傷と感謝の気持ちと、新たな年度に向かう高揚感が交錯し、胸がいっぱいになります。職員玄関の植え込みのチューリップが、いつの間にか、こんなに立派に成長していました。






生浜NOW


 学校生活 TOPICS
桜b

桜ainformation店舗情報

千葉県立生浜高等学校

〒260-0823
千葉市中央区塩田町372
TEL.043-266-4591
FAX.043-264-8636
→アクセス

banner6

 前   期

前期始業式
入学式
離・退任式
オリエンテーション
実力テスト(1年)
進路希望調査
防災安全指導
進路説明会(3,4年)
一斉委員会
定期健康診断

定期健康診断
生徒総会
進学模試・就職模試
遠足
小論模試・進路説明会
PTA総会
保護者進路説明会

前期中間考査
教育実習
保護者面談週間
就職・進学座談会
転入考査(三部制)

就職ガイダンス
就職模擬面接指導
進学模試・就職模試
履修ガイダンス
スポーツデー
就職・進学ガイダンス
中学生高校体験入学
秋季入学者選抜
就職・進学ガイダンス
就職ガイダンス
前期期末考査
転入考査(三部制)
文化祭
秋季卒業式
 後   期
10 前期終業式
秋季入学式
後期始業式
教育実習
進路説明会(1年)
進路先見学会(2年)
進学模擬面接指導
11 生徒会役員選挙
12 修学旅行(沖縄)
後期中間考査
履修ガイダンス
転入考査(三部制)
履修登録
卒業年次考査
卒業年次家庭学習
前期選抜
後期選抜
卒業式
後期期末考査
後期終業式
転編入考査(三部制)